仮面ライダーゼロワン 第23話 「キミの知能に恋してる!」

  • 2020.02.19 Wednesday
  • 23:20

こんばんは。

キュアホワイト

キュアグレース。

最古と最新が夢の共演していたラディアンも、なんだか来週で終わりそうです。

3月いっぱいやるもんと思ってたのでちょっとびっくりしています。

全21話ってなんでそんな中途半端な話数なの。ただでさえ展開遅いってのに…!

はーちゃんも出てたのですが、結局決着つけなかったな。

戦いすらしなかった。期待してたのにな。

なんだかんだで半年かけてやっつけたのは、あのテンション高い爺さんだけか…?

3期なんてやんないだろうしなぁ。

つづきは漫画で読むしかないのか。うーむ。

ちなみに裏ではロボットアニメやってた。

かっけぇ。

これのフィギュアーツでないかな。

 

余談はともかく

今日は仮面ライダーゼロワンの感想です!

今週は、イエローバスターがブルーバスターと婚活する話ですな。

5番勝負も今週は一休みで、幕間のギャグ回という感じでしたな。

ピー!が連呼されたり、マッチがひっぱたかれただけで闇落ちしたり、いろいろ振り切っていて面白かった。

バルキリーも久しぶりに見られたしな。

でも話に進展なかったのであまり書くことがない(笑)

 

そんなゼロワン。

ナレ「ファング!」
ナレ「ファイヤー!」
ナレ「ブリザード!」
ナレ「プレス!」
或「これは…?」
ナレ「ハイパージャンプ!」

或人「ハア…ダメだ。どれも反応しない…」

 

うるさい(笑)

おもちゃが壊れて仕事が手につかない様子。

バンダイのカスタマーサポートに連絡だ。

或「これを使うしかないのか…」

 

他に変身出来なくなっちゃった様子。


イ「ダメです! 社長は、今、取り込み中で…」
千「こっちも緊急事態なの! 或人社長! 私の結婚相手を見つけてください」
或「はい?」
 

そこに乗り込んでくるイエローバスター!

千「私、どうしても結婚したいんです!」

 

しかしほんとヨーコの頃から雰囲気変わったなぁ。

別人のようじゃ。

でもゴーストの頃を経由すると正常進化という気もする。

できればもういちど七三分けが見てみたいものです。

閑話休題。

或「えっ…海老井さん、婚約してたんじゃないんですか?」
千「婚約は…解消しました」

或「えっ…どうして? 愛し合ってたんですよね?」
千「もちろんです。ただ…結婚は違うかなって」

或「ああ…そういうものですか…」

 

遊人振られてしまった。

えん罪着せられて振られるって散々だなぁ。

ヒモ生活が…。


イ「私、弁護士ヒューマギアのビンゴさんに感動したんです。それで…結婚相手を探すいいヒューマギア、いませんか?」
或「いませんか?」
イ「おります」
或「おるの!?」
イ「結婚相談ヒューマギア、縁結びマッチです」

 

速攻でいた。

有能だ。

イ「縁結びマッチは、依頼者のパーソナルデータを分析して、マッチングサービスに登録されている中から結婚に最適なパートナーをマッチングします」

 

メサイアの力により機械と一体化したブルーバスター。

青いゴリラは元気だろうか。

NE.1994年8月5日生まれ

出身地:東京都

身長:164cm

血液型:B型

家族構成:父・母・本人(現在は都内に一人暮らし)

最終学歴:宇佐田大学NE.2017卒業

取得免許:秘書検定(ワープロ検定2級)

海外渡航歴:有(イギリス/台湾)

 

宇佐田大学(笑)

ちなみにイエローバスターの誕生日は新西暦1995年8月5日。

なぜかいちねんずれとる。

或「すげえ…結婚相手もAIで見つける時代なのか〜」

 

じじくさいリアクションの或人。

或人の世代なら昔っからやってそうな気もするんだが(笑)

或「ところで、なんで、いるんですか?」
福「し…視察に決まってるでしょう! 飛電が買収されようっていう大変な時期なんですよ、今は」

 

副社長…!?

すっげぇひさしぶりだな。

ひと月以上出なかったからアメリカにでもいってたのかと。


シェ「副社長は独身です」


福「やめろ!」


シェ「山下専務はバツイチです」
山「やめなさい!」

 

なんかひでぇ(笑)

マッチ田成子「お待たせいたしました、福添様。担当のマッチ田成子でございます。ウフフフフ…さあ、こちらへどうぞ」

 

マッチ田成子(笑)

マギア化したら強そうだな。

婚活ヒューマギアにはみんなマッチって冠名がついてる様子。

マ「ラーニング完了です」
千「大丈夫でしょうか? 結婚はしたいんですけど、結婚詐欺に遭って以来、人間不信になってしまって…」

 

人間不信なのに結婚はしたい千春。

焦らず先にカウンセリング行ったほうがいいんじゃないか。


マ「いただいたデータによると、海老井様は占いアプリに18個登録し、自分に都合のいい占い結果だけを選んで、参考にする傾向があります」
千「はあ…」
マ「現実を直視せず、甘い言葉に釣られやすい。だから、だまされたのではないでしょうか?」

 

千春をだましたのは市森であって、正確には結婚詐欺ではないんだけどな。

そりゃ本物の警察が来たら誰だってだまされるだろうしなぁ。

まあ遊人もいろいろだましてそうだけど。

ヒモになるつもりだったのに心入れ替えたとか!


千「何それ! 失礼じゃない!?」
マ「婚活とは、かなわぬ夢を追うのではなく、現実的な幸せをつかむこと。現実から目をそらしては幸せな結婚はできませんよ海老井様」


千「…はい!」

 

惚れた!

マ「海老井様の条件に合う男性を検索」


マ「見つかりました。あなたの…ベストマッチ!」


或「ベストマッチ!」

福「えっ、もう!?」

 

或人芸風パクるつもりだな。

成子「福添様のベストマッチは…見つかりませんでした」

福「……」

 

副社長…。

或「どんな人が来るのかな?」
イ「マッチの分析では辛口でも正直に自分の意見を、はっきり言う方とのことでしたね」

 

覗く或人。


垓「失礼する」
或「ええーーーっ!?」

 

社長(笑)

ボロボロになった服、新調したんだな。

垓「こんな所で何をしているんです? お仕事勝負であとがないというのに」

或「そのまま返すよ! あんたこそ、何しに来たんだよ!
垓「婚活です」
或「はあ?」

 

動揺する或人。

そりゃ45にもなれば婚活もするだろう。


或「えっ…もしかしてマッチに結婚相談してたの?」
垓「私がヒューマギアに頼るとでも? マッチングサービスに登録していただけです。AIを使ったほうが効率的ですからね」

 

AI使った方が効率的って、おまえはサマーン人かと。

或「なんか、納得いかないなあ…海老井さん、イヤだったらすぐ追い返してくださいね」
千「あっ…ぜんぜ〜ん、大丈夫で〜す」

 

全然社長の方を見ない千春。

マ「天津様、簡単なプロフィールをお願いします」
唯「アメリカスターフォード大学卒、MBA取得、在学中サウザンドネットワーク株式会社を興し、現在、ZAIAエンタープライズジャパンの社長」

唯「社員から見ても、彼は本当に素晴らしい社長です。天津社長のもとで働けて光栄です」
或「なんか、言わされてない?」

 

棒読み(笑)

垓「そして、この外見。永遠の24歳…」
イ「ホントは45歳です」

 

イズひどい(笑)

垓「永遠の24歳です。まさに1000パーセントのスペックなわけですが、あなたはそれに見合う女性ですか?」
或「なんか、上からだな。どこがベストマッチなんだよ!」

 

社長もぶれないな。

垓「実にバランスのとれたお二人ですよ。天津様は、自信過剰でごう慢なナルシストでなんでも、はっきりと申されます。かなり人を選ぶ性格で、マッチングは絶望的でした」
唯「なんだと?」
垓「しかし、奇跡的にはっきりと正直な方を求める海老井様とマッチしたのです。天津様は、この出会いに感謝したほうがよろしいかと」

 

唯亜楽しそう。

或「なるほど。マッチの言うとおりだね」
千「マッチ…」

 

マッチしか見ていない千春。

ウサダとか幼い頃からロボットと一緒にいたから偏見がないのだろう。

垓「実に不愉快だ。やはり、ヒューマギアは必要ない」

 

怒る社長。

またヒューマギアの立場があやうくなるな。

唯「あれは…待ってください!」
千「キャーッ!」

 

そこに通りすがる謎のレイダー。

士さんかと。

唯「下がっててください」

 

唯亜すっげぇ久しぶりの変身。

やっぱりかっこいいな。

久しぶりに見るバルキリーの勇士。

もはやギャク回でしか活躍できんのか。

イ「変身は危険です!」

 

バルキリーの出番が減ってしまいます!

結局やられてしまうバルキリー。

レイダーはシャイニングホッパーですら苦戦するからな。

そりゃ勝てんよな。

ばしー!

千「きゃー! マッチー!」

 

マッチどつかれて壊れてしまう。

まだ頑張る唯亜!

スクリュードライバーも避ける!

結局或人も我慢できずに変身。

メタルホッパ〜♪

敵も味方も容赦なく攻撃!

エラス様みたいだな。

唯「ふん!」

蜂VS飛蝗

飛蝗の圧勝。

市森みたいに唯阿の服がボロボロにならないと。

その隙にレイダーは逃げる!

唯亜はマウントでボコられる!

不「何してやがる…! 目を覚ませ!」

 

どこからともなく現れる不破。

このけだるそうな感じいいなぁ。

ケンカキックに不破も苦戦!

不破も負けじとドロップキック!

ナレ「バスターダスト!」

 

銃撃しまくる不破。

目立つには今しかない!

唯阿捨て身の突撃!

キーを奪取!

ようやく活躍できた。何ヶ月ぶりだ。

なんとか復活。


不「てめえ! 敵と味方の区別もつかねえのか!」
或「ごめん…やっぱり、ダメだ…」

 

殊勝な或人。

垓「実に素晴らしいものを見せてもらいました」

垓「次も期待しています」

或「待て…! 俺のドライバーに何をした!?」

 

キーを放り投げて去って行く社長。

結局唯阿服ボロボロにならなかったじゃないですかー!

不「天津垓は、アークを利用して何かをたくらんでる。お前なら知ってるだろ」
滅「やつはヒューマギアをなめすぎた。じきにアークの力を…思い知ることになる」

 

滅は垓にアークを利用されて先週は動揺してたけど、今回は冷静です。

腹の底は煮えくりかえってそう。

相変わらず服を着たまま修理されるヒューマギア。

溶接の火は服に燃え移らないのか。

或「変身すると、制御がきかなくなる。自分じゃない誰かが暴れてるのをただ見てることしかできない…」
イ「衛星アークの悪意の力は計り知れません。やはり、危険です。対処法が見つかるまで変身はしないでください」

或「だけど…」

 

完全にハザード状態。

或人も暴走してだれかを殺すのか。

マ「悪意に対抗するためのベストマッチは…善意です」
或「マッチ! もう大丈夫か?」

マ「おかげさまで」

 

ここでベストマッチ(笑)


イ「悪意と善意…メタルクラスタキーを構成している悪意の元データを入手し、分析する必要があります」
或「なるほど…でも、データがあるのはZAIAだろ? どうすりゃいいんだよ…」

イ「ゼアに聞いてみましょう」

イ「その前に、縁結びマッチにクレームが入ったようです」
或「えっ?」

 

クレームきちゃった。

これはまた濃いのが乗り込んできた。

ガイモンさんという方が演じているらしい。

他はどんな作品に出てるのかググってみても、ワンピースのキャラばかりがひっかかる。

この前のライダー映画のレジスタンスの中にいたみたいですが、なんか見たような見てないような…。

或「どちら様でしょう…?」
輝「海老井千春の幼なじみの…二階堂輝男です!」

 

こいつも亜空間に飛ばされたことあるんだろうか。


輝「こいつを千春から引き離してください! こいつは、千春を洗脳している!」
或「はい?」

輝「失礼ながら、ヒューマギアにそんな機能はありません」

輝「千春は、こいつに会ってからおかしくなったんだぞ! 千春は、ここ1週間、毎日、こいつに会いに行ってんだ!」
千「輝くん、今日も送ってくれてベストマッーチ!」

 

千春はマッチに会うまえからおかしいが。

遊人と行き当たりばったりの結婚しようとしてたり。

輝「なあ、今日もあのヒューマギアに会うのか?」

千「ヒューマギアじゃない。マッチさんだってば。なっかなかいい人、見つからなくて…っていうか、マッチさんがいい人すぎるんだよね」

 

輝男はいま流行りの言葉で言うところのアッシー君か。

千「正直で、信頼できるマッチさんみたいな人、いないかなあ…フフフ…!」


輝「口を開けば、マッチ、マッチ、マッチ、マッチ…千春の頭の中は、こいつのことしか考えられなくなってんだよ!」
マ「まったくの言いがかりです」

 

輝男、体温38.5度。

二「なんだと!?」
輝「落ち着いてください! 落ち着いて!」
二「邪魔だ! 殴らせろ、一発!」

 

殴らせろ一発(笑)

とりあえず遊人を殴ってこい。

去って行く輝男。

熱いアングルだ。


或「めちゃめちゃ怒ってた…どうすんだよ〜、マッチ」
マ「二階堂様は、以前、私を襲ったレイダーかもしれません」
或「えっ?」

 

早速正体ばれた。


マ「私は、依頼者様の言動、行動パターンのデータもインプットしてベストマッチの参考にします。その結果、動きが完全にマッチしました」

 

有能だ…。

マッチがいれば、今後レイダーの犯人捜ししなくて済みそう。

婚活アドバイザーにしておくには惜しい人材だ。


或「でも、だとして、どうするか…」
マ「レイダーかどうか確かめる方法があります。私が海老井様と…結婚します!」

或「はあ!?」

かわいい。

それで早速結婚することに。

松「それでは、誓いの言葉を。汝、マッチはここにいる千春を妻とし…」
或「あれ? 俳優ヒューマギアの松田エンジじゃん!」
イ「臨場感を出すために牧師役をお願いしました」

 

無駄にエンジ再登場(笑)

瀕死で運ばれた大和田伸也は結局どうなったんだろうな。


輝「ねえ、ちょっと! 2人を引き離してほしいって俺、言いましたよね? なんで、結婚させてんですか!」
或「ただのシミュレーションじゃないですか。マッチが、ちゃんと仕事してるところを見てもらって、誤解を解きたいんです!」

 

怒る輝男。


エ「夫として愛し、敬い、慈しむことを誓いますか?
千「はい、誓います」

ガーン!

エ「それでは、誓いのキスを」
或「えっ…えっ!?、そこまでやるの!?」

輝「ふざけんな!」

或「ああっ、二階堂さん!」

 

キレて襲いかかるのかと思ったら、外に出て行く輝男。

意外と冷静!

輝「うわああーっ!!」

 

輝男悲痛…。


千「マッチ、誓いのキスは?」
マ「それは、さすがにできません」
千「ええ〜っ!?」

 

もてあそばれる千春。

千「もう、私、マッチと結婚するイメージしかできない! 私と、本当に結婚してください!

マ「無理です、ヒューマギアと人間は結婚できません」

千「私とマッチなら、絶対、ベストマッチだよ!」


マ「仮に、私が人間だったとしても…全然ですね、バッドマッチです。あなたのようなわがままな人間とは、ごめんです」

 

毒舌マッチ。

イ「もしかしたら、わざとやっているのかもしれません」
或「わざと?」
イ「海老井様に嫌われるために」

 

察しのいいイズ。

千「もっと、はっきり言って! 私、マッチのそういうところが好きなの!」

 

千春もなかなか普通じゃないな。

千「では、お望みどおり、言って差し上げましょう」
イ「まさか…!」

 

何か心当たりがありそうなイズ。


マ「イズさん。人間が心の底から不快になるような、最低な言葉を教えてくださいませんか?」
イ「なぜですか?」
マ「必要なのです」

何かを吹き込んでいた。

なんか浮気してるみたいな構図。


イ「ダメです!」


マ「大体、男に依存してるから!」

マ「バカみたいな!」

マ「ピー!」

マ「ピー!」

マ「ピー!」

 

エンジ(笑)

マ「巻き込まれるんですよ。どうかしてますね! そう、あなたは、ピー! なのだ!」

 

なに言われたんだ!

或「こんな最低最悪な言葉、どこで…!?」
イ「申し訳ございません」

 

さらっとジオウネタ。

イズが最低最悪な言葉をこそこそ耳打ちしてたと思うと熱い(笑)

千「いくらなんでも、ひどすぎるよ! マッチのバカ!」

 

さすがに千春もキレる!


ぴしーん!

!?

反応した(笑)

マ「悪意に満ちた人間は絶滅すべき…!」

或「まさか…!」
マ「うわああああーっ!!」

 

ブルーバスター熱暴走!

マ「ガエル!」

 

セキュリティゆるすぎる(笑)

さらにレイダーの方も颯爽と現れる。

ちなみにこの人はペギタンペンギンレイダーって言うらしい。

レイダーVSマギア。

熱い展開になってきた。


イ「或人社長、ダメです!」
或「俺が止めるしかない! 変身!」

 

或人も仕方なしに変身。

輝男を殺すつもりか…!


千「ちょっと、イズさん! なんなの? あれ! 不良品じゃない!」

 

またクレームがついた。

マッチをボコる或人。

垓「アーク…私に、その力を見せてくれ」

 

社長も来てた。

垓「ううっ…ハハハッ!」

 

サウザーになって戦うけど、また首絞められる。

ナレ「メタルライジングインパクト!」

分身した!

マイティブラザーズかい。

マギアとレイダー二人を同時に攻撃!


千「ウソ…輝くん!?」
イ「やはり、そうでしたか」

 

やはり輝くんだった!


輝「千春…大丈夫か?」
千「輝くん…もしかして、私のために…?」

!?


マ「ベスト、マッチ…!」

マッチ…なんて熱い死に様…!

垓「フンッ! ハアッ!」

 

空気読まずに戦いを再開する社長!

もっと余韻をだな。

垓「フンッ!」

すげぇ。

しかし背後からの攻撃も無効!

垓「うわああーっ!!」

 

返り討ち。

垓「バッタとは本来、大群を成して作物を荒らし、最後は共食いまでするどう猛な生物。それがゼロワンの、真の姿か!」

 

まあ近頃の仮面ライダーはライダー同士争いまくってるしな。

或「うわああああーっ!! ああああーっ!!」

 

或人が苦しんだまま終了!

ギャク回なのになんて後味の悪い終わり方…!

 

そして次回。


エ「或人社長! どうしてしまったんですか! やめてください!」

 

お、来週もエンジ出る。

マッチもまだ出る!

イ「或人社長。ヒューマギアを信じてください」

 

過去のヒューマギアみんな出そう。

ヒューマギア達の思いでメタルホッパーが正常になるとかですかね。

或「お前を止められるのは、ただ一人。俺だ!」

 

ようやく或人のターンが来そうですな。

お仕事対決の再会は再来週かな?

ともかく熱い展開になりそうですな。

仮面ライダーゼロワン 第22話 「ソレでもカレはやってない」

  • 2020.02.13 Thursday
  • 08:28

こんばんは。

今日は、仮面ライダーゼロワンの感想ですっ!

今週は、ビンゴが榊遊人の無罪を勝ち取る話ですな。

市森さんは悪い人じゃなくって、刑事の人が真犯人だった。

まあ、あの人怪しかったからな。

前2回の対決と違ってちょっとひねってあって面白かったと思う。

 

市森さんは意外といい人だった。

自分から再調査を要求するところとか格好良かったし、それなりに信念持ってそうですね。

ただ、市森さん自身の掘り下げが全然されてなかったから、結局どんな人だかよくわからなかったのは残念だけど。

真犯人も大した動機はなかったし、千春も遊志も裁判やってるだけでほとんど出番なかったし、話はひねってあって面白かったけど、その代わり人物描写が浅く広くなってしまったのはちょっと残念かなと思う。

いちいち掘り下げてたら尺が足りるわけもないので仕方ないけど!

 

ライダーもパワーアップしましたが、或人が生み出したんじゃないんですね。

ザイアが作って或人が無理やりつかわされるってのは予想外だった。

こんな展開今まで見たことないな(笑)

見た目とは裏腹にえらい邪悪な感じだし、ハザードみたいな諸刃の剣的な感じ何でしょうね。

アークの力を使ってのパワーアップみたいですが、ゼアの力も取り込んでバランスでもとるのかな…?

 

そんなゼロワン。

或「二度とヒューマギアに手を出すな!」

 

戦闘のつづきから始まるゼロワン。

目が赤くなったのは収まってる。

あと先週の終わりと場所が違うぜ。

或「ハアッ! ハアッ!」
垓「ううっ…!」

善戦してる!

或「立て!」

 

今日は強い!

と思ったら吸われてた。


垓「この私に指図する権限なんて君にはない。ふーん!」

 

やられてしまった。

垓「最強のゼロワンのテクノロジーをいただいた」
或「うう…ううーっ…!」

 

シャイニングホッパー完敗。

垓「ゼロワンとサウザー、本当に強いのは、どちらか…勝負だ!」

 

サウザーもファンネル使えるようになってしまった。


垓「フンッ!」

 

かっこいい。社長姿勢いいな。

背後に回られてもファンネルでガード。

便利だ。

それでもなんだかんだで互角に戦ってるな。

或人意外と強い。

必殺技のぶつかり合い!

どぎゃーーん!

垓「やはり、決着は法廷でつけるしかなさそうですね。裁判で有罪判決が下れば、ZAIAが3勝。飛電を買収し、全てのヒューマギアを廃棄する日は近い」

或「そうはさせない…!」

 

或人しのいだ。

サウザー圧倒的かと思ったけど、頑張れば戦えなくはないんだな。

デイブレイクシティ?

唯「本当に実行していいんですね?」
垓「ゼロワンを封じる禁断のプログライズキーを、作るんだ」

 

水滴がピチャピチャ滴る暗いところで、唯阿と何かを企んでいる社長。


唯「しかし、飛電を買収すれば飛電或人はゼロワンの権限を失います。新しいプログライズキーを作る意味など…」

垓「飛電是之助がアークに対抗するために生み出した、テクノロジー…それがゼロワンだ。決して、侮るな」
唯「…はい」

 

暗い。

唯阿すっかり社長の秘書みたいになってるな。

最近パルキリー全然出てこないし。

敷物がオシャレ。

垓「これでゼロワンは終わりだ」

 

もう最終回か。

海老井千春「おかしいと思ったんです。たった交際1カ月でプロポーズなんて…でも、あの時は、まさか結婚詐欺だなんて気づかなくて…! 許せません」

 

怒りのイエローバスター。

以前はそうでもなかったけど、どんどん安達祐実に似てきてる気がする。


市森「あなたに振り込め詐欺のメッセージが送られた時刻、被告人はお笑いライブを見ていたと主張していますが」
千「送信予約でもしてたんじゃないですか?」
市「罪を逃れるためにアリバイを偽装した…それが、ホントなら、決して許すべきではない。あなたは、そう感じている」
千「そのとおりです」


裁判官「弁護人、反対尋問を」
ビ「特にありません…」

 

ビンゴすっかり弱腰…。

どや。

或「ビンゴは、被告人が無実だって信じてるんだろ?」
ビ「はい。音声の波形や表情変化を認識した結果、彼がウソをついていないと判断しました」

或「明日で審理は終わりだ。この事件ヒューマギアの君だからこそ、できることがあると思う。だから、頑張ろう!」
ビ「はい!」

 

ウソつき慣れてる人とか思い込みの激しい人には、そういった分析はあんまり意味無さそうだけどな。


垓「それより、会社を売る覚悟を決めたほうが賢明では?
或「そんなこと…するわけないだろ!」

 

保護色社長。


垓「なるほど。でも、それには会社を売る以上の覚悟が必要ですよ。あなたが飛電是之助から、受け継いだのは、会社じゃない…罪なんですから」
或「罪!?」

垓「ヒューマギアは、これまで多くの被害を出してきた。滅亡迅雷.net亡きあとも同様にね。ヒューマギアが犯した全ての罪は、社長のあなたが背負っていくんです」

 

会社買収したら罪も受け継いでくれるんだろうか。


或「ホントに悪いのは誰だろうな…」

 

或人怪しんでいる。

不「おい! 滅に何を聞くつもりだ?」
或「今まで、ヒューマギアが暴走させられていた全ての元凶がわかるかもしれない」
不「それって、お前…」

或「人間の悪意を滅亡迅雷.netにラーニングさせた正体です」

 

核心に迫ってきている。

或「滅、お前たちがヒューマギアを暴走させたあの兵器、どこで、どうやって作った?」
滅「兵器…? ゼツメライザーのことか」
イ「ゼツメライザー?」
垓「全てはアークが生み出したものだ…ヒューマギアを兵器化し、人類を滅亡させるためにな」


イ「なぜ、ZAIAの社長がゼツメライザーを持っているのですか?」
垓「そんなはずはない。まさか、ZAIAが…! うう…ううっ! ああーっ…!」


滅「愚かな人間め! アークを利用するのは許さんぞ!!」
不「これ以上、刺激するのは危険だ!」
滅「ああっ! ああーっ…!」

 

いきなり様子が…!


或「ちょっとこっちで調べたいことがある。ビンゴを襲ったやつの捜査…ビンゴを助けてやってくれないか!?」
不「俺にヒューマギアと組めってのか!?」
或「捜査は、A.I.M.S.の仕事でもあるだろ? それに、被告人の無実を証明できるかどうかがかかってるんだ」

 

ビンゴを押しつけられる不破!

その頃、唯阿は何かを完成させていた。

市「被告人は、これまで多くの交際相手から金を受け取り、食いつないできた。数多くの証拠が千春さんにも、金銭目的で近づいたことを物語っています」

 

先週冗談で言ったんだが、こいつほんとにヒモだったのかよ(笑)


不「ビンゴ、ライオン野郎の尻尾は俺がつかむ。それまで時間を稼げ」

 

裁判中に連絡してくる不破。


不「市森検事のZAIAスペックが盗まれたってのは本当か?」
唯「ああ、初公判のあと、この裁判所内の控室でな」
不「じゃあ、その犯人がライオン野郎ってことだな」

 

先週落っこちてた市森検事のあれは盗まれたものだった。

そんなすぐ分かることにも気づかずに、或人は先週犯人扱いしてたのか。

或「ゼア、教えてくれ。アークって、なんなんだ?」

イ「ゼアの検索結果を受信しました。アークとは、12年前、ヒューマギア運用実験都市計画にて打ち上げる予定だった通信衛星の呼び名です」

 

映画で打ち上げてたヤツだ。


イ「当時、衛星の開発に関わっていたのは我が社と…ZAIA。その時のZAIAのプロジェクトマネージャーが…」

 

この頃から色々パクってたんだろうなぁ。

警備員「怪しい人間ですか?」
不破「初公判の日、変わったやつが来なかったか?
警備員「そういえば1人、結婚詐欺裁判が終わった頃になって…」

 

聞き込みをする不破。

ビ「被告人は千春さんと出会って、人生観や価値観が変わったと証言しています」

 

そして最後の戦い。


榊「えっ…?」
ビ「えっ?」

 

なにこのやりとり(笑)

ビ「例えば、お金には代えられない愛情とか…」
榊「えっ…ええ。ホントの愛を知って彼女を支えたいって。だから、俺は詐欺なんて…」

 

なんだか無理やり発言させられている。


市「異議あり! 今のは誘導尋問です」
裁判長「異議を認めます。弁護人は質問を変えてください」

ビ「わかりました、では質問を変えます。千春さんと、結婚するつもりはありますか――」

 

ビンゴ時間稼ぎ。

結構ヒューマギアも柔軟だな。


唯「勝負は決まったようですね」

垓「ご苦労」

 

新商品いじりながら勝ち誇る社長。

不「捜査方法の可視化のため撮影をさせてもらう」
鳴沢益治「わかります。同業者ですから」

 

アンリミティブばりに可視化される捜査。

不「例の裁判の件、初公判が終わった時間に裁判所に行ったそうだが、何しに行ったんだ?

 

こわい。


鳴「裁判を傍聴しようと思ったんですが、渋滞で遅刻してしまったんですよ」

 

裁判しながら捜査もみられる。

こういう所はヒューマギアならではですな。

ビ「ビンゴ! 不破さん!」

 

ビンゴのウソ発見機能が役に立った!

不「ビンゴ」
鳴「はっ?」

 

不破がアップを始めたようです。

裁判長「被告人、最後に何か言うことはありますか?
榊「何も…ありません」

 

ほぼ決着。

というかこの人サンダルで来てたのか(笑)

こんなパチンコ帰りみたいな格好で裁判に来られるって、なかなかふてぶてしいな。

拘置所に入れられて、そのまま来たとかなのかな?

着替えさせてはもらえないないものなのでしょうか。入れられたことないのでわからん。

唯阿もどやってる。

裁判長「わかりました。これで本件の審理は全て…」

 

その時、ビンゴに通信が!

ビ「裁判長、待ってください! たった今、新たな事実が発覚しました。この事件には真犯人がいます」

裁判長「静粛に。弁護人、審理は、もう終わっています」
市「そうだ! 大体、真犯人がどこにいるというんです?」

ビ「それは…」

 

急展開。

不「それは、こいつだ!」

ビ「彼は、被告人を逮捕した警視庁サイバー犯罪対策課の刑事です」

 

二人とも顔に傷がついてるけど、殴り合いでもしたんだろうか。

それ見たい。


ビ「彼なら、被告人から押収したライズフォンのデータをこのようにでっち上げることが可能です」

不「その証拠は、この鳴沢の端末から見つかったもんだ」

ビ「被告人は無実です」

 

ちゃんと消しとかないと。

裁判長「弁護人は勝手な発言は慎んでください。弁護人及び、その関係者に退廷を命じます」
市「いえ、裁判長、審理を、やり直すべきでしょう」

垓「ほう…」


市「危うく冤罪を生んでしまうところでした。ヒューマギアは、非常に優秀なようだ」

或「市森さん…」

 

市森さんいいやつだった。

鳴「なんの恨みがあって榊さんを…?」

 

この人達フツーに顔と本名ネットでさらしてるのね。


鳴「別に、誰だってよかった。俺の検挙率さえ上げられれば…」

或「無差別に冤罪をでっち上げて自分の手で逮捕してたってことですか!」

 

暗いところでベタなハッカーみたいなことを。

迂闊に個人情報さらしてる方もどうかと思うけど。

今後、こうなるから注意しましょうみたいな個人情報保護の教材の事例としてつかわれそう。


不「しかも、こいつがライオン野郎の正体だ」
ビ「ビンゴ! 私を襲ったのは、市森検事に疑惑の目を向けさせるため」

隙を突いてショルダータックル!

外まで逃げてライオン野郎に変身する鳴沢!

追いかける不破!

投げられた!

至近距離のバルカン攻撃かっこいい。

どっちが攻撃してんのかよくわからんけど。


垓「ZAIAスペックを悪事に利用するとは愚かな…」

 

怒る社長。

或「そういう、あんたもな。人間の悪意を衛星アークにラーニングさせたのは、あんただろ!」
垓「だったら? 私は、ただ、事実を学ばせたにすぎない」

或「そのせいで滅亡迅雷.netが生まれた」
垓「人類滅亡の結論を下したのはアーク自身だ」

 

垓が元凶であった。

或「そのせいで…! 多くの人が犠牲になった!」
垓「つまり、人間の自業自得ということです」

或「ふざけるな!」

 

さすがにキレる!

或「全部、あんたのせいだ!」

 

怒りの力で立ち向かう或人。

やばい。


垓「その怒り! でも、それでいい」
或「なんだと!? うう…!」

垓「この私を憎み、滅ぼそうとする…」

 

しかし押さえ込まれる。

垓「今、あなたの心を支配するものこそ、紛れもない、人間の悪意だ」

或「ううっ! うう…うう…ううっ…うう…ううーっ…!」

 

また怒りに我を失ってる!

右目と左目微妙に色合いが違う気がする。オッドアイかい。

アークも反応!

或「あっ…! ああ…」

目に物騒な文字が!

垓「フーンッ!」

垓「自分自身の体でラーニングするといい」

唯阿と作ってたのをねじり込まれる!

或「ああっー!」

 

大量イナゴがたかり始める…!

或「ここは…? 衛星アーク…」


或「やめろー!! ああああーっ!!」

 

こわい。

ナレ「Secret material 飛電メタル メタルクラスタホッパ〜!」

ナレ「It's High Quality」

 

かっけぇ。

ハザードを白くしたみたいだな。

ハザードが出てきたのもちょうど今頃の時期だった。

びゃーん!

見た目は綺麗なのになんだか邪悪。

イ「メタルクラスタホッパー…!」

 

もうデータが入ってる。

そういえばこの二人もいた。

思いっきりイナゴをくらう二人。


或「うっ…! やめろ! やめろ、アーク!」

 

いったん鳴沢さんにたかるイナゴ。

また或人にもどる。

イナゴにたかられた鳴沢さんはボロッボロ。

エグいやられ方だ…。

クリスマスイブにこれを撮影したらしい。


不「うう…ううっ…!」

 

不破も大ダメージ。

垓「これがアークの力! ぜひ、手合わせ願おう」

 

メタルホッパーはまったく動かないな。

変幻自在に形を変えるイナゴ。


垓「フフフ…」

垓「ハハハッ…!」

 

社長嬉しそう。

垓「うわあっ!」

垓「面白い。これなら、どうだ!」

 

落っこちていたライオン野郎のキーをパクって攻撃!

変形してガードされた。


垓「うわっ…!」

 

もはやライダーの戦い方じゃない(笑)

ガンダム00の映画の敵みたいだ。

社長ダウン。

早く対話型のライダー作らないと。


或「やめろーっ…!!」

不「それ以上はやばいぞ!!」


不「うおおおおーっ…!!」

 

力尽くでベルトをもぎ取る!

社長「……」

不「ゼロワンが進化した…」

唯「ゼロワンじゃない! あれは、別の何かだ」

 

唯阿もいた。

垓「ハハハッ…ハハハハッ! アークは最高の芸術作品だ! これで、我がZAIAのシナリオもクライマックスを迎える!」

 

一張羅がぼろぼろ。

或人激オコ。

レポーター「無罪です! 注目の詐欺事件の裁判で無罪判決が下りました!」

 

遊人スーツ持ってたんだ。

というかこういう「無罪」って、当人が出すものなの?(笑)

ググってみたら、この紙って『判決等即報用手持幡』って言うらしい。

しっかり弁護士の人が事前に準備しとくみたいです。

てっきりその場でちゃちゃっと書いてるものかと。

レポーター「結婚詐欺容疑で起訴された榊遊人氏ですが、警視庁による、その後の捜査で榊氏の所有するライズフォンのデータが改ざんされていることが発覚」

 

やっと誤解が解けた。

これで心置きなくヒモ生活ができるな。

いっそエロマンガでも書いたらどうだ。才能ありそうな名前してるし。

リ「榊氏を逮捕した警視庁サイバー犯罪対策課の刑事、鳴沢益治容疑者による犯行であることが明らかになりました。自分の検挙率を上げるためにやった。相手は誰でもよかった――」

 

あえて警察の制服姿でさらす。

イ「お仕事五番勝負、ようやく1勝できましたね」
或「あの、やっべえ社長がいるZAIAにだけは負けられない」

イ「では、今の心境を面白いギャグでお願いします」

或「今!? えっ? こ…ここで?」

 

無茶ぶり(笑)

或「イズ…」

 

かわいい。

或「よし」

或「今年は、ZAIAを倒す」

或「ザ・イヤーだあ!!」

或「はい…!」
二人「アルトじゃ〜ないと!」

 

久しぶりにギャグと共に終了!

なごむなぁ。。。

 

そして次回。


千「どうしても結婚したいんです!」

 

あれ、イエローバスター継続?

遊人とは結婚しないのか?

ブルーバスター!?

イエローバスターとブルーバスターが結婚するのか??

もうこうなったら仮面ライダークイズも呼んでくるんだ!

お、久しぶりのバルキリー。

いまさら戦力になるのだろうか。

そろそろパワーアップしないかな。

ブ「見つかりましたあなたの。ベストマッチ!」

 

ブルーバスターは忍者に転職してニンニンで忍者塾やってたはずだが、ヒューマギアにされていたとは。

千「はい、誓います」

 

公式によると、次回はお仕事対決ではないみたいですね。

しかし遊人がどこに行ったのかが一番気になる。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ヒーリングっど♥プリキュア 第3話 「湧き上がる想い!変身!キュアフォンテーヌ」
    ひなたファン (02/21)
  • 美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 第31話 「銀河の支配者 ギャラクシアの脅威」
    じゅうや (02/15)
  • 美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 第30話 「銀河滅びる時! S戦士最後の戦い」
    じゅうや (02/15)
  • 美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 第31話 「銀河の支配者 ギャラクシアの脅威」
    KK (02/15)
  • 美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 第30話 「銀河滅びる時! S戦士最後の戦い」
    KK (02/15)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第2話 「パートナー解消!?わたしじゃダメなの?」
    じゅうや (02/15)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第2話 「パートナー解消!?わたしじゃダメなの?」
    スマハピ苦手 (02/15)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第2話 「パートナー解消!?わたしじゃダメなの?」
    じゅうや (02/14)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第2話 「パートナー解消!?わたしじゃダメなの?」
    アイワーン 赤 キュアメテオ 魚座のペン (02/13)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第2話 「パートナー解消!?わたしじゃダメなの?」
    じゅうや (02/10)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM