ヒーリングっど♥プリキュア 第23話 「かわいいってなんですか?アスミと子犬物語」

  • 2020.09.07 Monday
  • 00:26

こんばんは。

今日は日曜日なのでヒーリングっどのプリキュアの感想です!

今週は、アスミがかわいいについて探求する話!

かわいい向上委員会会長帰国記念回ですな。

先週「好き」について学んだアスミでしたが、ひなたが連呼するかわいいの意味はいまいちよくわからない。

ラテ様のことすら、特にかわいいとは思っていなかった様子。

そこで子犬のポチットを世話していく中で、アスミがかわいいの意味についてみんなで考えていくことに。

 

あらためて「かわいいとはなにか」と聞かれても、「男とはなんぞや」と同じくらい難しい質問ですが。

結論としては、守ってあげたいという気持ち、というプリキュアらしい結論になりましたな。

とはいえ、かわいいと思わせることは、相手の庇護欲を掻き立てることによって、自分の身を守る生存戦略という説もあるので、とても正しい結論なのかもしれない。

 

それはともかく、これまでラテ様を守ることしか考えていなかったアスミが、ラテ様以外の子犬にも情を持ち、守りたいと思うようになったことは、プリキュアとしては大きな成長のような気がします。

これでアスミはラテ様以外のことも意識するようになるでしょうし、ひいてはそれが地球上の生きとし生けるものをかわいいと思い、守ろうとする意識につながっていくんじゃないだろうかと思う。

地球の化身であるアスミのこういう意識の変化は、終盤あたりに効いてきそうな気がしますな。

 

そんなプリキュア。

ひ「みてみて、かわいいよー」

 

ひなたがエクゾディアみたいになっとる。

封印されたのか。

の「アスミちゃん、そういう格好も似合うね」

ち「すてき」
ラ「かっこいいラビ」

 

アスミがパンクな格好に。

髪型もモヒカンにしないと。

ひ「フフフ〜、まだまだ〜!」
ペ「にあってるペエ」

 

興奮するペエ。

ひ「きゃわいい〜!」

ニャ「どこで売ってんだ?」

 

一富士二鷹三かわいい。

ひ「これ、絶対かわいいから、持ってみて」
ア「ひなたは先ほどから、「かわいい」とくり返しますが、「かわいい」とは何ですか?」

 

防衛本能です。

ア「「好き」とはちがうのですか?」
ひ「へっ?」

 

せまる眼力。

ち「この前、アスミは、「好き」って感情を学んだの」
ア「はい」

 

手に持ってるやつセロテープでとめてるのがじわじわくる(笑)

ひなたの手作りか。

ア「「好き」はおいしくて、温かく、ゆずれない思いです」

 

レイアースの主題歌が好きなのか。

ア「では、「かわいい」は何ですか?」

ひ「「かわいい」は「かわいい」だよ? ねっ?」

の「う〜ん、よく考えると、「かわいい」と「好き」って、にてるよね。でも、なんとなくちがうっていうか…」

 

かわいいはかわいいでいいじゃないですか。

コジコジはコジコジだし!

ラ「かわいいと好きになるラビ」
ニャ「それ、かわいいか?」
ペ「好きだから、かわいく見えちゃうペエ」

 

まさかのラベンだるまちゃん再登場。

というかひなたの家にまで持ち込んでるのか(笑)

ア「ますます分かりません」

ち「アスミも「かわいい」を実感できたら、分かるんじゃないかしら」
ひ「あっ、そうだ!」

 

キラッとひらめくひなた。

姉「はい、できあがり」

 

久々の姉登場。

アスミが着てた服、やっぱりこの人のかな?

こうして連続で見てみると、顔立ち結構アスミと似てるな。

ラ「ワン!」
の「ラテ、かわいい〜」


ひ「ねっ、かわいいって思うっしょ?」
ラ「クゥ〜ン」

 

かわいい。

ア「あっ…」

 

反応した!

ア「ラテをこんなに、よろこばせてくださって感謝いたします」
姉「は…はぁ…」

 

かとおもったら、かわいいと思ったわけではなかった様子。

顔の見えないちゆがなんか面白い。

ドラえもんわくわくサイエンス!

すごくいまさらだけど、この時短帯のマクドナルドってハッピーセットの宣伝しかしないんだな。

おかげで月見バーガー始まってるの気が付かなかったじゃないか。

グ「せっかくオレがメガパーツを、分けてやったのにむだにするとはな」
シ「うっさいわね、そもそもあんたからは、もらってないです〜」
グ「フン、あれを使えるのは、オレのおかげということをわすれるなよ」

 

いきなりギスギスプリキュア。

ダ「元はといえば、バテテモーダの発見だろ?」
シ「なに? 人の手柄横取りして自慢? 最悪〜」

グ「横取りされたのは、こっちだ! 今に見てろ」

 

どんどんボロが出まくるグアイワル素敵。

よ「ひなた、そろそろいいかな」​
ひ「やばっ、ごめん、みんな。このあと、用があるんだった」

ア「どなたでしょう?」
ち「ひなたのお兄さん、ようたさんよ」

 

ヴァルヴレイヴ一号機のパイロットよ。

のどかも六号機に乗ってるわよ。

ア「たしか、お兄さんは獣医さんでしたね
ひ「うん、パパもだよ」

父「ちょっと緊張してるねぇ。最近、妹さんが生まれたんだよね?」
少年「はい、あっ…」
父「急に新しく家族がふえて、緊張してるんだよ、なぁ?」

 

少年に家族が増えたことまで見破るパパ。

ア「どうして、あそこまで分かるのでしょう。言葉を交わしたわけでもないのに」

ひ「相手のことを知りた〜いって思って、よ〜く見ると、分かっちゃうんだって。パパ言ってたよ」

 

テレパシーか。

アスミ着てた服、パパのだったら熱いんだがな。

兄「つれてきたよ」
ひ「うちであずかってる、保護犬のポチットだよ」


ち「ポチじゃなくてポチット?」
ひ「眉毛がポチッとしてるから、ポチット」

 

ヘボットを彷彿とさせる名前だな。

の「ひなたちゃん、少しさわってもいい?」
ひ「うん、いいよ。ただ、この子…」

 

のどかにビビるポチット。

ひ「大丈夫だよ〜、みんな、かわいいポチットとなかよくなりたいだけ」

 

かわいい。


ち「でも、ポチット、こわがらないかしら」
の「大変だと思うけど、少しずつ色んなことになれてほしいから。パパとおにいにも、相談して決めたんだ」

 

ポチットをドッグランに連れて行くことにする一同。

ひなたがめずらしく黄色い。

ひなただけ夏服? って一瞬思ったけど、上着脱いだだけか。

さすがに真夏にジャンパーは着ないか。

ニャ「ひなた、最近は、病院のお手つだいしてるんだぜ」
ち「すごいわね、ひなた」
ひ「お手つだいっていっても、ほんの少しだよ。前は絶対無理だって思ってたけど、今は、あたしにもできることがあるかもって思えて」

 

ひなたも成長しているのう。


の「わたしもポチットくんと、なかよくなりたいな」
ラ「ラビリンもラビ」
ラテ「ワン!」

 

和気あいあいとする一同。

上目遣いののどかがかわいい。


ア「ちゆもポチットがかわいいですか?」
ち「ええ」
ア「かわいいはずなのに、わたくしは何も感じません。なぜなのでしょう?」

 

うつなのかも。

ち「かわいいと思うかどうかは、人それぞれだから」
ア「人それぞれ…ということは、人ではないわたくしには、「かわいい」はわからないのですね」

 

薄くなってきた。

意外と人でないことに負い目感じてるんだろうか。

ち「人それぞれっていうのは、各自いろいろって意味で、大丈夫、そのうち分かるわよ」

 

ちゆかわいい(笑)

まあ「他の人と比べないで、ときめきは人それぞれ」だって、かわいい憲法にも書いてあるしな。

踏まれるカカシ。


グ「フン、このグアイワルのすごさをとことん見せてやる。だが、最後のメガパーツを使ってしまうのはおしいな。こいつが、もっとあれば…」

 

今週はグアイワルが出撃。


グ「そうだ!」

 

気合の入ったとうもろこし畑とともにCMへ。

アイキャッチ新パージョンもう一個あった!

アスミ最後まで起きない。

の「ふわあ〜、ワンちゃんが、いっぱいだ〜」

 

小刻みに動く手前の犬がかわいかった。


ポ「クゥ〜ン…」
ニャ「やっぱり、まだこわいよな」

 

ラテ様は余裕だけど、ポチットはうごかず。

ひ「大丈夫、あたしやニャトランがいるし、かわいいお友達、いっぱいだよ」

 

はげますひなた。

はしるちゆ。

はやい(笑)

ホタルさんみたいなモブかわいい。

犬の前でも人形のフリする二人。

徐々に歩み寄るポチット。

かわいい。


男「よ〜しよし、いっぱい遊んだね〜」

 

愛でるおっさん。

女児「あっちまで競走だよ」

 

妙に存在感のあるモブ女児。

5人目か。キュアサターンか。


ア「ニャトランとひなたは、ここにいる犬たちのどれがかわいいと思いますか?」
ひ「えっ? 全員かわいいよ」
ア「全員ですか?」
ひ「うん、み〜んなかわいい」

 

全人類みな平等にかわいい。


ア「ひなたはすごいですね、たくさん「かわいい」を知っていて」
ひ「すごいのは、アスミンだって。ワンコたちにいっぱい好かれてたじゃん」
ニャ「やっぱ、地球の一部だからか?」
ア「どうなのでしょう」

 

動物には好かれるらしいアスミ。


ひ「あたしも、そういうのがあれば、もっとポチットと、早くなかよくなれたのに」
ア「ポチットとなかよしですよね?」
ひ「今はね。はじめの頃は大変だったよ。全然、心開いてくれなくて、にげるし、さけるし、かわいくな〜いって思ってたな」

 

アグレッシブだったポチット。

ひなたのところに来てどれくらいなんだろうか。

ア「それが、どうして「かわいい」になったのですか?」
ひ「なんでかな〜」

この無言の回想いいのう…。

ひ「どうしたらなかよくなれるかな〜って、いっぱい考えてたら、いつの間にかかわいいって思ってた!」
ア「いつの間にか…」

ち「相手を知りたいという気持ちを、持ちつづけたからじゃないかしら。ずっと考えてたんだけど、「かわいい」って、相手を見ているうちに、思わず守りたくなる。そんな気持ちだと思うの」

の「そっかぁ、だから抱きしめたくなっちゃうのかも」

 

のどかも、ラベンだるまちゃんのこと考えてるうちにかわいいと思うようになってたな。

やっぱり守りたいと思うようになったのだろうか。

ア「なるほど、「かわいい」はまず。興味を持って相手を見ることからなのですね」

の「わっ!」
ア「失礼いたします」

 

迫るアスミ。


ア「よく見せてもらえません」

ア「うん、まぁ、そりゃそうだろ」

 

地球の意思に抗うポチット。

ラ「クチュン!」
ア「ラテ!」

 

そうこうしているうちにラテ様病む。

ラ「近くでトウモロコシさんが泣いてるラテ」

 

今週は結構具体的にわかってるラテ様。


男「ひっ! ひぃ〜!」

 

立派なのが育ってた。

カカシに乗ってたからカカシをメガビョーゲンにするのかと思ったら、とうもろこしの方だった。


ス「2人とも、ここにかくれててね」

 

戦いに赴くひなた。

メ「メ〜ガッ!」


メ「ビョー…ゲン! ゲン! ゲン!」

 

犬に向けて容赦のない爆撃を繰り返すメガビョーゲン。

血も涙もないな。


フォ「メガビョーゲンは、わたしとグレースが食い止めるわ。その間にスパークルとアースはみんなを安全な場所へ」

 

冷静で的確な指示を出すフォンテーヌ。

こうしてみると、グレースだけ足に何もつけてないんだな。


女児「エーン! ウエーン!」

 

ほたるさんがやばい!

ちびうさ!

たあ!

危機一髪。

グ「ハアー! タァッ!」

 

さらにグレースの左ストレート!


メ「ビョーゲン!」

グレースすげぇ。

世界を取れる。

ア「さぁ、一緒に、にげましょう」

 

勇ましくお姫様抱っこ。

犬「わん!」

 

男前だ。


ア「…行きましょう」

 

何かを悟るアース。

グ「氷のエレメント! ハァーッ!」

 

もはやフォンテーヌの基本武器となっている氷のエレメント。

強い。


グ「実りのエレメント! ハッ!」


メ「メガガ〜!」

 

どこらへんが実りなのかは謎だが、強力だ。

グ「今のうちにキュアスキャンラビ!」
グ「そう簡単にはいかせん」

座薬注入!


メ「ビョッ! メ…メ、メ、メ、メ…」


メ「メガビョーゲン…メガ〜」

 

一皮むけて大人になるメガビョーゲン!


メ「メガ〜!」

 

全方向ミサイル!

かわしたところを、

拘束!

強い。

グ「やれ! メガビョーゲン!」
メ「メガ! ビョーゲン!」

二人「キャーッ!」

どぎゃーん!

容赦ない。

キーン


んちゃ!

かっけぇ。

伸びてるフォンテーヌかわいい。

さらに砲撃を蹴るアース!

相変わらず無双状態だ。

さらにスパークルが縦でガード!

熱い。


メ「メガ〜!」

 

しかしメガビョーゲンの目が不敵に光る。

ここの間が怖かった。

フォ「はっ!?」


ア「スパークル!」

 

直撃!

とうもろこし強え!


グ「スパークル!」
フォ「大丈夫?」
ス「うん、なんとか…ウッ!」

 

やっぱり今のままだとやばいな。

強化した敵にはさっぱり刃が立たぬ。

戻ってくるポチット…!


グ「ハハハッ、どうだ? プリキュア」
ス「クッ…グアイワル、ここは人と動物がみんなで遊ぶ場所なの。あんたたちはおよびじゃないっての」

グ「人間と動物が遊ぶ? 下等生物にかまけて、くだらん」
ア「下等生物?」

 

下等生物に引っかかるアース。

グアイワル今日は口が悪いな。


ポ「グルルルル…」
ス「ポチット? あぶないよ、ポチット」

 

ひなたを守るために立ち向かうポチット。

さっきの男前の犬もそうだけど、思いが一方通行じゃないところが熱いな。

おそらく犬も、飼い主をかわいいと思っている。

ア「はっ!」

 

ポチットの気持ちを悟るアース!

グ「うるさい下等生物だ、やれ」
グレ「ポチット!」
フォ「にげて!」

 

弾丸がポチットに迫る!

強いられるポチット!


ス「ダメ〜!」

スパークルの叫びも虚しく直撃。

神も仏ない…。


グ「むっ?」

 

いない!

ア「下等生物ではありません」

グフ「アース!」
ス「ポチット!」

ア「彼らは人間と共に生き、笑い、たがいを思い合っている」

 

生きてた。

ア「その姿はとても…とてもだきしめたくなる姿です」

 

ついにアースに情が湧く。

グ「メガビョーゲン!」
メ「メガ〜!」

ア「フッ!」


グ「な…なんだと」

 

消えた!

ア「ハァッ!」

グ「どわっ!」

 

手刀かっこいい。


ス「キュアスキャン!」

 

スパークルがキュアスキャン!


ニャ「実りのエレメントさんだニャ」

 

先週なぜかエレメント探しに出てた実りのエレメントさん!

あれは伏線だったのか…!


ア「プリキュア・ヒーリングハリケーン!」

 

とどめの癒しの風!

実「はー!」

メ「ヒーリングッバーイ…」

 

今日も退院!

ア「お大事に」

 

ついに5週連続ノーダメージ。

これで無双期間がエースやフェリーチェと並んだ。

次回ノーダメージなら記録更新!

ラ「ワフーン!」

 

ラテ様も復活!

グ「チッ…まぁ、いい。今回はこれを手に入れるのが目的だからな」

 

大量に手に入れてる。

一体からこんなに取れるとかお得だなぁ。

いずれ自分に大量にドーピングして怪物化しそう。

実「みなさん、ありがとう。もう元気です」
の「よかった〜」

 

実りのエレメントさんも元気になった。

降幡愛さん、ダイの大冒険でゴメちゃんやるらしいな。

ひ「ポチットもありがとう」

 

なめるポチット。

ほほえむアスミ。

の「ポチットくん、新しい家族が決まったんだよね?」

ひ「うん、来週むかえに来るんだ〜」
ち「新しい家族とも、きっとなかよくなれるわ」

 

ラテ様がポチットと戯れていらっしゃる。

ポチットはやっと心を開いた様子。

ア「でも、おわかれするのはさみしいですね」

 

アスミに情が…!


三人「えっ?」
ア「えっ?」

ひ「アスミンがさみしいって言うなんて…」
ち「はじめてじゃないかしら」
 

なにか悪いものでも食ったのか。


ア「ポチット、いまさらですが、わたくしは、あなたとお友達になりたいと思っています。人とはちがう身ですが、なかよくしてくれませんか?」

なめた!

ひ「アスミン、ポチットもなかよくしたいって!

ポ「クゥ〜ン」


ア「かわいい…」

 

アスミに感情が…!

ア「ひなた、不思議ですね。わたくしの中で、「かわいい」がどんどんふくらんでいきます」

ひ「「かわいい」に限界はないんだよ!」

 

かわいい憲法に規定されそうな名言である。

会長もお喜びになる。

ア「フフフ…」
ポ「ワン!」

 

笑顔とともに終了!

五臓六腑に超かわいかった。

!?

今年もついにフルタの季節…!

また強そうなのが来たな。

元ネタは少林寺木人拳か? なんで今さら(笑)

フルタンとどっちが強いのか。

フルタマンの形見のわなげチョコが木人の顔に…。

去年蘇ったかと思ったが、やはり殺られたか。

戦ってる。

さくさくさくさくさくさくさくさく!

サイケデリックな背景。

かっけぇ。

カンフールタンって言ってるように聞こえてしかたがない。

フルタンの怨念…。

「セコイヤシリーズ!」

「フルタ♪」

 

今年は何バージョンくらいあるのだろうか。

 

そして次回。


ひ「大自然ピクニック最高!」

 

次回はピクニック回。

えらい気合の入った弁当だ。

でもプチトマトが入ってるからミュークルだったら悲鳴上がる。

の「ふわあ〜、みんなで遠くまでお出かけはじめてだね」

 

またのどか初めての体験。

遠くってどこまで行くんだろうな。パリかな。

ち「あら? あの人は? この森を守ってくれているのでしょうか」

 

今度はアスミがゲストキャラと交流する様子。

ゲストキャラ久しぶりだな。

今度はアスミは何の感情を学ぶのか。

はだしのひなた。

結局上着脱いだのは今週だけか。まだ暑いだろうに。

いい話っぽいタイトルだ。

まだ話は動きそうにないし、この様子ならアースが無双期間最長を更新できるかも。

そしてパートナー探し。

3つの遊びの中で唯一エレメントさんが絡まない。


ニャ「ヒーリングっど・プリキュア、オレをさがしてくれ。スタート!」

 

ニャトランならアロマショップにいる。


ニャ「目が回るニャ〜」


ニャ「ここだぜ! ヘヘッ。また見てくれよニャ」

 

いまさら気がついたけど、ここの台詞っていつも同じ…?

バンクは毎回録ってるっぽいけど、ここの台詞も毎回録ってるんだろうか。

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    じゅうや (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    ルイージ&クリボー (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    じゅうや (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    二白桃 (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    じゅうや (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    ひなたファン (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    じゅうや (10/19)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    プリキュア好き (10/19)
  • 仮面ライダーセイバー 第6章 「疾風の如く、見参」
    じゅうや (10/18)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第28話 「苦しみの再来!?ダルイゼン、あなたは」
    じゅうや (10/18)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM