魔進戦隊キラメイジャー 第16話「マシュマロワイアル」

  • 2020.07.28 Tuesday
  • 00:28

こんばんは。

今日は魔進戦隊キラメイジャーの感想です!

今週は、過去の過ちに悩む話ですな。

今回は全員なんだかんだで見せ場あったし、マシュマロ邪面やたら強かったし、熱い回でしたな。

ロボット戦も人間とロボット同時に戦ってたりと凝ってたし、面白かったなぁ。

 

銀は付き合ってた女に誤解をされてしまったまま30年以上の時を過ごしていたらしい。

だから、マシュマロという言葉を聞くと完全に戦意を喪失してしまうという。

もし銀が一人のままだったら、クランチュラがマシュマロ手に入れた時点で詰んでいた。

 

そんな銀を、緑は見ていられずに、無理やり更生させることに。

やさしさからとかじゃなくて、銀が役に立たないとキラメイジャーの活動に支障が出るからと言う、極めて現実的な理由から手助けするという、なかなか斬新な展開。

意外とドライな性格かと思いきや、更生した銀を満面の笑みで見届けてたりと、やっぱり優しいところもあったという。

ドライなだけだったら、瓦礫が落ちてくる中、命かけてマシュマロ拾ったりはしないでしょうしね。

ツンデレというわけでもなく、当人はドライなつもりでも、実際は優しさから動いてるといった感じで、なかなか緑の性格も奥深いな。

 

そんなキラメイジャー。

冒頭からいきなりビームを撃たれる一般の人達。

アークゼロでも来たのか。

ギモーブになった。

回収するベチャット達。

マ「あらあら、まだいらっしゃいましたか。あさあ、マダムたち、美しくおなりなさ〜い!」

 

会場から現れるクシャおじさん。

また宝路のテンションが上がってしまう。

マ「私はマシュマロ邪面。見てのとおり、中高年のマダムたちを理想の姿にしているのでございマシュ」
桃「はあ?」
マ「美を求めるマダムたちは、マシュマロのような肌になりたいのでございマシュ」

 

駆けつけてきたキラメイジャー達にも礼儀正しくあいさつ。

礼儀正しい男だ。

緑「だからって、マシュマロになりたいわけじゃないでしょ!
マ「そう! ナイスツッコミ〜! クランチュラ様は、マシュマロを大変に気に入っておいでデシュ。そこで、人間をマシュマロにして闇エナジーもいただいておりマシュ」

 

緑褒められた。


銀「マ…マ…マシュマロ…!」
緑「うん? どうかした?」

 

銀も駆けつけてくるけど、いきなりマシュマロにびびる。

ゴーストバスターズみてトラウマにでもなったのか?

一同「キラッと参上! カラッと解決! 魔進戦隊…キラメイジャー!」

 

後ろ(笑)


銀「マシュマロ…」
女子「宝路くん」

 

過去を思い出す銀。

マシュマロ邪面を銃撃が襲う。

しかし吸収して、

跳ね返す! 強い。

うかつにメドローアも撃てない。

剣も効かない!

緑「ボディーなら、どうだ!
マ「ポヨン!」

 

脂肪に囲まれた身体は剣も通さない!

拳法殺しとおそれられたあの…。

赤がキラメイバスター!

マ「言うこと聞かないマシュマロボディー!」

 

キラメイバスターすらも吸収!

YAIBAの地下世界に出てきたゴールドを思い出すな。

一同「うわあーっ!」

 

強い。

「さて、次のマダムたちを探しに行きましょうか。マシュマロをたっぷりためてから、クランチュラ様に献上しマシュよ」

 

トドメを刺さずに去って行くマシュマロ邪面。

緑「宝路さん、どうしたの?」
銀「マシュマロは、俺の心の傷なんだ…」
緑「はあ?」

 

銀はまだわかりやすく凹んでいた。


博「にいに、マシュマロといえば、秋保ちゃんのことかな?」
緑「秋保ちゃん…?」

博「あれは三十数年前。にいにが高校生の時…」

 

博多南さんは知っていた。


秋保「勘違いしないでよね。私、マシュマロ好きだからホワイトデーのお返しにマシュマロが欲しいだけだから」

 

昭和にツンデレ現る。

この娘が秋保ちゃんらしい。

兄の知り合いをちゃん付けって、博多南さんはこの娘とどういう関係なんだ。

銀「おお…そうか。あっ…しょうがないな…」
博「にいには、当時、ワンダー両思いだった秋保ちゃんからバレンタインチョコをもらったんだ」

 

制服といい髪型といい、銀はずいぶんと今風だな。

昭和の男は全員学ランにリーゼントだろ(ぇ


男子「お前、池松から、チョコもらったんだって? 宝路は、もっと派手な女が好きだと思ってたけどな」

銀「いや、俺は、別に、あんなやつ…ハハッ…」

 

絡んでくる同級生達。

いらすとやって昭和の頃からあったんだな。

銀「秋保のやつ、俺が優しくしてやったから勘違いしたんだ。こんなチョコ、いらねえんだけどな…」

 

聞かれた!


銀「ああ…」

 

やばい。


博「照れ隠しにひどいこと言ったところを見られてしまったんだ」
桃「うわ〜、最低!
銀「無鈴! あんまりベラベラしゃべるな!」

 

やけに詳しい弟。

銀はしっかり全部話したのか。どんだけ仲いいんだ。

銀「でも、謝ろうとしてたんだよ。にいには。ホワイトデーにマシュマロを渡してね。だけど、その前日に、事件が起きて…」

ファ「謝ることができずに、クリスタリアに来たわけか…」

 

よくモヤモヤしたままホワイトデーまで我慢する気になったな。

すぐに謝らなかったのは、やっぱり顔を合わせる度胸がなかったからだろうか。


ショ「彼女は、今、どうしてるんじゃ?
博「バイオリニストとして活躍してる」
銀「ええ〜!?
博「ちょうど、今日、コンサートがあるはずだ…」
銀「おお…! ワンダービューティフルになったなあ」

 

彼女が高校生から一気に中年になったというのに、銀はまったく動じない。

むしろ感激してるあたり、熟女好きなのか。先週はロリコンだったのに!

緑「じゃあ、今からでも、マシュマロ持って謝りに行きなよ」
銀「えっ?」
緑「あっ、そうだ! 心を込めてマシュマロ作ろうよ!」
銀「はあ? 何、言ってんだ…」

黄「それ、いいかもな。その中で、マシュマロ邪面の攻略法もわかるかもしれない」

 

今日はやけに食いつく緑。

銀「今さら行ったところで迷惑千万だろ。それに、俺は、今日、お宝探しの予定がある…」

 

嫌そうな銀のアイテムをむしり取る緑!


緑「小夜姉、パス!」

桃「えっ?」

 

小夜はギモーブ食わないとな。

ク「地球で、かっぱらってきたこのマシュマロとかいうもの…マジうまい! でも、あとちょっとしかない!」

 

買ったんじゃなくてかっぱらってきたんだな。

この一週間ちびちび食べてたのか。涙ぐましいな。

ガ「邪面師が、今、人間で作っているのだろう?」
ク「そう! ビンいっぱいになったら帰ってくる! 楽しみだなあ」

ガ「フンッ」

 

楽しみにするクランチュラに優しく見守るガルザ。

和むなぁ。

桃「わたしたちが宝探し要員か」

青「なあ、小夜、宝路さんがお宝を探してるのはなぜだ?」
桃「教えてくれないよね」
青「見つかれば、わかる、か…」

 

宝を全部集めると歴代戦隊が消滅するんだろ。


青「…と、この辺りだな」
桃「緒白川のつり橋の下…今回は具体的に書いてあるのね」

 

謎解きはしょった(笑)

黄「まずは、一回、作ってみて、攻略法を検証しよう」
マ「卵白、グラニュー糖を混ぜて、泡立て、さらに、ゼラチンを混ぜたら冷蔵庫で固めるだけ! …だそうです」

 

マスクしてるマブシーナ姫かわいい。

緑「やんなよ、宝路さんも」
銀「嫌だ! なんで、んなことしなきゃいけないんだ」
緑「まだ、そんなこと言ってるの?」

 

ぐずる銀。


桃「あれ? これは…」

 

その頃、ピンク達も滞りなくお宝を発見。

なんか妖しげな光が出てます。

黄「この質感をどう攻略するかだな…」

 

ぷにぷにしながら攻略方を考える黄色。

燃やせばいい。


マシュマロ完成。

結局緑が全部作ったのか。


赤「ああっ! 誰? 冷凍庫に入れたの。凍っちゃって、カッチカチだよ!
緑「宝路さんが適当に入れたんでしょ」

 

銀は雑だな。

銀「はあ…うるさいなあ…お前が無理やり、やらせたからだ!」

二人「うわっ!」

 

ケンカしてたら赤に激突!

貴重なマシュマロが…!

黄「ん? うん…?」

 

食いつく黄色。


銀「なんなんだ、お前! さっきから、ずっと。俺のことだ! お前には関係ないだろ!
緑「あるよ!」
銀「えっ?」

 

緑が意味深な反応したところに敵の襲撃が――

マ「N255地区にマシュマロ邪面、出現!」
緑「それ、秋保さんのコンサートホールがある所だよ!」
銀「何!?」
緑「ちょうどいい! 宝路さんは渡しに行くよ!」

 

すごい偶然だ。


赤「あれ? タメくん?」
黄「先に行っててくれ、思いついたことがある」

 

マシュマロつまみ食いするつもりだな。


マ「不安定な世の中、安定しているのはマダムの体重だけ! さあ、マシュマロになってポヨポヨになってください!」

 

マダムを襲いまくるマシュマロ邪面。

なんてピンポイントな敵なんだ。

襲いかかる青!

青「そこだ!」

 

マシュマロ邪面の尻は青の剣も通さない。

マ「ほっ!」

 

逆にケンカキックをぶち込まれる青!

強い。


青「見つかったのはキラメイストーンだった」
ライムキラメイストーン「オイデマゼ!」
銀「そうか…」

 

ライムきれいだな。

桃「はい、これ、返却」

 

アイテムも返してくれた。

緑「いた、秋保さんだよ」
銀「秋保ちゃん…」

 

そうこうするうちに、秋保さんも外に出てくる。

裏口はないのか。

緑「行くよ!」
銀「うわあっ! 心の準備が〜!」
桃「瀬奈ちゃん、ああいう強引なとこあるよね」

 

無理やり連れて行かれる銀!


マ「何度来ても、私のボディーはマシュマロボディー!」

 

赤達が何とかしようとするも、相変わらず攻撃は効かず!

強烈なヒップアタックで返り討ち!


黄「みんな! 待たせた!」

 

そこに格好良く登場する黄色!


黄「おっさんに急いで作ってもらったんだよ」
博「名付けて、アイスバレット!」

黄「これを使って…」
マ「何をやっても効きませんよ」
黄「どうかな? キラメイショット!」


黄「何!? 冷たい! 体の芯が凍ってしまった…!」

 

凍り付くマシュマロ邪面!

直接攻撃が効かないだけで、特殊攻撃なら意外と効く様子。

やっぱり燃やしてもよかったんじゃ。焼きマシュマロうまいし。


黄「凍ったマシュマロを見てひらめいたのさ!」

 

黄色のヒラメキングかっこいい。

黄「凍らせて固めたボディーなら攻撃も効くはず!」
マ「うぎゃぁぁ〜っ!」

 

なんかあんまり効いてるようにも見えないが。


マ「だが、私は、マシュマロボディーだけではありません」

 

ついに本気を出すマシュマロ邪面。


ク「たまった! 出番だ! ハッシャリガニー!」

 

そうこうするうちにメーターも溜まって怪獣も出撃。

ク「以前のハッシャボタンリガニーはボタンを押す前にやられてしまったからな。今度は、ボタンがないから、発射し放題だー!」

 

弱点が改善されてる!

いきなり登場して容赦なくミサイルをぶち込んでくるハッシャリガニー!


マ「なんで私も〜!?」

 

まきぞえ(笑)

銀達も砲撃に巻き込まれて貴重なマシュマロが…!

すごい大惨事。

瓦礫が降り注ぐ中を緑が行く!

ばし!

銀「大丈夫か?」


銀「お前…」

 

惚れる!

青「2人が危ない!」

 

しかしハッシャリガニーに二人がピンポイントで狙われる!

赤「ひらめキーング!」

 

その時本家がひらめキング!


ライム「ヤリマッゼ!」

マ「まっち〜ん!」
黄「ミキサー車?」
赤「名付けて、魔進マゼラン!」

 

マゼラン出すならサラミスも出さないと。


赤「マゼランの中のスーパーコンクリートは、ミキサーを回転させることで液体の状態を保っているけど、放出すればスーパーに固まるんだ!」

 

なんか本格的な解説。

桃「やったー! マゼラン、超エモい!」

 

コンクリートで固められる発射台!


緑「ほら! これを秋保さんに持ってって!」
銀「なんで、秋保ちゃんのためにそこまで…わかった! お前も秋保ちゃんのような経験があるのか?」

緑「これ!」

 

かわいい。

男「いらねえよ、こんなの。今どき、手作りって…」

 

振られた…!

やっぱりゴディバじゃないとな。

緑「はあ? そんなんじゃないよ」
銀「えっ?」

 

回想が反論(笑)

緑「あのね、やり残したことをやりきらなきゃ、あんたの心はいつまでも先に進めないでしょ? そんなブレーキかけてたら
全速力なんか出せないじゃん!」
銀「お前、そこまで、俺のことを思って…」

緑「思ってないよ」
銀「ええっ!?」

 

振られた。

緑「宝路さん、私たちと一緒に戦うって、決めたんでしょ? だったらあんたが全力を出せないのは、キラメイジャーの問題
ってことなの! だから、結局は私の問題なの」

銀「そういうことか。お前、気に入ったぜ」

 

結構緑は現実的だった。

やっぱり陸上でチーム戦してるから、こういう考えが染みついてるのかな。

赤「うわあぁーっ! ああっ…!」

 

その時、赤は吹っ飛んでいた。


緑「みんな!」

 

マシュマロボディーが無くても普通に強いマシュマロ邪面。

というかこんなに動けるならマシュマロボディーも復活してるんじゃないのか。

銀「お前は、みんなと邪面獣をやれ。俺は邪面師を倒す。安心しろ、倒したら、マシュマロは、ちゃんと渡す」

緑「わかった!」

 

銀もようやくマシュマロを渡す気になった。

銀「マシュマロが相手とは、俺の心の傷を拭い去るのにちょうどいいぜ!」
マ「心どころか体中に、傷を増やして差し上げマシュ」

それで全員でにらみ合う。

熱い構図だ。

青「まずい! また発射する気だ!」
緑「マジか!」

 

さっき固めたコンクリートはいつの間にか取ったのか。

赤「またまた、ひらめキーング!」

 

またひらめいた!

赤ならアークゼロが出てきた瞬間にゼロツー作りそう。

赤「うおぉぉーっ! おっしゃーっ! これだー!」

 

なんかよくわからないデザインのマゼラン。

赤「為朝がかっこよかったから、ガンスタイルだ!」

緑「そ…そうか?」

 

照れてる(笑)

黄「マゼランショット!」

 

コンクリートのかたまりみたいのを打ち出すマゼラン。

ミサイルをつぎつぎと迎撃!

ショ「もう一丁じゃ!」
黄「オーケー! フッ!」

 

さらにリガニーの顔面も直撃!

緑「よーし! このまま突撃だー!」
マ「瀬奈お嬢様を止められる者は誰もいません!」
緑「当たり前でしょ! マゼランシュート!」

 

もはや緑を止めることは誰にもできない。

蜂の巣にされるリガニー。

銀「シャーッ! シャイニーング!」
マ「いやーっ!」

 

その頃、銀も圧倒していた。

四人がかりでも苦戦していた敵を…!

魔進「これでとどめだ!」
一同「マゼランフルブラスト!」

 

いろんなアングルから銃を撃ちまくってかっこいい。


銀「さあ、俺の心をカラッとさせてもらうぜ。これで、終わりだ! シャイニングビームアタック!」
マ「ひと言、多かったこと、心から、おわび申し上げマシュ〜!」

 

マシュマロも蜂の巣に!

熱く同時撃破!


ク「うわあ〜! 私のマシュマロが元の人間に戻ってしまった〜…!」

 

結局一人も食われずに済んだのかな?

ク「おかげでこれが、最後のひとつ…」

 

ペチャットに買ってきてもらえばいいのに!


ク「うわっ!」

 

しかし間の悪いことに後ろにガルザがいておっことす!

ク「ああーーっ! ああ〜〜…!」

 

ああ…。

ガ「愚かなやつ…」

 

そんな痛烈な(笑)


銀「約束の…マシュマロだ」

 

ついに渡す銀。

銀「あの時…ひどいことを言ってすまなかった。本当は嬉しかったんだ。照れ隠しで、あんなこと言っちゃって…」

秋保「わざわざ、これを持って、それを言いに?」

銀「約束…だからな。遅くなって、すまなかった」
秋保「宝路くん、30年経っても、何もかも、全然変わらないね」

 

30年前から服装のセンスはこんななのか。


青「宝路さんが落ち込むのは、キラメイジャーの損失か…」
黄「つまり、瀬奈は結局、自分のために謝らせたってことだろ?」
桃「結構ドライ?」

 

役に立たなければ容赦なく切り捨てるのかもしれない。

赤「ううん、それだけじゃないかも。見て、あの笑顔。本当に、それだけで、あんな笑顔になれるかな?」

 

赤は見抜いていた。

いい笑顔…。

秋「ねえ、宝路くん、なんでなんな変わらないの?」
銀「あっ、いや…そんなことより、秋保ちゃんは、ホントにワンダービューティフルで変わらないなあ」
秋「もう! 何? それ〜!」

 

二人よりを戻したところで終了!

ごぼう茶飲んでるから変わらないんだよな。

赤「マゼランはミキサー車!」


博「果物混ぜて…うん! ミックスジュースも作れるかな?」

マ「デキマッゼン!」

 

謎のやりとりを隔てて次回予告!

なんか濃そうな人が…!

銀「ついに見つけた! 俺の探していたお宝! というわけで、為朝、力を貸してくれ」

黄「うぉい!」

 

もはや仲間に頼りまくりの銀。

宝って結構早く見つけるんだな。当分引っ張るのかと思っていた。


銀「おう! ギガンとドリるぜ!」

 

ここってリュウソウジャーで宝探ししてた所かな?

デュワ!

マスク下ろすとウルトラマンみたいになるな。

ようやく銀のロボットが出てくる様子。

これが宝なのかな。

ザブングルに出てきそう。

 

そしてロボコン。

ロボコンが知らないうちに宇宙仕様になっとる。

ちょうど「燃えろ!」をやってた時期に、それは見ずに東映チャンネルで旧作の「がんばれ!」を見ていた思い出。

あのころはニチアサ見てなかったからなー。結局未だに「燃えろ!」は見ていない。

クックルンのアズキがロビンちゃんやるって聞いた時は驚いた。

ロビーナちゃんみたいな別人じゃなくて、昔のロビンちゃんと同一人物なんだろか。

名前が同じだけ…?

ロボコン単体じゃなくて三作同時上映なんですねぇ。

うーむ、単体なら迷うことなく見に行ったのだが…。

どうしようかな。

 

コメント
クランチュラ、マシュマロを万引きした上にオバサン達を素体にしてマシュマロを作ろうとしていたんですか・・。やはり彼は正当な悪党キャラという設定なんですね。

そもそも怪人が「人間を素体にして菓子に変えて食う」なら、せんべいなどの塩味系の菓子のほうがいい気がしますけど。

あとクランチュラがホラー系やエロ系のアイテムに興味を持ったら放送禁止な作戦が展開しそうです。
  • スマハピ苦手
  • 2020/08/01 6:03 PM
マシュマロ買ってきたのかと思ったら、万引きしてたあたりクランチュラ悪を貫いてますね。
魔神ブウも人間を甘い物にしてましたし、甘いお菓子が好きな方が愛嬌が出ますからねえ。

クランチュラこだわり深そうですから、エロも極めそうですね。
  • じゅうや
  • 2020/08/01 9:08 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ヒーリングっど♥プリキュア 第26話 「びっくり!アスミのラテ日記」
    じゅうや (09/28)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第26話 「びっくり!アスミのラテ日記」
    プリキュア (09/28)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第25話 「勇気を出して!とらわれのペギタン」
    じゅうや (09/26)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第25話 「勇気を出して!とらわれのペギタン」
    スマハピ苦手 (09/26)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第25話 「勇気を出して!とらわれのペギタン」
    じゅうや (09/25)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第25話 「勇気を出して!とらわれのペギタン」
    ルイージ&クリボー (09/25)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第25話 「勇気を出して!とらわれのペギタン」
    じゅうや (09/21)
  • 仮面ライダーセイバー 第1章 「はじめに、炎の剣士あり。」
    じゅうや (09/21)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第25話 「勇気を出して!とらわれのペギタン」
    プリキュア好き (09/21)
  • 仮面ライダーセイバー 第1章 「はじめに、炎の剣士あり。」
    KK (09/21)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM