ヒーリングっど♥プリキュア 第2話 「パートナー解消!?わたしじゃダメなの?」

  • 2020.02.10 Monday
  • 00:25

こんばんは。

今日は日曜日なのでヒーリングッドのプリキュアの感想です!

今週は、のどかが改めてプリキュアになる話ですな。

例年ならピンクは1話でサクッとプリキュアになって、2話目は二人目の話に入るのに、今年は違う。

2話使ってピンクの話を掘り下げるのだから熱い。

おかげでのどかの思いを深く掘り下げた、実に厚みのある変身エピソードになっていた。

 

のどかは過去が過去だけに、ほんと信念ありますね。

最初からここまで明確な目的を持ってプリキュアになるピンクもめずらしいんじゃないか。

のどかが自分がどれだけプリキュアになりたいか、声を震わせながら語るくだりとか、ほんと胸に沁みる。

運動神経のないのぞみが心配で、涙をのんでプリキュアをクビにするラビリンの思いも切実に伝わってくるし。

お互いの思いのぶつけ合いが熱すぎる。序盤からなんて迫力のある展開なんだ…!

 

人間同士のやりとりもいいけど、こういう妖精との交流もいいですな。

人間同士だと色々気遣いがあるから一線越えるにはかなり関係掘り下げてからでないと無理だけど、妖精との関係は結構自由だから、最初っからガチで魂ぶつけ合ってるような熱さがある。

ちゆとひなたもたのしみだなぁ。

とくにひなたとニャトランとかどうなるのやら期待しかない(笑)

 

そんなプリキュア。


の「おねがい!」

たけし「犬も飼えるとは言ったけど…」

やすこ「いきなり拾ってきちゃうとは…」

の「この子、迷子みたいでほっとけなくて…わたし、この子を助けたいの!」

 

父親は今週も普通だ。

そういえば先週最近の父親は個性的なのばかりみたいなこと言ったけど、みらいの父親はそこそこ普通だったか。家電フェチではあったが。


ラ「ク〜ン」

 

色目を使うラテ様。

フワみたいにこの視線でプリキュアを落としていくつもりだな。

た「分かったよ」

や「ただし、ちゃんと、飼い主もさがすこと」
の「うん、ありがとう! お父さん、お母さん!」

 

かわいい。

キ「ヌヌヌヌ…プリキュアだと?」
ダ「自分で名乗っていたし、たぶんね」

 

ヌヌヌプリキュア。


グ「プリキュアというと、はるか昔に、キングビョーゲンさまを一度倒したというあのプリキュアか」

 

キングビョーゲンってキングジコチューの親戚かなにかか?

この人はグアイワルというらしい。

脳筋キャラかと思ってたけど、意外としゃべり方は知的だな。

声はルパパトでナレーションやってた安元洋貴さん。


シ「もう、バカ、バカ、バカ、バカ、バカ! キングビョーゲンさまはたおされてなんかいません〜べ〜!」

 

この人はシンドイーネというらしい。

ハーレイ・クインみたいなテンションだ。

こっちもマーモさんとは全然キャラ違ったぜ。

声は、セラムンCrystalでセーラーヴィーナスやってた伊藤静さん。

映画やるのが遅すぎて美奈子さん闇落ちしてしまった。

シ「ちょっと追いつめられただけです〜。ねっ、キングビョーゲンさま」

 

なんかキングビョーゲンの愛人みたいだな。

最期ゴーシュさんみたくなりそう。

キ「ヌヌヌ…にげのびたヒーリングアニマルが新たな人間をパートナーとしたか」

シ「このわたしが今すぐつぶしてまいりましょうか?」
キ「いや、今は地球をむしばむことが先決だ。われの体を取りもどすためにも」

キ「グアイワル!」
グ「はっ!」

キ「シンドイーネ!」
シ「はい!」


キ「ダルイゼン!」

グ「ふん」

 

ダルイゼンほんとダルそう。

シンドイーネはどこがしんどいんだってくらい元気だが。

キ「この星はかならずわれわれのものにする。いいな?」
シ「はい!」 

グ「分かりました!」
ダ「了解」

 

キングビョーゲン様はキングジコチュー様に比べると若干フレンドリーな気がする。

そういえばOP、先週書くの忘れてたけど、ここいいのう。

なんかこれだけでも感動する。

ラ「ラテさま、晩ごはんラビ!」

 

謎の建物からペットフードを取り出すラビリン。

の「ふわあ〜、何? それ」
ラ「ラテさまの大好物ラビ」

 

猫まっしぐら。犬だが。


の「…じゃなくて、そのかばん」

ラ「ヒーリングルームバッグラビ!」
ペ「お手当ての道具やボクたちの旅に必要なものが何でも入るペエ」
ニャ「オレたちの部屋もあるんだぜ」

 

営業をする妖精達。


ラ「うん、うん…」


ペ「ペエ…」


ニャ「ふふ〜ん」

 

優雅だな。

なんかペギタンは微妙に退屈そうだが(笑)


の「はい、あ〜ん。おいしい?」
ラ「ワン、ワン!」

 

餌をたしなむラテ様。

がっつく従者達。

おむすびがプリキュアのソウルフードになりつつある。


の「ラビリンたちもラテみたいにペットのふりすれば、みんなと一緒に食べられるのにな」

ペ「それは嫌ペエ」
ラ「ラビリンたちが目立つといいことないって分かったラビ」

ニャ「まっ、ラテさまさえ大事にしてもらえれば、それでいいし」

 

やんごとなきご身分のラテ様がペットに身をやつしているというのに、従者達は断じて拒否。


の「ねぇ、なんでラテは特別なの?」
ぺ「ラテさまはヒーリングガーデンの王女さまだからペエ」

ラ「ヒーリングガーデンは、地球のお手当てをするヒーリングアニマルがたくさん住んでいる秘密の世界ラビ」

 

トラがいるけど、先週ちょくちょく出てた死にかけのトラみたいなのはこの人でしょうか。

ペ「そこには、テアティーヌさまっていう、女王さまがいるペエ」
ラ「ラテさまのお母さんラビ」
の「そっか、ラビリンたちもみんなヒーリングアニマルなんだね」

 

毛色が全然違うけど、ラテ様も成長すると白くなるんだろうか。


の「じゃあ、あのメガビョーゲンっていうのはどこから来るの?」
ラ「ビョーゲンキングダム!」
ペ「そこには、地球を丸ごと病気にしようとしているビョーゲンズっていう種族がいて、そいつらがメガビョーゲンを作っているペエ」

の「丸ごと病気? なんでそんなことを…」

ニャ「自分たちにとって住み心地のいい世界にかえようとしてんだよ」
ペ「でもそれはビョーゲンズ以外の命はどんどん弱って死んじゃう世界ペエ」

 

死んじゃうって、今までになく直接的だな。なかなかシビア。

でもビョーゲンズもこうやらないことには死んじゃうんだろうし、なんだか業の深い関係性。

さすがに共存は無理だろうし、どう決着つけるんだろうな。

久しぶりに勧善懲悪な展開にでもなるのだろうか。


の「ラビリン、わたし頑張る! 絶対、絶対、ビョーゲンズには負けない! これから一緒に地球を守っていこうね!」
ラ「ラビリン、のどかと出会えてよかったラビ〜!」

 

決意するのどか。

父「新しい制服、似合ってるよ」
の「フフッ、ありがとう」

 

かわいい。かわいい!

母「でも、始業式にしては荷物多くない?」

 

うごめくカバン。

エスパー伊東が入ってそう。

父「よし、お父さんが車で送ろう」
の「えっ…、あっ、大丈夫! 道おぼえたいし。お母さん、ラテをおねがいね。いってきまーす!」

 

ラテ様は自宅待機。

ペットにしちゃったから自由に行動できなくなったな。


の「なんだかドキドキしちゃった〜」

 

ドキドキプリキュアがなんだって?

ラ「もう〜、ペギタン・ニャトランまでついてくるからラビ!」
ニャ「だって、学校ってのがどんなとこか気になるじゃん!」
ペ「ボクだけお留守番は心細いペエ」

 

バッグに入って勝手についてくる妖精達。

ここたまみたいだな。

ラ「のどかはラビリンのパートナーラビ! ニャトランたちも、心の肉球がキュンとくるパートナーを見つけるラビ!」
の「あっ、じゃあ、学校で聞いてみる? プリキュアになりたい人〜って」
ラ「ダメラビ!」


ラ「プリキュアのことはないしょにしてほしいラビ」
ぺ「ヒーリングガーデンは秘密の世界ペエ。本当は目立っちゃいけないんだペエ」
の「そうなんだ。分かった」

 

目立っちゃいけないのに先週あんなに目立ちまくってたのか。

ここたまみたいだな。

すこやか中学校。

いい名前だ。

担任「…ってことで、わがクラスはこのメンバーで1年やってくわけだが、もう1人、転入生がいます、入って」

 

あんまり話に絡んできそうにないデザインの担任教師。

眼鏡外したらすごい美形だったりして。


黄「あ〜っ!」

 

テンション上がる昨日締めてきた子。

ピンクよりピンク色だな。

担任「なんだ花寺、知り合いか?」

黄「知ってる、知ってる! 昨日のめ〜っちゃやさしい子!」

の「ふえっ? えっと、わたしは何も…」

青「ちょっと、彼女困ってる」

黄「え、うそごめん!」

 

びびるのどか。

の「あっ…、えっと…、花寺のどかです。よろしくおねがいします」

担任「席は、あのさわがしいヤツの後ろだ」

 

かわいい。

というか黒板に名前書かんのかい。


ひ「あたし、平光ひなた。ひなたってよんで! よろしくね、のどかっち」
の「うん、よろしくね」

 

ひなたっちとは呼ばせない。


の「昨日はありがとう」
ち「わたしは沢泉ちゆ。分からないことは何でも聞いて」
の「うん」

 

予告とかでよく流れてた場面だ。

ひ「それじゃあね〜、のどかっち」
の「また明日〜!」

 

速攻で帰るひなた。

相棒の再放送でも見てるのか。


女子「花寺さん、部活決めた?」
の「えっ? えっ? えっ?」

 

左の子の視線が熱い。

右に似た子どっかで見たことあるけどおもいだせん。

ラ「のどかは、きっと最高の記録をたたき出すラビ」
ニャ「なんで分かるんだよ?」
ラ「キュアグレースの活躍を見たら分かるラビ!」

 

期待するラビリン。

の「ふわあ〜、きれ〜い!」
ぺ「あの人もかっこいいペエ〜」

 

いきなり背面跳びをするのどか。

高飛びなんてベリーロールしかしたことない。

の「沢泉さん、ハイジャンプの選手だったんだ。すごい、すごい!」

 

かっこいい。

つぎはのどかの番。

台のギリギリで止まる、計算され尽くしたズッコケ。

ただものではないな。

の「きゃー!」

の「きゃー!」

ぱふ

強いられてるなぁ。

ラ「ウソラビ…」

 

いい顔(笑)

その後も敗北を続けるのどか。

の「防具って重いんだ…」

の「ねっ…」

 

防具に負けた…!


ラ「ウソラビ〜!」

 

やばい。


ラ「のどか〜! いくらなんでも、なさけないラビ! プリキュアの時は、もっとあざやかにとんだり、はねたりしてたラビ!」
の「エヘヘ…、実はわたし運動得意じゃないんだよね。体力なくて」

ラ「なんでプリキュアやるなんて言ったラビ? のどか、「絶対、ビョーゲンズに負けない」って言ったラビ。「一緒に地球を守っていこう」って」
の「うん」

ラ「ダメラビ…」
の「えっ?」

ラ「のどかとは無理ラビ! ラビリンは新しいパートナーさがすラビ!」

 

問答無用で解雇されるのどか。

プリキュアはあんさんや!って言ってたのにひどい!


ち「花寺さん」
の「沢泉さん」
ち「これ、よかったら」

 

口はつけといたから。

ち「ねぇ、あなた、もしかして運動苦手なんじゃなくてあまりやったことないんじゃないの?」

の「えっ、なんで分かるの?」
ち「なんとなく、どれだけ動いたらどれだけ疲れるかとか。自分で分かってないように見えて」

の「ちゃんと運動やってる人には、分かるんだね」

 

よく見ているちゆ。

の「わたしは、ずっと見てただけだったから」
ち「そうなの…」

の「だから今、色んなことをやってみたくてしかたないの。すぐつかれちゃうんだけどね」

ち「最初は欲張らないことかな。まずは基礎体力をつけながら、自分が一番やりたいことを決めて頑張るといいんじゃない?」
の「一番やりたいこと…」

 

いい感じに諭してくれるちゆ。

ペ「自分でパートナーにえらんどいて、あれはひどいペエ」
ラ「分かってるラビ」
ペ「じゃあ、のどかにあやまるペエ」

 

説教するペギタン。

頼りないキャラかと思ったら意外としっかりしてる。

ラ「あやまるけど、パートナーはダメラビ」

ぺ「どうしてペエ?」

ラ「だって、あぶないラビ。ただでさえビョーゲンズの浄化は危険ラビ。なのに、あんなどんくさかったら、もっともっとあぶないラビ」

 

どんくさい(笑)

でも弱いから見限ったわけではなかった。

愛ゆえに…。


ラ「ラビリンだって、まだ見習いラビ、せっかく勇気を出してくれたやさしいのどかをあぶない目にあわせちゃったら…」
ペ「ラビリンは、のどかのことすきなんだペエ…」
ラ「心の肉球にキュンとくるってこういうことラビね…」

 

今年は妖精のドラマが熱い…。

ニャ「ラビリンたち、まだ帰ってないか〜
ラ「ワン、ワン!」
の「そうだね。まず、やらなきゃいけないことやらなきゃね」

 

のどかは帰宅。


ダ「悪くないね、生きてるって感じ」

 

その頃、ダルイゼンは樹木の健全度調査。

農林水産省の人みたいだな。

ダ「進化しろ、ナノビョーゲン」

エ「うう、うう!」

 

襲われる木のエレメントさん。

声は花守みゆりさんじゃなくて、千本木彩花さんであった。

花守さんが全部のエレメントやるわけじゃないんだな。

花とか木とかでそれぞれ分担してるのかな?

声優二人とも名前に「花」がついてるけど、あえて選んでるのだろうか。

メ「メガビョーゲン!」

 

木のエレメントさん闇落ち。

逃げ惑う目つきの悪いモブ達。

グラサンしてる人がいるけど何者だ。

かわいい。

モブ気合い入ってるなぁ。

担任「みんな、学校から、はなれるんだ!」

 

担任はユイさんばりに的確な避難誘導。

ポニーテールの人もかわいい。

なんかモブの絵柄がすごい好みなんだけど(笑)


ち「怪物?」

 

振り返るちゆ。

ラテ様、発病。

ほんとに毎週病にかかるつもりなのか。


ラテ「あっちのほうで大きな木が泣いているラテ」
ニャ「おそわれたのは大きな木か!」

 

あっちの方にある大きな木…。

この大ざっぱなヒントでみつけださなければ。

の「また、あんなことが…」

 

立ち向かわなければならないところでCM!

ラ「プリキュアと一緒に、毎日ケアするナビ」

 

ハミガキシャンプーのCMもヒー仕様になった。

しかし実写の方は3年目…!

これはトップガムばりに20年くらい使い回すな。

パ「我はパジャ麻呂」

 

!?

児童「……」

パ「光たもれ〜」

 

ZIPで

の「どうしよう…」

ニャ「ラビリンがいりゃあ、のどかがプリキュアになれるのにニャ!」

 

のどか無力。

の「ニャトランはどう? ためしてみようよ!」

ニャ「えぇ〜」

 

違う男に乗り換えるのどか。

ニャ「スタート!」

 

お、新バンク。

と思ったら息が合わない。

ニャ「やっぱダメニャ〜」

 

結構ダメージ受けてる。


の「こっちだよ、メガビョーゲン! あなたなんかこわくないんだから〜! ここまでおいで〜!」

 

仕方がないので武装して立ち向かうのどか!

スマプリみたいなノリ(笑)

逃げるのどか!

さっきは防具つけるだけでダウンしてたけど、いまは走れてる。

これぞ火事場のクソ力。


ニャ「引っかかった!」

 

罠を張ってた!

生身VS怪物いいな。


の「アッ…、アァーッ!」

 

しかし逆に引っ張られる!

高いところから転落して、

の「ギャウ!」

 

これ死ぬだろ(笑)

ドキプリ一話で柵に思いっきり叩き付けられてたマナさん思い出すな。

の「いたぁ〜…」

 

生きてた。

体力はないけど頑丈。

ダ「アハハハ。それで、どうにかできると思ったの? バカでしょ」

メ「メガ」

ダ「ほら、こっちだ、メガビョーゲン」

 

相手にもせずに行ってしまうダルイゼン。


ラ「あんな格好、意味ないの分かってるラビ! なんでにげないラビ」

 

駆けつけてくるラビリン。

の「だって、助けたいんだもん! ラテも、エレメントさんも学校も…みんな、病気なんて、つらいよ」
ラ「のどか…」

 

病気の苦しみを知っているからこそ、逃げる事のできないのどか。

つらいのが怖いからと逃げるのではなく、立ち向かうところに決意がある。

強い。

の「わたしね、長い間ずっと病気で休んでたの。ずっとずっと思うように動けなくて、何もできなくて。つらくて、悲しくて、さびしくて…」

の「でもね、お父さん、お母さん」

の「お医者さんたち」

の「たくさんの人がはげましてくれて、助けてくれて、そうやって元気になれたの。だから、わたし、思ってた。今まで助けてもらった分、たくさんの人にお返ししたいって、色んな人を助けたいって」

の「だから、プリキュアになれて、うれしかった。ラビリンがわたしをえらんでくれて、うれしかったの」


ラ「のどか…」
の「絶対こたえたいって思った。1人じゃできなくても、ラビリンと一緒ならできるって思った」

の「おねがい、ラビリン。わたしは運動得意じゃないけど、お手当てだけは…プリキュアだけは、何があっても頑張るから! 苦しむ地球を、ラビリンと一緒に助けたい。これが今、わたしの一番やりたいことなの!」

 

なんて切なく熱い…。


ラ「ごめんなさいラビ! のどかの事情も気持ちも聞かないでいろいろ決めちゃって、ラビリン、お医者さん失格ラビ
の「そんな…、そんなことないよ」

ラ「ラビリンが、のどかに助けてもらったみたいにのどかにむずかしいことはラビリンが助けるラビ。だから、のどか、やっぱり…ラビリンのパートナー、つづけてほしいラビ!」


の「ありがとう、ラビリン。もちろんだよ!」

ラ「のどか…」

 

2話からすげぇ。。。

それで改めてキュアグレースに変身!

の「はあああ!」

 

鬱憤を晴らすように勇ましいグレース!

どぎゃーん!


グ「キュアスキャン!」
ラ「いた! 木のエレメントさんラビ!」

 

闇落ちしている木のエレメントさん。


メ「メガー!」
ラ「ぷにシールド!」

 

メガ粒子砲を片腕で受け止めるグレース。

プリキュアになれば身体が強いとか弱いとかはもはや誤差だな。


ラ「おし返すラビ!」
メ「メガ!」


ラ「今ラビ!」

 

ラビリン勇ましい。


グ「プリキュア・ヒーリングフラワー!」

 

それで必殺!

ほとんど瞬殺。


メ「ヒーリングッバーイ…」

二人「お大事に!」

 

今日も退院!

ラ「ワフーン!」

 

ラテ様も復活。

しかし体力はどんどん落ちていきそう。

ダ「フン…」

 

ダルイゼンも退却。

無口なせいもあってあんまり絡まないな。

の「エレメントさん、お加減どうですか?」
エ「もう大丈夫、皆さんのおかげです」

ニャ「ラテさまも元気になったな」

ラ「カルテに記録しておくペエ」

 

カルテにちゃんと記録してるんだ。

さすが見習いとはいえ医者だな。

ラ「なかよし、よかったラテ」

ラビ「ラテさま…」

 

ラテ様も二人のこと心配してたんだな。

さすが高貴なだけある。

ラ「ありがとう〜!」
ニャ「な〜んか、いいな、パートナー」

ペ「ペエ…」

 

たしかにいいな…。

ち「しずかになった…」
の「わたし、ランニング始めるね」

 

まだ残ってたちゆ、不穏な会話を耳にする。

ラ「体力作りラビ! いい心がけラビ!
の「フフッ、今、生きてるって感じ!」


ち「なぁに? 今の」

 

ちゆがやばいのを見てしまったところで終了。

クルクルパーにされる…!

 

そして次回。


ち「花寺さん、不思議なウサギさんたちをつれてたわね」
の「えっ」

ラ「のどか、プリキュアのことは秘密ラビ」

 

早速追求してくるちゆ。

そんな安易に深入りすると…。

次回はダルイゼンじゃない!

スク水着着ているかのよう。

次回早速フォンテーヌになるんだな。

さすがに2話は使わないかな?

フォンテーヌもたのしみだのう。

そして謎のコーナー。

ぺ「ボクをさがしてペエ。スタート!」

 

先週と違う!

毎回遊び変わるのか。

ペ「目が回るペエ〜」

 

半熟英雄みたいだな。


ペ「ここペエ! ヘヘッ。また見てペエ」

 

今回は比較的簡単だった。

次回もたのしみだ。

 

コメント
名前変えました!元まどかファンです!のどかも可愛くて好きですがひなたの超テンションのノリにドハマりしてしまって……
今回も泣けました。体力無いけど一生懸命で病気だったからこそ
人の役に立ちたい気持ちが人一倍の、のどかちゃんに涙腺崩壊しました。変身時のニャトランのドン引きが笑えましたね。
ペギタンが意外としっかりしていますね。臆病ですが。
のどかがストロングザ武道になっていましたね。
次回はちゆの変身回。どうなるのか楽しみですね!
  • ひなたファン
  • 2020/02/10 7:40 PM
おお、ひなたファンになりましたか!
あそこまで固い決意見せられたら惚れますよね。
声を震わせながら訴えるところほんと良かったです。
ドン引きしながらも一応変身に付き合ってあげるニャトラン、結構いいやつですね。
ペギタンちゃんが説経してるのは意外でした。いざというとき頼りになりそうですね。
のどかのオーバーボディは熱かった(笑)
ちゆも熱い展開見せてくれるのか、楽しみですね。
  • じゅうや
  • 2020/02/10 10:58 PM
新しい敵幹部のシンドイーネは随分テンションが高いギャル系ですね。この人が追加プリキュアにならないでしょうか?4人目か5人目として紫色のプリキュアにならないでしょうか?

ラビリン達がおにぎりを食べていましたね。スタプリと繋がっているのか?スタプリメンバーが居たらすぐ仲良くなれますね。

ちゆの背面飛びは綺麗でした。ちゆの声は伊藤未来さんや茅野愛衣さんや瀬戸麻沙美さんの中から決定してほしかったです。

剣道をやっていましたが、いつか剣道部やフェンシング部のエースのプリキュアが登場して、細い剣をモチーフにしたアイテムで敵を斬る技を出すプリキュアは出てくる可能性は高いでしょうか?

のどかが剣道の防具を着て右手にテニスのネットを左手にテニスのラケットを持ってメガビョーゲンに挑むシーンはすごいですね。あの状態で変身してほしかったです。

キュアグレース(のどか)はダルイゼンを目撃していないのでしょうか?目撃するのは3人揃ってからでしょうか?

次回はキュアフォンテーヌが誕生する回の話ですが、どんな活躍をするのでしょうか?陸上部の力を活かした戦闘スタイルを見せてくれるのでしょうか?素早く走ったり敵の攻撃を素早く避けたりするのでしょうか?
次回予告の下を見ているキュアフォンテーヌのカットは格好良いと思いませんか?

シンドイーネが次回で初出撃するみたいですが、キュアフォンテーヌとライバル関係になるのでしょうか?キュアグレースとダルイゼンみたいな関係になるのでしょうか?

今作は赤色のプリキュアを登場する可能性はあるでしょうか?キュアボルケーノとかキュアブラッドとか。敵幹部は赤色のコート(上着)を着ているので赤キュアが登場するのでしょうか?攻撃アイテムは注射器をモチーフを設定に。前作は結局登場しなかったから今作は登場してほしいです。ドキプリのレジーナみたいな敵組織のボスの娘が第12話か第13話で登場して改心して赤色のプリキュアになったりするシナリオにならないでしょうか?

赤色や紫色や黄色の虹色のデザインのプリキュアは登場しないでしょうか?いつか登場するでしょうか?

できるだけ全部答えて下さい。
  • アイワーン 赤 キュアメテオ 魚座のペン
  • 2020/02/13 11:42 PM
シンドイーネ楽しみですね。
プリキュアおにぎり推しみたいですね〜。
ちゆかっこよかったですね。
のどかは体力ない生身で敵に立ち向かって勇敢ですね。
フォンテーヌもかっこいいですよね。知性派っぽいけど運動神経もあるからいまいち予想つきませんね。
次回のフォンテーヌ回も楽しみですね。
  • じゅうや
  • 2020/02/14 8:52 AM
今回は「個別妖精制を持つプリキュアは本来パートナーに選ばれた妖精でないと変身できない」という事実が判明しました。つまり花咲つぼみがコロン、相田マナがランスの力では変身できないようなものですか。

ヒーリングガーデンは何か『ジュウオウジャー』のジューランドを彷彿とさせます。もしかしたら今作の追加戦士は門藤操みたいに「当初は敵に洗脳・改造されて主人公の敵として立ちはだかるが、主人公の説得で改心して仲間になる」設定になるのではと思います。

あとシンドイーネ役の伊藤静は『Hugっと』のパップル役の大原さやかに続いて「セラムンCrystalのセーラー戦士とプリキュアシリーズの女性親族と敵を担当した女性声優」になりました。しかし人間の姿をしているパップルは助かったけど、見るからに化け物のシンドイーネは最後は仲間ともども消滅か封印という末路になると思います。
  • スマハピ苦手
  • 2020/02/15 7:02 AM
うまく息が合わなかっただけで、変身自体はできるかもしれないですけどね。
でもまあ、もうやらないでしょうね(笑)

言われてみるとたしかにヒーリングガーデンってジューランドみたいですね。
追加戦士はそれっぽいのがOPにいないのが気になりますね。
操みたいにいきなり出てくるんですかねえ。

セラムンCrystalにはちょくちょくプリキュア声優出てたけど、最近は逆Crystalの声優がプリキュアによく出てますよね。
今回の敵は病気ですし、和解するかどうか気になりますね。
  • じゅうや
  • 2020/02/15 9:02 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM