スター☆トゥインクルプリキュア 第40話 「バレちゃった!?2年3組の宇宙人☆」

  • 2019.11.18 Monday
  • 00:48

こんばんは。
最近のアンドロイドって、トップ画面から左にスライドさせると、検索履歴とかから興味ありそうなニュースが出てくるようになってますが。
昨日それ見てたら、いきなり来年のプリキュアのタイトルバレの記事が目に飛び込んできて、うぁ!ってなったった。

登録商標からバレるので、11月頃には毎年出回ってるみたいです。
別にタイトルなんていつ知ってもかまわないけどさぁ…問答無用でばらされるとさすがにイラッとくるな。
下手すると追加戦士もこんな感じでネタバレされるかも知れないので、新作始まったらプリキュアは7月くらいまで「表示しない」に設定しといたほうが無難かもしれんです。
迷惑な話だねえ。。。

 

ともかく今日は、日曜日なのでスター☆トゥインクルのプリキュアの感想です!

今週は、ララが宇宙人ってばらされる話。

ばれちゃった!? だから実はバレないんじゃないかと思ってたけど、普通にバレましたな。不覚…。

というか宇宙人だってバレるところか、まさかのプリキュアバレ回だった!

まだ11月だというのに、今年は早いですなぁ。

 

まあ、クラス限定で冬貴さんにはバレませんでしたが。
この人の場合「俺の娘がプリキュア!?」ってなってしまうからな。
そんなことになったら「留学? いやいやそれよりプリキュアってなに!?」ってなってしまいそうだし、相当終盤じゃないとばらせないだろうなぁ。

 

ともかく今回は、幸せなララの日常が一転してみんなの態度が変わるという、なかなかエグい展開。
後の展開が想像出来るだけに、出だしの幸せそうに髪を直してる所からしてもうやばい…。
見直したらここだけでちょっとうるっときてしまった。

 

周りからどう見られていようと、ララのクラスを思う気持ちはまったく変わらなかったというのも泣ける。
どう見られてもいい、しかし私はみんなを守るっていう、この悲愴なまでにぶれない姿勢がなんてかっこいいことか。
そこからみんなの応援を背に戦うという展開も、染みる。。。
なんかもうプリキュアのいいところを凝縮したような話で、ほんとすばらしかったのう。
ここ最近のプリキュア話がよすぎてたまらん…!

 

しかしすごくいい話だったんだけど、唯一残念だったのが、カルノリと桜子さん以外の同級生に名前がないことかなぁ。
みんな結構目立ってるのに名前がないから、どうにもモブ以上になれてないというかなんというか。
名前書くときに「女子」って書かなきゃならないのがなんか微妙な気分になるんだよ(笑)
せめて「ルンちゃん」って言ってる子くらいには名前つけて欲しかったなぁ。。。

 

そんなプリキュア。

美しい。。。

ハグプリ一話の出だしを思い出すのう。

AI「すてきです、ララさま。ですが、もうそろそろ学校の時間が」

ラ「わかってる、あとちょっとルン♪」

 

しかしこの希望に満ちた出だしが、逆に不安を駆り立てる…。

 

ラ「おはようルン!」

女子「おはようルンちゃん」


桜「ごきげんようですわ」

 

桜子さんも機嫌良き。

カ「おーす! 星奈! ララルン!」
ひ「おはよう!」
ラ「おはようルン!」

 

カルノリもいつも通り軽い。

冬「・・・・・・」

しかし外ではメンインブラックが見張ってた。

OPは今週も映画バージョン。

それにしてもララがかわいい映画だった。

GO!GO!想像以上の〜彼方へ〜♪

ダンスがOPの歌と妙に合ってた(笑)

 

それで本編。

すげぇ。

プ「さぁ、さぁ、手伝うでプルンスよ」
え「まどかさんは? 生徒会の引きつぎだってさ」

 

放課後、下級生よりも早く帰ってロケットを拭いてるえれな。

すごいところに座ってるな。

え「まどかのお父さん!」
ひ「うわっ、うわ〜。な…なんでもない! 全然、全くロケットなんかじゃないよ〜」

 

そうこうしているうちに思いっきり目撃される。

ア「ザッツライト! このロケットは新作映画。未知とのSoGoodで使用する大道具なのです。イエス!」」


ひ「アブラハム監督〜」

ア「また来ちゃったよ、もう、元気〜?」

 

久しぶりのアブラハム監督。

こんなノリの人だったっけ(笑)

冬「ごぞんじですか? 最近の森でのさわぎを」
ラ「オヨ!」

 

ララに影がかかってて不穏。

プ「も…もしかして、あの時でプルンスか〜」

 

これももはやだいぶ前な気がする。

冬「私の局でもレーダーによる捕捉をと、目を光らせていましてね…」
ラ「オヨ…ウッ…」

 

そういえば冬貴さんの局って自衛隊に協力仰いでるとかではなくって、自前でレーダー持ってるんだな。

政府、宇宙人補足にめちゃくちゃ力入れてるな。


ユ「でも…レーダーに反応はなかった…でしょ?」
冬「君は?」
ユ「撮影を手伝ってもらってる子で…」

 

なにげに初遭遇なのか。

冬「ああ、レーダーに反応はない。政府も、映画の撮影だと認識しています」

 

まだバレてなかった。

ラ「オヨ〜」

 

ひと安心のララ。

もうずっと影かかってる。

冬「むろん…」
ラ「ルン!」
冬「私は納得していませんがね。尻尾をつかんでみせるよ。羽衣ララくん」
ラ「ルン…」

 

ルンだけで感情表現するララに、まだ諦めてはいないの冬貴さん様子。

冬貴さんなんでこんな執拗に宇宙人にこだわるんだろうな。宇宙人に親を殺されたのか。

ラ「レインボー鉱石の指輪ルン?」
ユ「そう、これで地球のレーダーをごまかせるニャン」

ひ「なるほど」

 

こんな便利なものがあったのか。

加入して4か月以上経ってようやくくれるとは…。


ひ「アブラハム監督は、なんで来たの?」
ア「ララくんから、トゥインクルイマジネーションを発見したと報告を受けてね。でも、まさか君たちから生まれる力だとは…」
ひ「だよね〜」
ラ「ルン!」

 

どやってるララがかわいい。

ア「だが! 一難去ってまた一難。プリキュアだとばれることのないようにな」
ひ「分かってるって!」
ラ「ルン!」
ユ「な〜んか、軽いニャン」

 

あきれるユニ。


桜「どちらさま…ですの?」
冬「君は…羽衣ララくんと同じクラスだね」

 

冬貴さん今度は桜子さんのところに。

桜「え…ええ…」

 

やばい。

プルンス寝る。

ララは幸せそうに読書。

尊い…。けど不穏。


ひ「おはよう!」
ラ「おはようルン!」
カ「ララルン…」

 

翌日。

カルノリが軽くない…!


ラ「おはようルン…ルン?」

女子「お…おはよう…」

 

明かりもつけないで、空気が重い…。

ラ「・・・・・・」

桜「み…皆さん。授業が始まりますわ…」

 

まるで弱みを握られてるかのよう。

ラ「こっちルン!」

 

レアな装いのララ。

女子「あっ…」

ラ「オヨ?」

 

マークされてる方にパスをする女子。

乱心!!

ラ「オヨ」

 

尻が触れあう二人。

こんな時でもオヨがかわいい。

ラ「ご…ごめんルン」
カ「う…うん…」

 

なんでも「おもしろい」ですましていたカルノリがこんなになるって、相当深刻だな。

ラ「は!」

やばい。

ひ「ララ」

 

味方がひかるしかいない。

これが去年だったらひかるまでいじめの対象に…。


ラ「ご…ごみすてに行ってくるルン!」

 

足腰が強いから…。


ひ「みんな、どうしちゃったの? なんか、今日変だよ! ララが何かしたの!」

 

憤りを隠せないひかる。


桜「特別講師のジョー先生が突然消えたり、学校に巨人が出たってうわさに…羽衣さんが関係なさっているかもって…」

 

ジョー先生は羽衣さんに消されたって思ってるのか。

当たらずとも遠からずではあるが。

桜「旧生徒会長のお父さまが…」

 

やっかいな保護者だなぁ。

桜子さん、まどかと仲良くなったんだから「お前のとーちゃんなんか言ってたで」って確認しとかないと。


桜「それに、聞かれましたわ…何か、かわったことがないかと! それで、思い出しましたの…以前、意識をうしなって! 目がさめると、羽衣さんと星奈さんたちがいらしたわ!」

カ「オレも、気ぃうしなったことが…そん時、やっぱりさ、ララルンと星奈たちがいた…」
ほ「それは…」

桜「おっしゃっていましたわ! 世界中で宇宙人によってつれ去られた人々が記憶をうばわれているって! アブダクションっていうのでしょう。宇宙人が地球人をつれ去って人体実験をするっていう!」
ひ「そ…そんな!」

桜「わたくしたちの身の周りに異変が起きたのは羽衣さんがあらわれてからですわ! 本当に羽衣さんは、宇宙人なのではなくて!」

 

ノリが80年代だ。

矢追純一の番組を刮目してみてそうな。


桜「星奈さん、あなた心当たりない? 記憶をなくしたり…」
ひ「な…ないよ!」

 

聞いてしまうララ。


桜「あなた、羽衣さんにあやつられているのではなくて」
ひ「ララが…そんなことするわけないじゃん!」

ひ「ララ! ララー!」

 

切ない…。

校内放送「下校時間です。のこっている生徒は早く帰りましょう」

ラ「……」

 

図書室で黄昏れるララ。

ラ「ララ…さがしたよ」
フ「フワ…」

 

フワも来てた。

ラ「ひかる、教えてくれたルン。本は色んな所に行けるって…想像の力で…本を読みたくて、頑張って字を勉強したルン。本は楽しいルン。地球人の考え方も分かったルン。でも…」


カ「今に裏切られるぞ…」


ラ「みんなのことは、分かったつもりだったルン。やっぱり、私はサマーン星人。地球人からしたら、異星人ルン

ひ「ちがうよ…異星人とか、地球人とか関係ないよ! だって! ララは…ララだもん!」

ラ「・・・・・・」

ラ「ひかる…苦しいルン」
ひ「あっ、ご…ごめん!」

 

あやうく絞め殺すところだった。

ぴっ!

ひ「はっ…」

ラ「ひかる…ありがとうルン」

 

顔は向けずに触角だけ触れてるってのがいいな…。


カ「ララルン、本当に宇宙人なのかな」
桜「わたくしだって、信じたくないですわ」

 

信じたくなくても触角生えてるしなぁ。


カ「つーかさ、宇宙人なんかほんとにいるのかよ」
桜「後ろ! 後ろをごらんあそばせ!」

 

志村!


カ「いたー! ユ…UFOー!」
カッパ「ハハハハ…ゆがんだイマジネーションが大豊作だ!」

 

救世主が来た。

冬「あれは!」

 

冬貴さんも目撃!

カ「このカッパードから逃げられるとでも?」

 

追い詰められる生徒達!


ラ「やめるルン!」
桜「羽衣さん! 星奈さん!」

ラ「出たな、プリキュア!」

桜「プリ…キュア?」

 

ばらされた!

ラ「みんなに何するルン!」
カ「当然、ゆがんだイマジネーションをいただくのさ。だから言っただろう、いつか裏切られると。このようなおろかな種族に、サマーン星人のお前のことなど理解できるはずがない!」

桜「サマーン星人…」
カ「ララルン、やっぱり…」
カッパ「フッ…なんとみにくいイマジネーション!」

 

カルノリ、いつもだったらおもしろいで済ませそうなのにな。

やっぱり頭の中いじられたとか思うと心穏やかじゃないんだろうか。

カッパ「異星人どうしが分かり合えるはずなどない!」
ラ「そんなことないルン! みんな、いい子ルン! 私にやさしくしてくれたルン!」

ラ「学校になれない私を、ひかると日直にしてくれたり、ハロウィーンで一緒に仮装したり、優しくしてくれたルン!」

 

日直をひかると一緒にしてくれたって優しいな。

カ「フン、そんなさまつなことで本当に分かり合えたとでも?」
ラ「分かってもらえなくてもいいルン!」

ラ「私のことは分かってもらえなくても! 私にとっては、大事な友達ルン!」

桜「は」

カ「あ…」

女子「は!」

 

心打たれる生徒達。

みんなの前でも気にせず変身しようとするララ。

かっこいい。


ラ「ひかる、みんなの前で変身したら…それでもいい、だって…私はララの…友達だから!」

 

ひかるも熱い…。


ま「大丈夫ですか? わたくしも!」

 

まどかまで!

横で見てたのだろうか。

え「うわぁ〜!」

女子「天宮先輩まで!」

え「この状況は…」

ユ「どういうことニャン?」

 

雑に連れてこられる二人。

ユニ、カルノリと久しぶりの再開だ。

え「なるほど…やるしかないってわけね!」

ユ「いくニャン!」

 

一瞬で全てを悟る二人。

ラ「みんな…ありがとうルン」

 

ララも元気をとりもどす。

ラ「変身ルン!」

 

みんなの前で変身することに。

完全にララが主人公ポジションか。

それでララ忠臣の五人変身バンク!

ひさしぶりだ。


一同「スター☆トゥインクルプリキュア!」

おお〜。

桜「星奈さん、羽衣さん…?」

 

バレてしまった。

ス「はあー!」

コ「はっ!」

 

強い。

セ「はあ!」

一発で四人を仕留めるセレーネ!

ソ「はあ!」

強い。

カ「すっげぇ…」

桜「これが、プリキュア…」


カ「さぁっ! ゆがみをいただくぞ。おろかな地球人ども!」

 

観客達に襲いかかるカッパード!

そこにララが立ちはだかる。

かっけぇ。。。


カ「分からんな。なぜ、お前が地球人を守る?」

ミ「たしかに私は、サマーン星人ルン」

ミ「でも、私は…私は2年3組、羽衣ララルン!」

 

強いられるララルン…熱い。

カ「ララルン…」


女子「ルンちゃん…」
桜「羽衣さん…」

カッパ「フッ、笑わせる。その守ろうとしている者たちのゆがみに、やられるがいい。さぁ、吸え! ゆがんだイマジネーションを!」

 

今日のカッパードは迷いがないな。

カ「がんばれ!」

 

その時、カルノリの声が…!

カ「がんばれ! ララルン!」

 

最初に声上げたのがカルノリってのが熱い…。

女子「ルンちゃん!」

桜「負けてはならなくてよ!」

女子「がんばって!」

男子「がんばれ!」

 

声援が沁みる…。


カッパ「ゆがんだイマジネーションが…すべて消えているだと」

 

更生すると取れなくなる様子。

カッパ「アッ! ちょうどいい」

 

代わりの人発見!


カッパ「わが刃よ! とくとすえ! ゆがんだイマジネーション!」

せ「お父さま!」

 

冬貴さんゆがんでるかなぁ。

地球に潜入する宇宙人から地球を守ろうとしてるわけだし、ある意味めちゃくちゃまっすぐな気もするが。

手段選ばなくなってきてはいるけど。

さすがまどかの父だけあって弓矢だ。

どうせならまどか回で敵になって弓矢対決やって欲しかった気もする。

カ「くらえ!」

皆死ね矢だ。

最近3のリマスター版が出たみたいだが。


カ「ハハハハ…どうだ! わが武器の力は!」

 

ジャイアントロボの花栄もこんな技使ってたな。

カッパ「なに!」

 

しっかり防がれてた。

守られる一同。

ミ「ウゥーッ!」
カッパ「クッ! なぜそこまでして異星人を守る!

ミ「私は大人ルン! 自分にそう言い聞かせてきたルン! 家族やサマーンのみんなにみとめられたくて…」

ミ「でも! みとめてくれたルン!」

ミ「みんなは…ありのままの私をサマーン星人の私。プリキュアの私。地球人の私。私は、私のままでいていいんだって! みんなが、みとめてくれたルン!」
ラ「ララ…」

 

大人にならないと認めてもらえないと思ってたけど、ありのままでも認めてもらえたという。

序盤の大人発言から今日までの出来事が全部積み重ねになっていた。。。

カッパ「これでも…まだ詭弁が言えるか!」

 

詭弁って何ルン!

ラ「私は、みんなを守りたいルン! みんなと、一緒にいたいルン!」

ラ「私は…私は…」

ラ「私らしくいたいルーン!」

カッパ「バカな! まさか!」


カッパ「この力は…」

 

セブンセンシズ!

フ「トゥインクルイマジネーションフワ!」

ミ「みんな! いくルン!」

 

美しい…。

それでスタートゥインクルイマジネーション!

弓矢退職!

カ「クッ…ありえん…」

 

今回も武器のせいにする余裕無し。

結局カッパードの「裏切られる」って予言は外れたわけだけど、逆にカッパードが今回の件を切っ掛けに心を入れ替える展開になるのかもしれんですな。
次のララ回あたりで決着だろうか。

冬「私は…ウゥッ、記憶が…」

 

酸素欠乏症か。

冬「あっ! 一体、何を…」
ラ「オヨ…」

 

首だけのまどかがかわいい。

桜「羽衣さんは…異星人などではありませんわ! わたくしたちのクラスメイトです!」
カ「もちのろん! ララルンは友達っしょ!」

 

ララをかばう同級生達。

女子1「そうだよ!」
女子2「ルンちゃんは友達だよ!」
ラ「みんな…」

 

いいな…。


ま「皆さんの言うとおりです。ララは、わたくしたちの友人です!」


冬「まどか…」

 

娘が反抗期に…。

カ「ララルン!」

 

帰ろうとするララルンを引き留めるカルノリ達。


カ「あ…あのさ…オレたち、ララルンのこと…」

ラ「もういいルン」
カ「えっ?」

 

触手も隠さなくなった。

今まで隠してたのかどうかは謎だが。

ラ「サマーンのあいさつルン。また…明日ルン!」


ひ「ほら、ほら! タッチだよ、タッチ」
カ「あっ、そういうこと? 早く言ってよ〜」

カ「サンキュー、ララルン」

 

そんな男と軽々しく…。

プ「青春でプルンス〜」

ユ「泣きすぎニャン」

 

感涙するプルンス。

あまずっぺぇ。。。

見守る三人。

いい話だった…。

 

そして次回。

ラ「まどか、生徒会おつかれルン」

ひ「これで、いつでも、より道できるね」
え「そういえば、留学の準備、進んでるの?」
ま「ええ…」

ユ「なんか元気ないニャン」

 

久しぶりのまどか母。

なんかまじめな顔をしているな。

ま「留学は決まっています、ですが…」

 

まどかが悩んでいる。

留学行くとか行かないとかの話なんだろか。

それともまた別の悩みなんかな。

誰(笑)

まどかの顔が90年代のアニメみたいだ。

ガルオウガ格好良すぎるし。

後ろ取られまくるまどか。

やっぱりまどかの宿敵はガルオウガみたいだな。

どんな因縁が出来るのでしょうな。

月よ輝け、まどかの一歩!

またいい話になりそうで楽しみですな。

それで今週は、うお座におうし座にさそり座がつよい。

おうし座来た!

というかチーズティーって何だ? 初めて聞いた。

ググってみたら、なんかタピオカの次にブームが来るらしい。

今食べたらブームを先取りしてしまうではないか。熱いな。

コメント
この回、私も録画して2回視聴しました! 
最初のララの可愛さからの重い展開、
そして後半の熱くカッコいいララと名言の数々、最高の神回でした! 
私の事はわかってもらえなくても私にとっては友達……
こんなセリフを言われたら誰だって心が動かされますよ!
本当に友達想いのいい子です。
もしかするとカッパ―ドも今回の件で多少心境の変化があったかもしれませんね。クラスメイトは基本カルノリと桜子が目立っていますから仕方のない面もあるかもです。
まどか父と遭遇する桜子。完全に事案ですね(笑)
今回紹介する動画は「プルンスラーメン」です。
その面白さは視聴すればわかります(笑)
来週はまどか回!ボロボロですが、頑張ってほしいです!
留学がどうなるのか期待大です!
  • かぐやファン
  • 2019/11/18 7:48 AM
訊かれたが聞かれた、分かってるがわかってる、引継ぎが引きつぎ、変わったがかわった、覚めるがさめる、俺がオレ、奪われるがうばわれる、操られるがあやつられる、歪んだがゆがんだ、愚かがおろか、醜いがみにくい、歪みがゆがみ、全てがすべて、我ががわが、吸えがすえ、認めてがみとめてになっている
  • 匿名
  • 2019/11/18 7:53 AM
周りが回りになっている
  • 匿名
  • 2019/11/18 6:14 PM
さあっ!があぁっ!になっている
  • 匿名
  • 2019/11/18 6:19 PM
>>かぐやファンさん

今回素晴らしかったですね!
ほんとララがかわいくて格好良かったです。
わかってもらえなくてもって所は泣けますよね…。
ララのことがいっそう好きになった回でしたねえ。
カッパードもあれを見たら少しは信じる気持ちも出てきそうですよね。今後が楽しみです。
冬貴さんあんな感じで生徒全員に聞き込みしてたんですかねえ。通報されなくって良かったですね(笑)
次回のまどか回も結構重い話になりそうですよね。
毎回熱い話が続いてるので、来週も期待ですね!

プルンスラーメン見ました!
すごい完成度に笑いました。あのララのキャラで本編やって欲しい(笑)
  • じゅうや
  • 2019/11/18 8:29 PM
>>匿名さん

誤字の部分は修正しました。ありがとうございます。
申し訳ありませんが、漢字変換については誤字ではないのでこのままとさせていただきます。
会話文は字幕データから抜き出しているので、字幕がひらがなの部分は基本的にひらがなになってます。
それを漢字を直すとなると一気に手間が増えてしまいますので、ひらがな多めになることはご理解願います。

また、聞くや回るなども、厳密に考えれば直すべきかも知れませんが、間違いではないのでこのままとさせていただきます。
よろしくお願い致します。
  • じゅうや
  • 2019/11/18 8:32 PM
電灯の点いてない教室で佐伯日菜子版エコエコアザラク第1話を思い出しました。
一瞬香久矢冬貴が生徒会長だったのかと思いました。
旧生徒会長なんて回りくどい言い方するから、、、
些末的とか詭弁とかの難しい単語やモチのロンという言い回しがドキプリっぽかったですね。
午後4時が下校時刻って早くないですかねえ。
  • 二白桃
  • 2019/11/18 9:34 PM
言われてみると「旧生徒会長のお父様」って冬貴さんが生徒会長だったみたいに聞こえますね。
桜子さんって、まどかと話す時もまどかのことを「旧生徒会長」って言ってるんですかねえ。
些末とか詭弁とか、カッパードって宇宙人のなのにやけに難しい日本語知ってますよね。
中学の下校時間って4時くらいじゃなかったでしたっけ。
よく覚えてない…(笑)
  • じゅうや
  • 2019/11/18 10:18 PM
周りが回りになっている
  • 匿名
  • 2019/11/19 5:06 PM
いや、みにくいを平仮名にすると見難い、おろかを疎かと捉え兼ねないから漢字表記が存在する物は漢字表記にして欲しい
  • 匿名
  • 2019/11/19 5:10 PM
些末がさまつ、事がことになっている
  • 匿名
  • 2019/11/19 5:12 PM
いや、周りの字と意味が履き違えている
  • 匿名
  • 2019/11/19 6:12 PM
回りは直しておきました。
ひらがなの変換については前回書いた通りです。
このブログは私の個人的な趣味でゆるくやっているものですので、私の好きなようにやらせてください。
お願いします。
  • じゅうや
  • 2019/11/19 6:33 PM
次回はまどかの回ですが、まどかは留学するのでしょうか?卒業した後で。スマイルの青木れいかの時みたいに中止になる展開にならないでしょうか?
次回はガルオウガが出撃するみたいですが、あれはダークネストの命令で出撃でしょうか?それとも単独行動の出撃でしょうか?もし単独行動なら負けた後、ダークネストに粛清されるのでしょうか?
セレーネとガルオウガって何か接点があったでしょうか?相手は父親じゃないのですね。

アイワーンの再登場はいつでしょうか?第42話か第43話でまた登場するでしょうか?前作のキュアアンフィニみたいにプリキュアに変身する展開にならないでしょうか?
テンジョウがプリキュアに目覚める可能性はあるでしょうか?

スタプリが来年の1月末で第1部が完になって、2021年の2月からスタプリ第2期がスタートする流れにならないでしょうか?続編を作ってほしいです。5gogo!みたいに。
来年の1月に第1部が終わって、2月から新シリーズで始まり再来年の1月末に終わり、2月にスタプリの第2期をやるという変則的な事をやらないでしょうか?シリーズ16年目で新しい法則をやる展開をやらないでしょうか?
スタプリに6人目のプリキュアを登場してほしいです。赤色のプリキュアを登場してほしいです。

これらの問いを出来るだけ全て答えてほしいです。
  • キュアメテオ
  • 2019/11/22 9:21 AM
まどかはいつかはわからないけど留学するんじゃないですかね。
れいかさんと同じ話をやってもしょうがないですしね。
ガルオウガとの戦い楽しみですね。義務感のある人ですから自分からの出撃でしょうね。
今のところ接点はないと思いますけど、次回あたりできるんじゃないですかね。

もう時期的に6人目のプリキュアはないでしょうね。ゲストはあるかも知れませんが。
アイワーンもテンジョウもプリキュアにはならないと思います。
去年みたいに「なんでもなれる」がテーマではないですし、必然性が感じられないので。
もちろんなったら嬉しいですけどね。

残念ですが2期もないと思います。
やるとしたら連続でやると思いますし、焼き直しだとおもちゃの売上も落ちてしまうでしょうしね。

同じ質問は繰り返さないで下さいね。
  • じゅうや
  • 2019/11/23 12:27 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
サブタイ通り、ララちゃんぴんち! まどかパパンとカッパさん、やり方がえげつないヽ(;´ω`)ノ 動かぬ証拠を掴まんと、ララちゃん宇宙人かも情報を桜子ちゃんに吹き込んだまどかパパン。 正体バレを利用して、歪んだイマジネーションガッポリを目論んだカッパさ
  • のらりんすけっち
  • 2019/11/18 1:18 PM
香久矢親父、ついに中学生に手を出すの巻。 学校周辺で起きている怪異について、宇宙人とおぼしきオヨ子が関係している可能性が高いなどと大地葉に吹き込んでみる作戦。 そういえば、自分らが気絶した後には羽衣さんが…という大地葉とカルノリ。 もしかして自分ら、
  • 新四十路男の失敗日記
  • 2019/11/18 6:56 PM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM