魔進戦隊キラメイジャー エピソード 「ガルザとクランチュラのジャメンタル研究所」

  • 2020.06.16 Tuesday
  • 00:52

こんばんは。

今日は魔進戦隊キラメイジャーの感想ですっ!

次回からついに新作ってことで、今週が最後の総集編!!

そんな今週は、ガルザとクランチュラが7、8話を見ながらジャメンタルについて考える話ですな。

あのエピソードを振り返るだけで30分話を持たせるってもはや匠の技。

二人の漫才も期待通り面白かった。

ガルザの非道っぷりにいちいち引いてるクランチュラがもはやいい人にしか見えない(笑)

 

そんなクランチュラ。

ク「おーい、ガルザ〜!」

 

なんか変なところに住んでるガルザ。


ガ「黒のキラメイストーン、憎き兄、オラディンによって魔進ジョーキーとなった特別な石。だが、我が力によって悪のオーラに染まりし闇の魔進となった。見よ、このチェーンソー! 闇が、たぎるぞ、我が愛機、スモッグジョーキーよ!」

 

冒頭からいきなりチェーンソーの自慢をするガルザ。

ガ「だが、やつは、安全装置を用意していた。白のキラメイストーンだ。いまいましいオラディンめ。そして、キラメイレッド!」

 

これって安全装置だったのか。いまいちよくわかってない。

ガ「だが、俺は、キラメンタルをもしのぐ悪のパワーを手に入れた。それこそが、ジャメンタル!」

ク「おーい、ガルザ! ガルザってば!」

 

一人で盛り上がってるところに友だちが遊びに来た。

ガ「うるさいぞ、クランチュラ」
ク「ジャメンタルのことを、教えに来てやったんだぞ。お前、光ディスクを知っているか?」
ガ「フッ、知らんな」
ク「じゃあ、見ろ! 光ディスクは、思い出の映像を記録できる優れものなのだ」

 

光ディスクを知らないって、SDカードとかダウンロードで済ます世代か…!

というか今時、光ディスクって言い方も懐かしいな。

ビデオCDとか入ってそうだ。


ク「これには、キラメイジャーとの、戦いが記録されている。お前が、ジャメンタルを、覚醒させた時の戦いもな。ジャメンタルの、コントロールには3つの要素が必要だといわれていてな…」
ガ「3つの要素…なんだ? それは」
ク「慌てるな! この記録を見て、キラメイジャーどもがキングエクスプレスを初合体させるまでの流れを振り返るぞ!」
ガ「俺にとって屈辱のあの戦いか。よかろう。そこから真のジャメンタルとは何か学ばせてもらおう!

 

ビデオCDのわりには画質いいな。

ビットレート1150kbitsしかないのに。

ガ「ガルザと!」

ク「クランチュラの!」

二人「ジャメンタル研究所!」

 

絵がかわいい。

ガ「人が輝く時、そこに奇跡が生まれるだと? くだらん! ヨドン様が絶対に、お許しにならないそいつらの名は…」


一同「魔進戦隊キラメイジャー!」

 

なんかディスられてる(笑)


ガ「2つの頭を持つダガメスを邪面獣にしたのか。いいだろー? そこでだ! 兄弟邪面師、カモーン!」


ク「まずは、邪面師たちから、思い出してもらおうか」
ガ「それはジャメンタルと関係あるのか?」
ク「いい質問ですねえ。全くない!」
ガ「おい!」

 

漫才…!

オ「熱き炎の仮面! チーン! オーブン邪面!」

フ「冷たき氷の仮面! フリーザー邪面!」
ク「この時の邪面は自信作だったんだ。見ろ、この造形美!」

 

またこいつら(笑)

先週振り返ったばかりなのに!

そして熱い名乗り。


また蹴る!

また落ちる!!


ク「兄弟だから力を合わせて戦えると思ったのに…」
ガ「そんなもの、哀れな幻想に過ぎん。兄弟にも闇はある。俺は、それを利用してキラメイジャーを倒そうとした」

 

兄弟の絆を信じるクランチュラ、結構お人好し。

ガ「弟のくせに、か…」

 

明子姉さん。。。

ク「邪面師は私の部下だぞ! なんで私に黙って勝手に利用するんだ! お前、「ほうれんそう」って知っているか?」

ガ「フン…バターソテーにするとうまい野菜だろう?」
ク「じゃなーい!」

 

ガルザ、ホウレンソウ食べるんだ(笑)

ク「部下が上司にするべきこと! 略して「ほうれんそう」だ!」

ガ「俺は、貴様の部下ではない」
ク「くぅ〜! ああ言えば、こう言う…」

 

ハグプリ見てた女児なら知ってる。

ク「私が邪面を与えるのはあまたいるベチャットの中からえりすぐったエリート中のエリートだけなんだぞ! それを粗末に扱いやがって!」
ガ「ほう…あんな雑魚どもにも優劣があるのか」
ク「知能、身体能力が進化すると体の色が変化してくる。それが、機は熟したという合図なのだ」

 

邪面師ってベチャットに仮面被せて作ってたんだな。

しかも成長すると色まで変わるとは、知らなかったなぁ。


ク「この時は、お前にも優しいところがあるんだなーと思ったが、完全にだまされたわ!」

ガ「フッ…甘いな。部下は手駒に過ぎん。己の目的を果たすためのな」
ク「うわあ〜! ブラック企業の社長かよ、お前!」

 

意外とホワイトっぽいヨドン軍。


ク「おい、ガルザ。お前、私に謝ることがあるんじゃないか?」
ガ「うん? 特に思い当たらないが。何かな?」
ク「私でさえ、1年に2〜3本しか飲めない超高級ドリンクをあいつに飲ませただろう! 許さ〜ん!」
ガ「ああ…何かと思えば、そんなことか」

 

やっぱり経費で落としたんだろうか。


ガ「知らなかったようだな。ウスギタゴールドは飲みすぎると副作用を起こし、体が崩壊する。功を焦って、用法用量を守らぬやつに明日はない」
ク「そそのかしておいてよく言うな、お前」

 

クランチュラ引いてる。

ガ「最後に覚えておけ。俺は、兄だけでなく弱いやつも嫌いだ」


ク「ひどいね、ホントに。キラメイジャーもドン引きだ。なんで、味方を斬っちゃうの」
ガ「邪面師など、闇ゲートを開くための消耗品に過ぎん」

 

なんかもうクランチュラがいいやつにしか…(笑)

ガ「それよりも、とっとと本題に入れ! ジャメンタルをコントロールするための3つの要素とは、なんなのだ!?」
ク「わかった、わかった。まず、この場面を見ろ!」
ガ「レーネツダガメス。お前史上最強の邪面獣だったのは認めよう」
ク「なんか引っかかる言い方だな…」

 

皮肉言われた。

ガ「それよりも…見よ! このスモッグジョーキーの姿! おぞましいほどに美しく、強い!」

 

自慢するガルザ。

スモッグジョーキー大好きだな。

ファ「ウ…ウソだろ! 俺たちのボディーにヒビが!」

ガ「レーネツダガメスの能力とスモッグジョーキーの力が合わされば、合体巨神も敵ではない。これが、俺の狙いだったのだ!」

 

まあ、身内でケンカしても割れるし。


ファ「なんだ、これ…力が抜ける…」
ファ「充瑠…おい!
ガ「キラメイレッドは本調子ではなかったようだ」
ク「えっ、何? それ。初耳!」

 

力尽きる赤。

クランチュラもなんか驚いてる。

ク「ねえ、ガルザはなんか見えてんの? ねえ、何?」
ガ「うるさい! 黙って見ていろ!」
ク「いや、だから、見えないんだってば!」

赤「見えないの? 目の前にいるよ…」
ク「見えないって言ってるだろう!」

 

クランチュラおもしろいなぁ。赤と会話してるし(笑)

ガ「俺以外にも…キラメイレッド! やつにも見えている! あれには驚いた。だが、この時、俺の中で驚きよりも、もっと強く湧き上がったものがある」
ク「ほう…それはなんだ?」
ガ「怒りだ! この俺を差し置いて次々と魔進を生み出すキラメイレッドへの怒り!」

ク「それだ!」
ガ「何!?」
ク「怒り…それこそがジャメンタルをコントロールするための要素のひとつ!」
ガ「あっ…そうだったのか!」

 

要素1は怒りであった。

ガ「やつは魔進を生み出しただけでなく、変形や合体までも、やってのけ巨神まで生み出した。生かしてはおけん」
破壊する。ついでに、お前を消せば、これ以上魔進が生まれることもない!」

 

赤を狙うガルザ。

赤「早く逃げて! ここは危ない、早く!」
警備員「はい!」

 

パジャマの男のいうことを聞いて逃げる警備員。

ガ「…わからん。どういう神経をしているんだ? なぜ、自分がこれから殺されるという時に他人の心配をする?」
赤「こっちが聞きたいよ! 人を助けるのに、理由がいるの?」

ガ「はっ…!」

 

聞き覚えがありそうなガルザ。

FF9でもやってたのかもしれない。


マ「お父様、少しは休まれたほうがよろしいかと」
オ「マブシーナ、私は、全ての民を幸せにしたい。苦しんでいる者は助けたい。休んでる暇などないよ」

オ「だが、これではお肌の輝きも、がた落ちするな。ハハハハハ!」

 

まさかの蔵出し(笑)

小粋なジョークがカットされてた。

ガ「兄上! なぜ、そこまで民のために自分を犠牲にするのです!」
オ「フフッ…ガルザ、逆に私が聞きたい。人を助けるのに、理由がいるかね?」


ガ「…わかったぞ。お前を見た時に湧き起こるこの怒りの根源が! ここで、さらに激しい感情が生まれた!」
ク「おお! 今度はなんだ? どんな感情だ?」
ガ「憎い! ただひたすらに憎い! 死してなお俺の邪魔をするオラディン! これほど憎いことがあろうか!」

 

肉い! 肉い! 肉買ったのよー!


ク「それだ!」
ガ「何!?」
ク「憎しみ…それこそジャメンタルをコントロールする2つ目の要素なのだ!」
ガ「フッ…ハハハハ…! そうか! そうだったか! ならば、今だけは感謝しておくぞオラディンよ!」

 

第2の要素は憎しみ!


赤「ひらめキーング!」
ガ「うおおっ…!」

 

ワイルドなひらめキング。


赤「完成! その名も魔進エクスプレス!」
ク「あいつ、確かにウザいね。一見、弱そうなのにさ」

ガ「キラメイレッド、やつの想像力はオラディンと同等…いや、それ以上かもしれん。必ず、この手で葬ってくれる!」

 

クランチュラにもうざがられてる赤。

ガ「怒りと憎しみ、2つの要素は、わかった。さあ、残るは、ひとつ!」

 

なんやかんやでオーブン邪面と対決するキラメイジャー。


ク「それなんだがな、ガルザ。実は、最後のひとつは、私もはっきりとはわからないんだ…」
ガ「なんだと? 今、なんと言った!?」
ク「いや、だから、その…最後のひとつははっきりわからない…」
ガ「ふざけるな! ここまできて許されると思うのか! 思い出せ! それがダメなら考えろ!」
ク「アーーっ!」

 

迫られるクランチュラ。


ク「そして、ああ〜〜! 私の邪面師が、また一人…」

 

話してるうちにやられた(笑)

そして蔵出しのロボット戦。

ハイキックが熱い!

しかしハイキックはカットされて、おおむねボコられてるシーンだけが使われる。


オ「君になら、私の残した夢を託せるかもしれないな」

 

オラディン王のどアップを垣間見る赤!


ガ「止めろ! この先は見るのも腹立たしい!」
ク「いや…ごめん、なんか機械の調子が悪くて止まんない」

ガ「なんだと!?」
ク「ごめんなさ〜い!」

 

ポンコツ(笑)

ク「あ〜あ、巨神、生まれちゃった。ガルザ、全然ダメじゃん! 散々、私の邪面師をバカにしたくせに」

ガ「黙れ! 黙れ、黙れ、黙れ〜!!」

 

乗っ取られるスモッグジョーキー。

ガ「ハッ! ええい! おのれーっ! バーンブラッカー!」
赤「それ、いただき!」

ガ「しまった!」

 

素早く合体解除する赤。

臨機応変だ。


赤「やったー!」

 

それでもう一回合体し直して撃破!

ガ「クーッ…! おのれえぇーーっ! 二度と、俺のスモッグジョーキーは奪わせん!」
赤「いいや、ピンチになったらまた返してもらうよ!」


ガ「俺は、お前のそういう物言い全てが生理的に受け付けない! 必ず、この手で葬るぞ! キラメイレッド!」

 

まあ勝手に乗っ取られてこんな言い方されたら誰だって怒る。


ク「ううっ…ガルザからあふれる、この力、まさしく…! 真の邪悪なる魂…ジャメンタルだ!」

ク「まさか、クリスタリアの者が覚醒するなんてえぇーっ!」

 

ジタバタするクランチュラ。

普通はクリスタリア以外の者がジャメンタルに覚醒するみたいだから、いずれクランチュラも覚醒したりしないかな。

止まった(笑)

が「そうか…わかったぞ! 今、再び屈辱を味わったことで、さらにジャメンタルがたぎるのを感じた。これが、3つ目の要素に違いない! 教えてやろう。それは…」


ガ「嫉妬だ! 我が愛するスモッグジョーキーが乗っ取られ、意のままに操られたのだ。俺以外の者が、俺の愛するものを、その嫉妬心が、あの時ジャメンタルを解放させたのだ」

 

怒りとか嫉妬とか、七つの大罪でも元ネタにしてるのかと思ったけど、憎しみはないか。


ガ「それだけではない。キラメイレッドの王に匹敵する想像力。そして、やつを支える仲間たち。どれも、俺が持ち得ないものだ」

 

想像力はともかく、仲間がいることに嫉妬してるのか。

意外と寂しがり屋なのか?


ガ「キラメイジャーは、さらに強くなっていくだろう。だが、それを、怒り、憎み、そして、嫉妬すればするほど、ジャメンタルが俺を強くさせる!」

 

負ければ負けるほど強くなっていく感じか。

マゾいなぁ。

ガ「そしてキラメイジャーをたたき潰し、この地球を闇に沈めてくれるわ!!」

ク「怖っ! ガルザ、怖〜っ!!」

 

ガルザのテンションが上がったところで終了!

クランチュラかわいかった。

ガ「クリスタリア宝路! なぜ、やつが、地球にいるのだ!?」

 

歌の所でまさかの新情報。

新キャラ、ガルザと知り合いだった!

やっぱりクリスタリア人とのハーフかな。

なんかタカオカさん思い出すな。

 

そして次回!

ナレ「ネクスト、キラメイジャー」

 

ようやく新作!

黄「実は、俺、同じ時間を繰り返してたんだ」
緑「何、つまんない冗談、言ってんのよ」

 

みんな総集編で同じ話を振り返ってたよ。


敵「はじめまして、キラメイジャー」

 

なんか強そうなのが。

黄「ゲーム、スタートだ!」

 

再開一回目は黄色回!

前回の黄色回はシャベローがメインだったし、本気の黄色回は初だな。

たのしみだ。

なにやってんだこれ(笑)

なんかもう新しい映像が見られるってだけでも喜びですな。

 

コメント
映画延期ですって
https://www.oricon.co.jp/news/2164757/full/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=tw_pic
他の映画も延びてるしそうなりますわね
  • 百日紅
  • 2020/06/18 7:11 PM
あぁ…やっぱり延びちゃったんですね。
でも、後半は意外と早くにやるんですね。半年くらい先だと思ってました。
連続でやるならそれはそれで悪くないかも…。
  • じゅうや
  • 2020/06/18 8:53 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    じゅうや (08/08)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    スマハピ苦手 (08/08)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    じゅうや (08/08)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    ルイージ&クリボー (08/07)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    じゅうや (08/03)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    二白桃 (08/03)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    じゅうや (08/03)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    プリキュア好き (08/03)
  • 魔進戦隊キラメイジャー 第16話「マシュマロワイアル」
    じゅうや (08/01)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第17話「最高のおもてなし!?ちゆのおかみ修行」
    じゅうや (08/01)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM