美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 第30話 「銀河滅びる時! S戦士最後の戦い」

  • 2019.04.06 Saturday
  • 00:46

こんばんは。
この前JUGEMにうつってからアクセス数が激増してるって書いたけど、お金払ったら激減した(笑)
最高3000超えまで行ったのが、また300前後にまで落ちてます。10分の1!
やっぱりスマホ版の細切れページをめくるたびに、アクセスが加算されてたんだな。
お金払って細切れにならなくなったから、アクセスも一気に減った様子。
というかこんなシステムだと、無料版のアクセス数って全然あてにならなくないか。
いくら無料だからってちょっとこれはひどいと思うなぁ。
まあ、うちのブログが縦長すぎるのが問題なのかも知れないけど…。

 

そんなわけで今日は、セーラームーンのセーラースターズの感想ですっ!
今週は、ついにギャラクシア様との決戦開始ですな。
さすがシリーズの最後を飾るだけあってギャラクシア様容赦なく強いですね。
仲間が次々とやられていく…!
死んでるのかどうかはわからんけど、あんな初代みたいな、いかにも死んだような描写をまたやるとは。
マモちゃんの件といい、もう最後だから今までの鬱憤晴らしてるとしか思えないんだが(笑)
今回もまた女児が学校休んだりしたのだろうか。
ググっても抗議があったみたいな話は見つからなかったけど、この頃にはそこまでの影響力が無くなってたんだとしたらそれはそれで寂しいな。

 

ともかく、今回はそんなこんなでギャラクシア様にボコボコにされる話ですな。
仲間は次々やられるし、抵抗する術もすっかり失っている様子で、ちょっと今までに無いくらいに絶望的な状況です。
ギャラクシア様の、こんなのにどうやって勝つんだって感じの圧倒的な感じは、ほんと黄金聖闘士を彷彿とさせて熱いですね。
それと今回ついにうさぎがマモちゃんを発見しましたが、こんな劇的な形で再開するとは思わなかった。
うさぎが見つけたときの絶望的な表情がなんとも印象深い。。。
仲間が次々やられて悲痛に叫ぶうさぎに、さらに追い打ちをかけるようにマモちゃんの死?を知らせるという展開はほんと容赦ないなぁ。
ギャラクシア様すごい。
 

そんなスターズ。

ギャラクシア様の攻撃で十番街は大変なことに。

ちょっとまえにネヘレニア様に蜘蛛の巣だらけにされたばっかりなのに、散々だ。

ギャ「地上に住む虫けら供、聞くがいい。全銀河はこのギャラクシアのもの。貴様らのような、醜い生き物の存在を私は許さない。覚悟するがよい。ははははは!」

 

テレビ局の社長だけあってしっかりテレビ中継。

夜「同じだ、私たちの星と」

大「この星ももうすぐ滅びる」

 

キンモク星でもテレビ中継したのか。

水「このテレビ電波の発信地は…銀河テレビよ!」

 

魔力で映像流してるとかじゃなくて、ほんとにテレビ中継している様子。

天「敵の本拠地に乗り込むつもりなのか」

海「今乗り込んでも、犬死にするだけよ!」

夜「ほっといて!」

 

居場所を聞いて、ギャラクシア様のところに乗り込もうとする三人。

大「私たちは、プリンセスを守り、いつの日か私たちの星を復活させるためだけに生き延びてきた。その希望が潰えた今、生きていても仕方ないわ。この上はプリンセスのためにも、ギャラクシアに一矢報いなければ!」

 

星野だけいまいち乗り気じゃない様子。

プリンセスの他に大事な人が出来ちゃったから大分心がぶれている。

月「プリンセスはそんなことのぞんでないわ!」

ち「ないわ」

夜「うるさい! あなた達なんかになにがわかるの!」

 

泣き顔の夜天がかわいい。

ちびちびの「ないわ」もかわいかった。

星「ごめんなさい、今は行くしかないの。プリンセスの仇を取るために」

 

すっかり殉教に付き合わされちゃってる雰囲気。

天「セーラームーン!」

海「あぶない!」

 

そこにムーンめがけて雷が落ちてくる!

こんなだだっ広いところに立ってるから。

土「サイレント、ウォール!」

 

そこに留守番してたサターンが…!

間一髪直撃は免れる。

強い。

月「サターン! プルート!」

 

サターン久しぶりだ。

三人はテレビ局に到着。

ギャ「捕まえた」

 

いきなり捕まる三人。

大「どうやら、閉じ込められてしまったようだ」

星「そんな!」

 

謎空間に閉じ込められる。

星「ギャラクシア!」

ギャ「お前達は二度とそこから出ることはない。永久にな。はははははは!」

 

あっさり罠にかかってしまった。

美「町が…」

う「早くなんとかしないと」

 

セーラー戦士達は火川神社に集合。

雄一郎さんとかってどうしてるんだろうな。

フォボスとディモスなんてもうずいぶん長いこと出てない気がする。

刹「敵は、あまりにも強大です。すでに、この銀河のほとんどを手中に収めたほど」

ほ「今までの敵とは、比べものにならないくらいの力を持っています」

 

あなたが敵だった頃が一番宇宙やばかったと思う。

美「こんなことしている間に、町はどんどん壊されているっていうのに…」

 

みんな頭花族に…。

刹「状況はかなり厳しいですが」

ほ「今日なし得ることに全力を尽くせ」

は「しからば明日は一段の進歩があるだろう、か」

 

これってなんだっけ、って思ってググってみたらニュートンの言葉か。

そういえば最初の頃、刹那さんほたるさんに奥の細道とか色々教えてたな。

み「いいの、あの子にさよならを言わなくても」

は「そんな言い方、もう会えないみたいじゃないか」

み「そうなるかもしれなくてよ」

は「いいさ、僕にはきみがいてくれる」

 

やける。

行っちゃった。

廃墟を行くはるかさん達。

先回りされていた。

ほ「私たちも一緒に行きます」

刹「外部太陽系戦士の一人として」

ほ「地球の危機を見過ごすわけにはいきません」

 

急いで追いかけたのだろうか。

み「ええ、私たち四人の中の」

刹「だれか一人でも」

ほ「必ず生き残って」

み「ギャラクシアを倒す」

刹「行きましょう、この星を守るために」

 

外部戦士かっこいいのう。

マ「一体どこに行ったんだ」

レ「まさか!」

う「四人だけで、銀河テレビへ…?」

 

四人が出て行ったことにみんな気がつかなかったのか?

この状況から五人に知られずに出て行けるって、外部戦士にはシノビの心得があるとしか。

ち「ちびちび…」

 

ともかくおびえるちびちび。

う「だいじょうぶよ、ちびちび。私たちが守ってみせる」

 

うさぎ強い。

亜「そうよ、私たちの星ですもの」

マ「私たち、ここで出会って」

美「笑ったり泣いたり、いろいろあって」

レ「私たちの大事な宝物は」

う「私たちの手で、守らなくっちゃ」

 

五人も行くことを決意。

ア「必ず帰って来いよ」

ル「待ってるからね」

ち「からね」

 

ちびちびは置いていく。

う「必ずこの星を守ってみせる。私たちのこの手で」

 

全員フルバンクで変身して決戦へ。

う「銀河テレビ、この中にギャラクシアが」

 

銀河テレビの前にまで来ると、ちょうど上空を小鳥さんが飛んでいく。

まだ生き残っている動物も存在した。

!?

小鳥さんが焼き鳥に!

女児向けアニメとは思えない演出…。男塾みたいだ。

木「なんだ!?」

 

テレビ局のディスプレイには、スターライツの姿が映し出される。

ギャラクシア様テレビ局の社長やってるだけあって、ちゃんと中継してくれる。

ギャ「ふふふ、私の前ではお前達など塵に等しい」

星「ギャラクシア! お前の野望など私たちが打ち砕いてみせる!」


ギャ「お前達は何の力も無い無力な存在なのだ」

夜「そんなことはない、私たちの力を見せてあげるわ!」

 

黄金聖闘士に立ち向かう青銅聖闘士。

夜「スターセンシティブインフェルノー!」

ギャラクシア様余裕。

三人「きゃー!」

 

必殺技も簡単に跳ね返されてしまう。

乙女座のシャカみたいだ。

月「放して! このままじゃ三人とも!」

木「あのバリアにやられたら」

火「あたし達だってああ(焼き鳥に)なっちゃうのよ!」

月「だって、だまってみてられないよお!」

 

中継を見て正気を失うムーン。

公開処刑とかエグい。

ギャ「お前達の全てが無駄なのだ」

 

強力な光弾を軽々と撃ち出すギャラクシア様。

三人「きゃあ!」

 

これでもメラゾーマじゃなくってメラなんだろうなぁ。

ギャ「お前達はここで自らの運命を呪いながら死んでいくのだ。ふふふふ、ふふふふふ、ははははは!」

 

ギャラクシア様高笑い。

やっぱりテンション高い。

天「こ、これは…」

海「スターライツ!」

 

通りがかりにテレビを視聴する外部戦士。

この四人は焼き鳥にならずにテレビ局に入れたんだな。

木「なんとかならないのか!」

水「銀河テレビに入る道はないわ! もし中には入れたとしても、ギャラクシアのいる空間は歪んでいて、入り口が見つけられない!」

 

セーラーテレボートでも無理なのかな。

月「やだ、そんなのいやー!」

 

三人が消し炭に…。

う「こんなに近くにいるのに、何にも出来ないなんて…そんなの、ひどいよ…」

 

いつもこういうときタキシード仮面が来てくれたんだけどなぁとか思うと、ほんと切なくなるな。

月「ちびちびムーン!」

 

そこにちびちびが降臨。

ちびちびムーンって言うのか。

夜「こんなところで」

大「私たちのしてきたことは、無駄だったというの」

星「しっかりして、私たちにはまだ…チャンスはあるはずよ」

ギャ「ふふふ、お前達はここでボロクズのように朽ち果てるのだ」

 

絶体絶命のスリーライツ。

そこに謎の光が降臨。

かっこいい。

木「ここは?」

 

外部より先に着いてしまった。

月「ちびちびむーん、これもあなたの力なの?」

ち「ちからなの?」

 

ちびちびムーンかわいい。

ギャ「この空間にこられるとは、とりあえずほめてやろう。その三人共々始末してやる」

 

ほめてもらえた。

夜「何しに来たのよ」

大「こんなことしても、恩になんかきないわよ」

 

恩になんかきないんだからね!

火「そんなつもりじゃ!」

木「私たちは、自分の星を守りたいだけさ」

 

ファイターって背後から見るとだいぶきわどい格好してるんだな。

判決状態。

月「ファイター、もう、会えないと思ってた」

 

このファイターかっこいい。

うさぎもちゃんと変身してるときはちゃんとファイターって呼ぶんだな。

ギャ「はははははは! 感動の再会という訳か、涙ぐましいことだ」

 

涙ぐましいといいながら爆笑するギャラクシア様。

月「ギャラクシア! もうひどいことはしないで。この星から、私たちの星から出ていって!」

ギャ「ふふふふふ、お前達のスターシードを私に捧げるのだ」

 

聞く耳持たない。

ギャ「邪魔だ!」

吹っ飛ばされる仲間達。

月「ギャラクシア! そんなことして、何でも思い通りになると思ったら大間違いよ!」

ギャ「この私に思い通りにならぬ事など無いわ!」

 

真のスターシード全然見つからなくってイライラしてたじゃないですかー。

ギャ「もう少しいたぶって楽しもうと思っていたが、私にそんな口を利いたことを後悔させてやるわー!」

 

怒らせてしまった。

すごい連射!

水「あ」

金「あっ」

木「あっ」

火「あー!」

 

怒らせたとばっちりで次々と撃ち抜かれる仲間達。

この演出熱い…。

スターシード抜かれてしまう四人。

ブツ…。

いいところでテレビが。

土「は!?」

 

天「……」

海「そんな…」

冥「……四つの星の輝きが」

天「消えようとしている…」

 

外部より先に内部がやられるとは。

星「なんで、なんで、私たちのために…」

水「大切な、人を、守る、ために」

大「大切な、人…」

金「そう、セーラームーンもスターライツも私たちにとっては、大切な人だもの…」

星「そんな、自分たちが消えてしまうのに!?」

木「お願い、私たちの代わりに、うさぎちゃんを、この世界を守って」

月「みんな、まって!」

 

仲間が…。

月「マコちゃん、美奈子ちゃん、亜美ちゃん…おいてかないで」

レ「甘えん坊さん、しっかりしなさい」

う「レイちゃん、だめだよ。最後まで一緒にいるって、約束したじゃない」

れ「バカ、うさぎには衛さんがいるじゃない」

火「ごめん、守って、あげられなくて…」

月「レイちゃん!」

 

レイちゃん死す。。。

月「いやーーーーー!」

月「返して、レイちゃんを帰して! マコちゃんを! 美奈子ちゃんを! 亜美ちゃんを! かえせー!」

 

かつてなく怒るうさぎ。

かえせ! の迫力がすごい…。

ギャ「美しい。お前達にいい物を見せてやろう。私が集めた真のスターシードの数々」

 

真のスターシードって結構たくさんあるんだな。

月「あ…」

 

ひときわ輝く金色のスターシード。

月「あ、あ……マモ、ちゃん」

 

マモちゃんスターシードにされてたのか。

こういう形で再会とは。。。

星「え…」

 

星野が反応。

ギャ「ほう、この金色のスターシードに目をつけるとはなかなか目が高い。これはこの星を司るスターシードだ」

 

マモちゃんも真のスターシードの持ち主だったとは…。

というかギャラクシア様、地球に来た早々に真のスターシード手に入れてたんじゃないか。

なのにあんなに焦ってたのか。あるものは全部手に入れないとダメなのかな。

月「うそ、それが、マモちゃんのスターシードならまもちゃんは、まもちゃんは…」

 

うさぎがマモちゃんの死をついに知ってしまったところで終了。

すごい引きだ…。

 

そして次回。

月「これが、マモちゃんのスターシード」

ギャ「そう、お前が最も愛する者の輝きだ」

 

ギャラクシア様もうさぎとマモちゃんの関係知ってるのか。

ギャ「ウラヌス、ネプチューンよ、セーラームーンのスターシードを奪うのだ!」

 

二人が闇落ちしとる。

シプリンさんと戦った時もこんな感じになってたっけな。

あれはCrystalのほうだったかな。

月「ウラヌス、ネプチューン、何で!」

ギャ「この者達はすでに私の配下。お前の仲間ではない!」

 

かっこいい。

幹部達もこんな感じで敵になってたのだろうか。

すっかり悪者になってしまった。

あと四話ずっとこの空間の中で戦い続けるのかな。

このテンションがあと四週続くのかと思うとなんだか壮絶だ。。。

 

 

コメント
ギャラクシアのあれなのにちびちびにムーンがつくのなんかモヤモヤするところですね(笑)
原作だとムーンつくのか本人に聞いてたけどはぐらかされた感じになってたんですけどね
一応設定としては、スターシードさえあれば何度でも甦られるみたいな感じにはなってるみたいですけどね
  • 百日紅
  • 2019/04/07 12:09 AM
たしかにギャラクシア様の関係者なのにムーンってちょっと変ですね。
いつ名前知ったんだって感じですし(笑)
今回次々死んでいってちょっとびっくりしました。
まあスターシードが残ってるから、初代ほどの反響はさすがになさそうですね。
  • じゅうや
  • 2019/04/07 12:36 AM
全銀河はこのが全銀が箱、生き延びて来たが生き延びてきてきた、仇が敵、強大が兄弟、利いたが聞いた、衛さんが守るちゃんになっている
  • ジーク
  • 2019/10/11 8:22 PM
 スターシードを抜かれたビーナスが外部に露出したそれを持って駆けまわるシーンを期待したのですが、流石にピュアハートを抜かれた時のようにはいかなかったみたいですな。
  • KK
  • 2020/02/15 8:01 PM
ピュアなハートの時の美奈子さんはすごかったですよね(笑)
  • じゅうや
  • 2020/02/15 11:13 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM