スター☆トゥインクルプリキュア 第38話「輝け!ユニのトゥインクルイマジネーション☆」

  • 2019.10.27 Sunday
  • 09:36

こんばんは。

はじめに今週の話なのですが、また更新ずれると思います。

リュウソウジャーが水曜になって、ゼロワンが金曜くらいになると思います。うむ…。

まあ、来週休みだしな。関係ないか。


今日は、日曜日なのでスター☆トゥインクルのプリキュアの感想です!
今週は、ユニとアイワーンが対決する話ですな。
故郷を無くしたアイワーンと、居場所を奪われたユニとの決戦――

想像以上に悲痛な戦い。アイワーンが叫ぶたびに胸締め付けられる。
攻撃されて報復して、お互い争い続ける中で、実は同じ悲しみを持っていた事に気づくという展開は、ちょっと鳥肌立ちました。
悲しみを受け入れてアイワーンを許すユニはほんとに格好良かった。
最終的には和解するものだとは思ってましたが、ここまで見事にまとめるとはなぁ。
ピーチVSイースを彷彿とさせる、プリキュア史に残る名勝負だったと思う。ずげぇよがっだ・・・。

 

アイワーンはバケニャーンにやっぱり思い入れあったっぽいですね。
ハッケニャーンの姿を見るたびに、アイワーンがしおらしくなってたのがえらいかわいかった。
アイワーンがめちゃくちゃ怒ってたのは、同時に二つの居場所をユニに奪われたみたいな感じだったからなんですかねえ。
「私はバケニャーンという巣を見つけたんだ。なのにお前はそれを笑った!」みたいな…!

 

そんなプリキュア。

AI「トゥインクルイマジネーションの情報の分析、完了」

 

黄昏れるユニから始まる今週のプリキュア。

というか冬服になっとる! ユニが脇かくしとる!?

脇で息してるんだろ! 窒息してしまう!!

ひ「おぉ! で? 何か分かった?」
AI「結論から申し上げますと…」
ひ「うん、うん」

 

キラやばひかるかわいい。

ひかるもだいぶ厚着になった。

AI「なにもわかりませんでした」

 

結局何もわからず。

なんかダメージ受けてるララがすてき。

え「これ以上、打つ手なしって感じ?」
ユ「こうなったら奥の手ニャン。探索も科学的な分析もダメなら…星読みしかないわ」

ま「星読みって占星術のことですか?」
ユ「ええ、宇宙一のうらない師にうらなってもらうのよ」

 

万策尽きて神頼み…!

え「宇宙一のうらない師、キラやば〜っ」

 

再びのキラやば。

旅立つ二人。

今週も映画バージョンですな。

制服って事は修学旅行かなにかでしょうか。

こっちも二人で行動。

ユニは警官と一緒だろうし、二人づつ別行動なんですかね。

ひかるが三年の修学旅行をうらやましがって、ぼくも行きたいよララえも〜ん!って展開…?

やっぱりおとめ座貫禄あるのう。

でもエターナルセーラームーンばりに羽が邪魔そうだな。

コスモが前に出るとみんなが隠れてしまう。

いて座セレーネもかっこいい。

描くのめんどくさそうな衣装でバトルって、さすが映画ですな。

映画でも脇を見せるコスモ。

来週プリキュア休みだから来週中にいきたいものです。

 

そして本編。

うずくまるアイワーン。

密航者かなんかなんですかね。

ア「は…?」

神!

ア「は…」

 

ガルオウガの神々しい姿にアイワーンは救われた様子。

これが某ガンダムだったら「俺がガルオウガだ!」とか言い出すところだった。

夢だった。

この中で寝泊まりしてるのか。

ア「プリンセスの力!?」

 

ドラゴンボールがごっそり集まってた。

悪くなった。

アア「プリンセスの力…キュアコスモが来たっつーの。ぶったおすっつーの」

 

希望に満ちるアイワーン。

ユ「あの星よ、ウラナイン星」

 

軟膏みたいな名前の星だな。


蟷螂「シャシャシャッ」

蟷螂「ハイッ」

カラカサ「表からの表〜うん、いいことあるカラ〜ホッホホホ」

 

妖怪の星かと。

ユ「この星では、占いがさかんなの」
ひ「キラやば〜っ、楽しそう」

 

キュアフォーチュンがいそう。

ユ「ここよ。宇宙一のうらない師が、ここに」
プ「そのわりにはこぢんまりとした所でプルンスな」
ユ「わたしの中では宇宙一なの」

 

まちからえらい離れた場所に住まう宇宙一の占い師。

プ「はぁ? わたしの中って?」
ユ「う…うるさいニャン」

 

結構ユニにあたりの強いプルンス。

ハ「この気配、この声…レインボーの少女か」
ユ「しばらくね」
ま「この方は…」

 

スピードワゴン!

ハ「そのとおり。たしかに、この目は見えないが、このハッケニャーン。心の目で、すべてお見通しなのだ!」

 

かっけぇ。


ラ「わたしたち、こっちルン」

 

ユニすごい目(笑)

ひかるが微妙にキラやばしててじわじわくる。何に感動してるんだ。


ハ「このハッケニャーン、心の目で、すべてお見通しなのだ!」

ハ「お見通しなのだ! お見通しなのだ! お見通しなのだ…」
プ「そこはかとない不安感でプルンス」

 

プルンス絶望。

え「当たるもはっけ、当たらぬもはっけ。とにかく、うらなってもらおうよ」

 

えれな大人。

ハ「で、何を見る?」
ユ「トゥインクルイマジネーション」
ハ「おっ…」


ユ「見つかれば、わたしの星が元にもどるの」

ハ「さがし物は大切なものと見える」

 

目が見えないのになんで眼鏡かけてるんだろ。

ひ「おねがい、ハッケニャーンさん」
ハ「うむ、よかろう」

 

料金は後払い。

ま「星読みは奥の手と言っていましたが」
え「あまり乗り気じゃない感じ?」
ユ「まぁね、心の中を見すかされるようで苦手ニャン」

 

空を見上げる三人。なんかかっこいいな。

ひ「見て、いっぱい星座かいちゃった。この星空、キラやば〜っだよ」

 

ひかるはテンション上がってる。

フ「ハッケニャーンにもらったフワ」

 

マタークッキー再び。

パワーアップした姿であれ食ったら宇宙滅びそう。


プ「それ、マタークッキールン!」

ユ「ハッケニャーンのお手製ニャン」
フ「フワ、大きくなったし平気フワ〜」

 

もうこの時点でララの顔が面白い。

フ「ひと口だけフワ」
一同「ダメだよ!」

ララ「ダメルン」

 

そして予告のシーン!

だからなんでまどかとララは半笑いなんだよ(笑)

フ「じゃあ、ふた口フワ」
プ「ふえてるでプルンス」
フ「ちょっとペロッとするだけフワ!」

 

フワすっかり注毒だな。

すごい楽しそう。


ア「あいつ〜」

 

恨みがましく眺めるアイワーン。

目がデカいから遠くからでも表情よく見えそうだな。

遠近感は無さそうだが。

ア「あ、ああ…」


ユ「バケニャーン?」

 

ときめいてる。

ユ「あっ、星読みの準備、できた?」
ハ「いや、読む必要はない」
ユ「えっ?」

 

いきなり占い拒否。

ハ「この野草でいれる茶は格別でね。みんなにふるまおう」


ユ「お茶なんていいわ。どうして星読みをしてくれないの? トゥインクルイマジネーションはあなたが言ってたわたしの運命の星かもしれないのに!」

 

ユニ切実。

そして回想。

ユ「ちがった…」

ハ「レインボー星人でなくて残念だったか?」
ユ「えっ?」

 

ユニは片っ端から星をまわってレインボー星人探してたんだろうか。

ハ「わたしの星読みはね、目が見えぬわたしに代わって依頼者に星を見てもらう」
ユ「星読みって、わたし、別に…」
ハ「さて、何が見える?」

 

ユニのこの服装かっこいいな。


ユ「さぁ、何も見えない…」

 

揺らぐ花――

ハ「すべてをうしなったか」
ユ「えっ?」

ハ「大切な人々をうしなったお前のはげしいいかり、にくしみが、わたしには見える」

ユ「ゆるせないニャン。みんなを石にしたあいつだけは…」
ハ「深い悲しみにとらわれているな」

 

星のようにひかる涙――

ハ「故郷の仲間とにた者がいる。そのうわさをたよりにここへ来た、そうだね?」
ユ「仲間がいるわけないよね」

ハ「皆をもどす方法はある」
ユ「えっ? 本当ニャン?」

ハ「星読みはウソをつかない。お前の運命の星を見つけるのだ」
ユ「運命の星?」
ハ「この星空界よりも。ずっとずっとはるか遠くの空に輝く星。その星がお前をいざない共に光り輝くであろう」
ユ「星空界よりも遠く…」

 

そういえばユニも星空界にいたんだな。

やっぱり10年くらいかけて地球にやって来たのかなと思ったけど、ひかる達と一緒にフワのワープで地球にきたんだっけ…?

よく覚えてないのでヒマな時見直してみよう。

ハ「あんずることはない」

 

なんかアイテムくれるのかと思ったら、

ハ「わかい頃は、わたしも遠い宇宙を旅したものだ。今となっては、かなわぬがね」

 

イケメン?自慢だった。

なんでこんな執事みたいな格好で宇宙を旅してたんだろうか。

ハ「ということで、星読みはしまいだ。で、お代だが…」
ユ「えっ、お金、持ってないニャン!」

 

じゃあ…わかってるね?


ユ「はぁ、しかたないなぁ。では、お代の代わりにその目で見てきておくれ。宇宙を、わたしの代わりに」
ユ「あなたの代わり?」

 

ハッケニャーン気前よかった。

しかし代わりに見てきてくれって頼まれてたのに、できればもう行きたくないみたいな雰囲気かもし出してたんだな(笑)


ハ「よいか、お前はすでに運命の星を見つけている」
ユ「えっ!?」
ハ「お前のさがし物は運命の星がいざなう見つけた星と共にある」


ユ「星って一体…」

その時、謎の飛行機が…!

バ「くう!」
ユ「アイワーン!」

 

CMとともにアイワーンが降臨。

ガチに殺りにくるアイワーン!

ア「お前だけ、なぜ!」

再び回想。

今のパーカーと似てるようでちょっと違うな。べつのやつかな?

だぶだぶだし、サイズの合う服を手に入れられないほどに困窮していたのだろうか。

かわいい。

ア「あぁ…」

ウルトラマンみたいなのがいる。

テ「あら、おじょうちゃん。どこから、もぐりこんだの?」
ア「あたいは、ねるとこなくて。ここ、どこだっつーの?」

 

ストリートチルドレンだった。

テ「フフ…ここは行くあてのない者たちの集まる地」

 

テンジョウは全然変わってない。


ガ「居場所がないならばここで生きよ」

ガ「見すてた者たちへの怒り、憎しみを力にかえるのだ!」

 

児童にまでゆがんだ思想を…。

ガルオウガはこれがなければ立派な人なんだけどな。

ア「あたいの新発明だっつーの。このスーツを着れば…」

ア「誰でも…すんごい力、出るっつーの」

 

やっぱり中に砂が入ってるとかじゃなくて普通の人?がはいってたんだな。


ガ「ほう、なかなかだ」

ユ「使えそうね」

ア「キヒヒ」

 

幸せそうだ。

ア「お前が居場所をうばったっつーの」

ユ「はあはあはあ…!」

次はユニの回想。

両方の立場を比較するように描いていくの面白いな。

ア「ケヒャハハハ。暴発しないっつーの。実験、いい感じだっつーの」

ユ「実験…」

ア「この調子でダークペンを完成させるっつーの」

 

この実験が失敗して爆発してたらスターペン一個失ってたな。

バ「おうわさは聞いております。わたしの力、超天才科学者のあなたさまのお役に立てるかと」
ア「超天才科学者? ケヒャハハハ! で、あんたの名前は?」

バ「ハッケ…あっ、いえ。バケニャーンでございます」

 

アイワーンをおだてて配下に入ったのか。

ユ「レーダーの改良ですか? 精が出ますね」


ア「ケヒャハハハ。これでプリンセスの力もすぐ見つかるっつーの」

ユ「フフ…」

 

企んでるのう。

ユ「お前だけは! 闇のケミストリー! 爆発だっつーの!」

 

久しぶりの新バンク!


ア「アイワーンロボ、23号だっつーの!」

 

前が16号だったからだいぶ増えた。

17から22はまた試作機だったんだろうか。

ア「よくも、あたいを利用したっつーの。ただじゃおかないっつーの!」

ユ「それはこっちのせりふよ! わたしの星を、みんなを返して!」

 

ガッツリと宿敵同士。いいなぁ

ユ「スターカラーペンダント! カラーチャージ!」

 

久しぶりの単独バンク!

脇も解放されてやっと呼吸が出来る。

この一人一人変わっていくのも久しぶりだ。

ユ「きらめく〜星の力で〜あこがれの〜ワタシ描くよ〜」

 

この連打も久しぶり。

コ「銀河に光る! 虹色のスペクトル! キュアコスモ!」

 

単独だけど短縮バンク。

両者激突!


ア「ウオーッ!」

コ「ハァッ!」


コ「タァッ! ハッ!」

 

キャノピーに掌底!

プリキュアの力を持ってしても破壊出来ないとは結構頑丈!

ア「改良を重ねた23号を」

ア「なめるなっつーの!」

かっけぇ!

バーニア開くところにこだわり感じる。

ウェイブライダーで特攻!

動けコスモ!なぜ動かん!

ア「うおおお!」

 

ここからいなくなれー!

やばい最終回になってしまう。


ミ「かに座! ミルキーショック!」

 

そこにファルル!

ハサミで止めた。

セ「みずがめ座! セレーネアロー!」
ソ「おとめ座! ソレイユシュート!」


ス「うお座! スターパンチ!」

 

すごい集中攻撃。

さすがの23号もなすすべない。

ス「大丈夫?」
コ「助かったニャン」
プ「間に合ったでプルンス」

 

なんとか援軍がたどり着いた。

ア「超天才科学者のあたいは――」

がしゃ

ア「負けないっつーの!」

 

アイワーンの悲壮感がすごい…。

コ「よけて!」

どぎゃーん!

石化ガスが兵器化していた。

ユ「あぁ…」

トラウマがよみがえる。


ア「新発明だっつーの。みんな、みんな石にしてやるっつーの!」

 

心が折れるコスモ。

す「もうやめて!」
ユ「邪魔するなっつーの!」

ミ「ルン!」

 

一応バリアーでは回避出来た。


四人「アァッ!」

 

しかしウェイブライダー特攻には耐えられない!

遠近共に最強!


ア「とどめだっつーの」

コ「あ、あ…」

 

なすすべのないコスモ――

そこにハッケニャーンが立ちはだかる。

ア「あ・・・・・・」

ア「バケニャーン…」

 

バケニャーンは撃てないアイワーン。

このバケニャーンには純情な感じが何とも切ない。

ハ「遠い星を見上げているばかりでは<気づかぬものだ。足元の花の美しさに」

コ「あなたには関係ない。何も知らない他人でしょ!」
ス「知らないからだよ」
コ「えっ?」
ス「だってさ、キラやば〜っだよ。だから、わたしは守りたい!」

不意にスターのことを思い出す。

ア「何、訳の分かんないこと言ってるっつーの」

ア「どいつもこいつも、知らないっつーの!」

 

破れかぶれで砲撃するアイワーン!

ばし!

ずれた。

ア「グッ…うぅ…ゆるせない。ゆるせないっつーの」

ア「あたいの居場所をなくしたお前だけは」

ア「絶対ゆるさないっつーの!」

 

ほんとアイワーンの叫びが真に迫っていて痛切…。


ユ「ゆるせないニャン。みんなを石にしたあいつだけは!」

コ(同じだ)

コ(アイワーンとわたし…)

 

ようやく自分の足下に気づくユニ。

その瞬間、謎の光が!

ビームが利かない!

ア「なんだっつーの!」

コ(わたし…)

コ「わたし」

コ「あなたのこと」


コ「傷つけてた」

コ「ごめんニャン」

ア「は…」

ア「なに、あやまってるんだっつーの」
コ「今なら分かる、あなたの気持ち」
ア「何が分かるんだっつーの!」


コ「苦しかったんでしょ? アイワーン」

コ「わたし…、決めたニャン。あなたを…ゆるす!」

ア「なんで…なんで、そんなこと言うんだっつーの!
コ「過去だけを見るんじゃなくて前に進んでいきたい。あなたと一緒に」

コ「自分だけじゃなくてわたしは、みんなと一緒に…未来に行きたい!」

胸のアイテムが…!

なんだっけこれ。

謎の光りがアイワーンに迫る!

ア「えっ…」

 

アイワーンにユニの過去が伝わっていく。

フ「フワ…?」

牛「あ…?」

ダ「この力は…」

フ「トゥインクルイマジネーションフワ!」

呆然。

ハ「ほう…」

コ「みんな…」

 

神々しい。

四人「うん」

それでスタートゥインクルイマジネーション!

23号退職!

呆然とするアイワーンに手をさしのべるユニ。

ユ「行くところがないんでしょ。だったら…」

ひ「地球に来ればいいじゃん」

にこやかに迎える一同。

そうは言っても単眼は隠せないからなぁ。。。

ア「よ…よけいなお世話だっつーの!

ア「おぼえてろっつーの!」

 

また乗り物持ってかれた。

ユ「ほんと、世話がやけるニャン」

 

これで終盤戦に救援にでも来るのだろうか。

ひ「トゥインクルイマジネーションも見つかったし。ウラナイン星、キラやば〜っだったね」


ラ「ひかる、よくかけてるルン」

 

うまい。

ユ「まぁ、なかなかいい線いってるニャン
え「ほんと、素直にほめないねぇ」

ハ「見つけたな。さがしていた星を。レインボーの少女よ」

 

ハッケニャーンもかっこいいのう。

ユニの笑顔と共に終了。

いい話だった…。

川澄さん「あ…?」の一言のためだけに呼ばれたのかな(笑)

やっぱりまとめ撮りだろうか。

ダークネスト様も一言しかしゃべらなかったしな。

 

そして次回。

ユ「英語のスピーチコンテスト?」

 

この先生初登場かな?

ラ「えれなが出場するルン」

 

かわいい。

え「新しい先生に指導してもらえるんだ」
ま「あの先生、どこかで…」

 

一体誰なんだ! 想像が付かない!

と思ったらタイトルで思いっきりネタバレしてるじゃないですかー!

天上先生とかせめて漢字で誤魔化せよ(笑)

しかしこんな形で仮面外した顔が見られるとは。

意外だった…。

それで今週強いのは、うお座かに座やぎ座。

相変わらず魚と蟹はセットだなぁ。

 

コメント
ララは腋で呼吸をしていたのですね(笑)ハッケニャーン、渋くてカッコ良かったです。言動も深くて……ユニは彼をモデルに化けていたのですね。それにしてもお代のところのわかっているね?の部分が同人っぽくて爆笑しました。じゅうやさんのネタは最高なのです!敵を許すって中々できないことですよね。アイワーンはツンデレっぽくなりましたが、もう敵対することはないのでしょうか。気になりますね。ノットレイがスーツだったのにも驚きましたが、テンジョウの鼻が飾りだったことはもっと驚きました。アレは仮面の一部だったのです!来週は休止ですが、次回が楽しみです!
  • かぐやファン
  • 2019/10/28 6:35 AM
あれだけ脇出してると、脇で呼吸してるとしか思えませんねえ。
ハッケニャーン格好良かったですね。盲目だけど全てを見通すってシュウのような渋みがありますよね。
お代払わなくっていいなんて結構気前いいですよね。普通だったらああなるのに…(笑)
ユニがアイワーンを許す展開はほんと感動しました。直前まで憎んでたのにふと気づく感じが素晴らしかったです。
アイワーンこれからどうなるか気になりますね。
ユニと和解はしたけどノットレイダーを裏切ったわけではないから、戦うわけにもいかないですしね。
テンジョウまさか素顔見られるとは思ってなかったんでびっくりですねえ。本物の鼻は意外と低いですね(笑)
一週空くのはつらいですねえ。早く次回みたいです。
  • じゅうや
  • 2019/10/28 8:37 AM
えれなは唐笠の人を見て平気だったんでしょうかね。
一つ目じゃないのはアイワーンとかぶらないようにするため、一本足じゃないのは下駄を飛ばしやすくするためでしょうか。
  • 二白桃
  • 2019/10/29 9:25 PM
そういえばえれなってお化け苦手でしたね。
宇宙人と思えば怖くないのかも。
唐傘のデザインがいろいろ違うのは、むしろ鬼太郎とかぶらないようにするためじゃ(笑)
  • じゅうや
  • 2019/10/29 11:17 PM
「スター☆トゥインクルプリキュア」の全話のキャラの台詞(一人称、二人称、その他云々)が平仮名表記で読み難い。漢字表記にして欲しい
  • 匿名
  • 2019/10/30 4:54 PM
キャラの台詞(一人称、二人称、その他云々)とは、「」の前の名前の頭文字のことですか?
  • じゅうや
  • 2019/10/30 7:50 PM
いや、「」の前の頭文字の他、「」内の私・俺と言った一人称、君・お前・貴様と言った二人称、その他云々の事を指して言っている
  • 匿名
  • 2019/10/30 10:09 PM
「」内のキャラの台詞(一人称、二人称、その他云々)の事を指して言っている
  • 匿名
  • 2019/10/30 10:17 PM
理解しました。
今後はなるべく意識して書いてみようと思います。
  • じゅうや
  • 2019/10/30 10:30 PM
この話をもう6話〜12話早くやってほしかったです。第26話〜第32話までにやってほしかったです。そうすればアイワーンが6人目のプリキュアになれるチャンスだったのに。
なぜ8月の上旬から9月下旬までにこの話をやらなかったのか凄く不満です!!

アイワーンの黄色いパーカーのフードを取るとどんな髪型になっているのか気になります。フードが取れたら映画のプリキュアミラクルユニーバースの6色の6人のプリキュアの絵のステンドグラスのオレンジ色のプリキュアの絵みたいなショートカットの髪型になっているのでしょうか?髪を切ったという展開にならないでしょうか?その後に赤色かオレンジ系の6人目に覚醒し変身する流れになってほしいですが可能性は高いでしょうか?

アイワーンが孤児なのは想定外でした。てっきりフワがマタークッキーを食べようとしてひかる達が「ダメ!!」といった時のあの顔がアイワーンそっくりな少女を見つけて「アイワーン!?」と驚いていたのかと思ったら違いましたね。
アイワーンはどこかの星か宇宙星空連合の上層部にある精鋭科学チームに属していてまたは惑星レインボー出身でユニと同じレインボー星人の仲間で、ダークネストか黒幕によって拉致され、姿と声を記憶を変えられて洗脳された少女という展開になるのかと思ったのに。アイワーンはレインボー星人で二つ目だが片目に眼帯か前髪で隠していて、片目に1時間先までか1年先までに未来が見える未来予知や相手の技や動きをコピーできる能力や相手に10分間幻惑を見せる事が出来るなどの能力を持っている特殊な目で瞳が虹色でもう片方の眼の瞳が赤か黄色の設定の美少女という設定になってほしいです。第40話〜第43話までにアイワーンの正体を明かしてほしいです。

アイワーンがもしユニとひかるの「行く所が無いなら地球にくればいいじゃん!」の誘いをそのまま受け入れてロケットに乗っていたらどうなっていたでしょうか?地球へ行ってほしかったです。

アイワーンはもう敵として再登場しないでしょうか?完全に和解したのでしょうか?ユニの過去を知ってレインボー星を元に戻しに行ったのでしょうか?復活した永遠のオリ―フィオが復活してアイワーンが元に戻したという報告を受けて、アイワーンを6人目のプリキュアにする展開をやってほしいです。

次にアイワーンが登場するのはいつでしょうか?11月中にまた登場するのでしょうか?プリキュアの味方として。

アイワーンがプリキュアにノットレイ達のスーツを脱がすまたは頭のアンテナを壊せばノットレイ達は正気に戻ると教えてプリキュアはノットレイ達を解放する展開のシーンがこの先あるでしょうか?

アイワーンが6人目のプリキュアに変身してほしいです。パーカーのフードを取ったら映画のミラクルユニバースのステンドグラスのオレンジ色のプリキュアの髪型にイメチェンして、プリキュアやフワを守りたいという思いが応えてフワがアイワーンに変身アイテムを与える展開になってほしいです。変身スターカラーペンはアイワーンが実は既に所持していて、ペンダントはダークペンにする黒いインクを入れているボトルみたいな発明品に実は改造されてそれがヒビが入って割れてペンダントに変わってそれで赤色で虹色のスカートの6人目に変身する展開になって欲しいです。可能性はあるでしょうか?


※これらの感想や問いを全て答えてほしいです。
  • ルイージ&クリボー
  • 2019/11/02 9:41 AM
今回いい話でしたね。
アイワーンとは和解した感じなので、いずれ一緒に戦ってくれるとは思います。
アイワーン孤児でしたね。やっぱりアイワーンの星も何らかの形で滅んでしまったのでしょうね。

アイワーンはパーカー取ったらいつもの髪型でしょうね。どうやって収めてるのかは謎ですが。
今のまま地球に行っても、単眼ではまともに住めないでしょうから今のまま行くのは難しいでしょうね。

もう11月ですし、アイワーンがレギュラーのプリキュアになる事はないと思います。
ハグプリみたいにゲストのプリキュアならあるかも知れないので、そちらに期待ですね。

※文量が多すぎて全てには答えられません。同じ話は繰り返さずに、質問を絞って一つか二つにしていただけると助かります。
  • じゅうや
  • 2019/11/02 9:31 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
素直になれない者同士のすれ違い。 同じ悲しみを背負ったユニにゃんことアイワーンちゃん。 憎しみ合っていてはいつまでも陽は差さぬ。 「赦す」ことも大事、ユニちゃんの笑顔が清々しい。 やっぱり素直になれないアイワーンちゃん^^; でも和解には確実に一歩前進
  • のらりんすけっち
  • 2019/10/28 4:14 PM
ユニの露出度激減冬服にガックリガクガク。 トゥインクルイマジネーションとは? AIにもわからんので、インチキ占いの星で占ってもらってみることに。 盲目の占い師・八卦ニャーン登場、「バケニャーン」のモデルか。 どうもハッケニャーンの言うことは観念的で、意味
  • 新四十路男の失敗日記
  • 2019/10/28 7:23 PM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM