スター☆トゥインクルプリキュア 第17話 「敵?味方?ブルーキャットの探しモノ☆」

  • 2019.05.26 Sunday
  • 11:54

こんばんは。

今日は日曜日なので、スター☆トゥインクルのプリキュアの感想です!

トランプ大統領もゴルフ場に行くヘリの中でワンセグつかって見てたはず。

 

それで今週は、再びゼニー星に行ってジャイアンズと戦いを繰り広げる話。

プルンスとブルーキャットの共演が色々と熱くて面白かった。

今回、一般人と戦うためにプリキュアに変身するという、地味に新しいことやってましたね。

みんな躊躇する中で、ブルーキャットの宝石をまもるためにためらわずにプリキュアになることを選ぶひかるが格好良かった。

やっぱりプリキュアは、「悪を倒すため」ではなく「正義を守るため」の存在なんでしょうね。

それを本質的に理解しているからこその、ブレのなさ。ひかるの奥深さが垣間見える。

しかもケルベロスをあっさり手なずけたり、なんかもういろいろすごいし(笑)

やっぱり、ひかるはマナさんの再来のような気がしてならない。

 

ブルーキャットの事も徐々に明かされてきましたな。

惑星レインボーの出身で、それにまつわる宝石を集めている様子。

宝石以外の盗品は、恵まれない人に寄付をしているらしい。

惑星の人が宝石に変えられていて、惑星を復活させるために集めてるとかなのかな。

でもカラーペンも狙ってるんですよね。他にも何か目的あるんですかねえ。

ココロパフュームみたいのつかって変身もほぼ完璧にできるから、ブルーキャットがバケニャーンに化けてるという可能性もなくはないし、謎は深まるばかり。

あと、惑星レインボーってくらいだから、プリキュアになるとしたらまたパルフェみたいなマルチカラーになるのかな? と思ったのですが、なんかCMで…(笑)

 

そんなプリキュア。

え「あそこにおとめ座のプリンセススターカラーペンが?」

ひ「ゼニー星、キラやば〜っ」

 

いきなり左上にやばいのがいる(笑)

ゼニー星よ、私は帰ってきた。


え「ここだ、ペンダントの反応は。この家からだよ」
ひ「大っきい〜」

 

ペンダントの反応をたどっていくと謎の豪邸が…。

しかしゼニー星っていつも夜だな。キン肉星かと。

謎「あら、プリキュアじゃない」
ひ「あれは…」

 

謎ポーズで後ろを向く一同。

ブ「全宇宙をまたにかける。宇宙怪盗・ブルーキャット!」

 

またユイさんこんな所に。


ブ「実は、ここ、ドラムスの屋敷なの――宇宙で買い集めたお宝がこの屋敷のどこかに保管されているのよ」

え「プリンセススターカラーペンも?」
ブ「もちろんあなたのレーダーを使えばプリンセスの力も見つかるし、ほかのお宝のありかも分かるってわけ。ねっ、だから協力といきましょ」

 

協力を持ちかける怪盗。

前に来たときは反応無かったわけだから、ペンはこの二週間で手に入れたのか。

ま「協力って…まさか、あなたと一緒に泥棒をしろと?」
プ「そんなのダメに決まってるでプルンス。誰が協力するかでプルンス!」

 

プルンス激怒。


ま「ええ、そのとおりです」
ラ「プルンス、はっきり言ってやるルン」

プ「怪盗なのにアイドルをかたってファンの心をもてあそんでお前は…お前というヤツは…」
ブ「何か落ちたわよ」
プ「プルンスの青春を返せでプルンス」

 

プルンス魂の叫び。

ま「怒るポイントが一人だけ違います」

 

まだ心の傷は癒えてなかった。

え「やっぱり、まずはペンをゆずってもらえないか、ドラムスさんと交渉してみよう」
ド「おことわりだね。ブルーキャット、この前はしてやられたが、今度はそうはいかない。むしろ、こちらがプリンセスの力をいただく」

ラ「なんで知ってるルン?」
ド「金にものをいわせて調べたのさ」

 

やっぱりジャイアンがめついな。

ま「申しわけありませんがおわたしすることはできかねます」
ド「だろうね。そこで提案だ、おたがいのプリンセスの力をかけて勝負しよう」

 

プリキュアに泥棒させるわけにはいかないので、勝負という体にするドラムス。

心憎い提案だな。

見…!

一同「きゃー!」

 

なんでプルンスまで落ちるんだ(笑)

クッションになるプルンス。

相変わらず有能な男だ。

ひかるがキュアダイヤモンドの再来になっている。

起動する最終防衛システム…!

ちゅん!

プ「あちゃー!」

ブ「頭を下げて!」

 

もうちょっとで脳天撃ち抜かれてた。


ド「さぁ、勝負開始だ。宝のありかまでたどり着いて、見事、ボクから、うばってみたまえ。できなかった時は君たちのプリンセスの力をいただくよ」
え「勝手なことを…」

グラサンで分析するブルーキャット。

セーラーマーキュリーみたいだな。

ブ「あそこが出口みたいね」

 

まあ、それは見ればわかる。

ブ「頭のすぐ上にセンサーがあるから立ち上がると、うたれるわよ」
ブ「天井のビームをこわすしかないわ」
ラ「どうするルン?」

 

センサーはセンサーでも、よくあるレーザーみたいなのじゃなくて、赤いモヤモヤ。

ブ「キュアソレイユ、手つだって」
え「あたし?」
ブ「走るのが得意なあなたが適任なの分かった」

 

ブルーキャットは普段もプリキュア名で呼ぶんだな。

人に聞かれたら正体ばれてしまう。


ブ「それからプルンスはロープに変形ね」
プ「はぁ? 誰がお前の言うことなんか聞くかでプルンス。絶対、断固、かたくなにおことわりでプルンス!」

シュッ。

これはココロパフューム!

マ「プルンス、お願いニャン♪」

 

変身した!


プ「最高級ロープでプルンス」
マ「ありがとニャン」

 

ちょろい(笑)

え「いくよ、用意、ドン!」

 

えれなクラウチングスタート。

雨あられと降り注ぐレーザーの中をダッシュ!

今年のプリキュアはすごい命かけてるな。

マ「この隙に」

マ「ふっ!」

すげぇ!


ド「やるね。だが、この先はそうはいかないよ」

 

なんかこの絵いい。


ひ「ねぇ、ブルーキャットってわたしたちのことくわしそうだけど、なんで?」
ブ「うん? フフ…宇宙怪盗は何でもお見通しニャン」

 

鏡つかってプリキュアの私生活をのぞき見してる神が後ろ盾にいるんだろう。


ひ「…って、答えになってないよ」
ブ「フフフフ…」
ラ「わらってごまかしてるルン」

 

無言でやりとりを眺めるえれな。

なんだか意味深…。

プ「プルンスはあの笑顔にごまかされて青春をうばわれたでプルンス。プルンスのバカ、バカ、バカ…」
ま「意外といい音しますね」

 

いい音(笑)


兵「われらはドラムスさまの私設軍隊。人よんで…ドラゴン兵団!」

 

広いところに出ると、ジャイアンズが行く手を阻む!

ひ「ドラゴン兵団、胸おどるネーミング」

 

今日のキラやばは刺激が強い。

ひかるこういうネーミング好きなのか(笑)

宇宙大魔王のときもテンション上がってたのかな。

兵「すぐに降参しろ、さもなくば…」

 

容赦なく殺りにくるドラゴン兵団。


ブ「宇宙から集められた精鋭たちよ。まともにやっても勝ち目はないわ」

ひ「あの人たちにもくわしいの?」

ブ「でも、プリキュアに変身すれば勝てるかも」

 

変身するように煽るブルーキャット。

ま「それはダメです。悪者でもない方々をやっつけるわけにはいきません」

ひ「あっそ」

 

やはりプリキュアは怪物意外には力を振るわないのだな。


ひ「坂道、終わり!」

ラ「ひかる、起きるルン」
え「気絶してるだけだけど」
プ「早くしないと追いつかれてしまうでプルンス」

 

勝手に転けて気絶って、壮絶だな。

ド「お粗末だね」
ラ「ルン?」

 

そこにやってくるドラムス!


ド「何をしている!」
兵「ヤツらは、あっちににげたぞ!」


ラ「行ったルン」

え「ドラムスさんが助けてくれるなんて」

 

ジャイアンがいいやつになった。劇場版みたいだな。

ひ「ありがとう、ブルーキャット」
え「えっ?」

 

ひかる復活。

このひかるかわいい。

ひ「ほら、あの尻尾」

 

ひかる見抜いていた。やはり有能だ。

というかブルーキャットって尻尾生えてるのか。

まさかサイヤ人…!

ひ「ブルーキャットのいいにおいがするフワ」

 

フワも有能。

ブ「ご名答。でも、べつにあなたたちのためじゃないわ。勝負に負けたら宝が手に入らないから」

ひ「またまた〜」

 

あなた達のためじゃないんだからね!

ココロパフュームどこから盗んできたんだ。


ド「引き返せ! あれはニセモノだ」
兵「えっ!」」

 

ばかもの〜、あいつがルパンだ!

どたばた逃げる一同。

えれなの逃げ方がじわじわくる。


兵「ウッ…あいつら、よりによってあの部屋に入ったぞ」

 

謎の部屋に逃げ込む一同。


ラ「真っ暗ルン」
プ「明かりがついたでプルンス」
ラ「でも明るくないルン」

 

バッグベアード様…!

三つに増える灯り。

ラ「やっぱり明るくならないルン
ブ「なぜでプルンス?」

 

やけに灯りにこだわるララ。

いい顔(笑)

うお、まぶし!


怪物「ケローン!」

一同「ケローン!」

 

ビビる一同。

ララの右手が熱い。

ド「フフフ…そいつはわがドラゴン兵団でさえふるえ上がる、恐怖の宇宙危険猛獣・宇宙ケルベロス!」
ケ「ケローン!」
ブ「宇宙の番犬とよばれる猛獣よ」

 

ドラクエとかにありそうなシチュエーション。


ブ「さすがに変身したほうがいいわよ」
ラ「わわ…分かってるルンルン。動きたくても…」
ブ「プルプルでプルンス」

 

恐怖のあまり触角も変な形になってるララ。

髪の毛むしり取られそう。


ド「むっ? どうした」

 

いきなり転倒するケルベロス!


ひ「宇宙ケルベロス、キラやば〜っ」

 

!?


ひ「よしよし。かわいいね、かわいいね〜」
ブ「宇宙ケルベロスを…」

ド「手なずけただと?」

ひ「うちにもイエティって犬がいるんだよ」
ド「かい犬あつかい!?」

ひ「よ〜し、よしよ〜し、よしよし…」

 

強え!


ケ「ケロ〜ン!」

兵「ほほー!?」

 

ハドラーみたいだ。

兵を一網打尽。


ひ「またね〜」
ブ「あなた何者?」

 

キラやばの力は計り知れない。

え「ペンダントの反応はこの中からだよ」
ま「鍵がかかってますね」
ブ「どうってことないわ」

 

ピッキングであっさり開くドア。

レーザーだの精鋭部隊だのセキュリティにお金かけてるわりには、肝心のドアがえらいアナログである。

扉が開いたところでCM。

おともだちに謎のぼかし。えろほんかと。

ぼかしの入ったCMみたのって、90年代にやってたペプシとコカコーラの比較広告以来だ。

たのしい幼稚園にもぼかし!

でも色合いで大体察しがつくなぁ(笑)

やっぱり今年も六月に入るあたりで追加戦士発表なのかな。

考えてみるとあと数日だな。

無造作に放り込んであるお宝たち。

買うのが目的で買ったら興味無くすタイプか。


ま「こんなに…たくさん高価な品が…」
ラ「すごいルン」

 

中世の海賊がため込んでそうなお宝ですが、この大量の金貨もオークションで買ったんだろうか。

それとも宇宙海賊から略奪でもしてきたのか。

プ「あったでプルンス。プリンセススターカラーペンでプルンス」
ま「これで勝負はあたしたちの勝ちだね!」

 

前はトイレの電球にするっていってたのに、だいぶ扱いがよくなった。


プ「おっ、惑星レインボーの宝物でプルンスな」

 

意味深に宝を見るブルーキャット。

プルンス詳しいな。

え「……」

ブ「無事だったのね」

 

意味深なブルーキャット。

全部集めると惑星ベジータが復活するんだろう。

ひ「この宝石。ブルーキャットもすきなんだね」
ブ「えっ…」

ひ「とってもキラやば〜っだよね」


ブ「まあまあね……ふっ」

 

微笑むブルーキャット。

ブ「さぁ、最後の仕上げよ。カプセル倉庫よ。お宝つめこんで帰りましょ」

 

またポイポイカプセル使っとる。

どんどん詰め込むブルーキャット。

ひかる達が負けてもカラーペン取られるだけだけど、ドラムスが負けると財産まで持ってかれるからなかなか割に合わないな。

しかもどっちが負けてもブルーキャットは何も損をしないという漁夫の利。


ブ「フゥ…」

 

一仕事終えて満足げなブルーキャット。

ド「まさか、ここまで来るとはね」
ブ「ドラムス!」

ド「ボクは君たちをあなどっていたよ」

 

そこにラスボス登場。

ブ「お気の毒さま宝はいただいていくわね」

プ「勝負は、こっちの勝ちでプルンス」

 

なにげに息が合ってる二人。

ド「いや、まだだ。まだ最後のトラップがのこっているのさ!」
ラ「竜が動きだしたルン」

 

ついに最終兵器が…!


ド「何のつもり!?」

 

何をとち狂ったのか自分の宝を破壊し出すドラムス。

ド「ブルーキャット。金にものを言わせて調べたよ。君は惑星レインボーの宝以外はうばった宝をまずしき者たちに分けあたえているそうだね」
ひ「えっ?」

 

ブルーキャット義賊だった。

ネコなのにネズミ小僧。

ド「君、そして宝の価値が分からないさもしい一般人にやるくらいならすべて、つぶしたほうがましだ。コレクションはまた買い集めればいい!」

 

なかなか筋の通った男だ。


ド「ハハハハ…宝はわたさない!」

ブ「あっ…やめっ…」

 

ブルーキャットが弱気に…!

ひ「みんな、プリキュアに変身だよ!」

ま「……」

 

一般人相手にプリキュアになることに躊躇する三人。

ひ「止めないと!」

 

ひかるは迷わない。

三人「うん!」

 

ひかるのリーダーシップがすごい。

それで変身!

一般人相手に変身ってこれが初なのかな?

プリキュアの力を部屋の片付けに使った人ならいたが。

ド「あいつらがプリキュアだと?」

 

知らなかったんか。

さっきソレイユとか変身しろとか言ってたのは聞いてなかったのかな。


プ「これをこわしちゃダメ!」

 

例によって持ち上げるプリキュア。

ソ「そうだよ、だって、この宝物はブルーキャットを笑顔にしたんだ」
ブ「えっ?」
ソ「ふだん見せてる笑顔とはちがう心からの笑顔を…ひかると一緒の時に見せたんだ!」

 

まどか熱い。

ス「サングラスしてたって分かるよ。あの宝物が大切なものなんだって!」

ブ「……」

 

ひかるも見抜いていた。

ド「だからどうした!」
ミ「オヨ…」


セ「なんてパワー。このままでは持ちこたえられません」

ド「だろうね、ボクが金にものをいわせて作ったものだ。いくらプリキュアでも」

 

一般人の身でプリキュアに対抗出来る兵器を作れるとかすごいな。

四葉以上の技術力かも知れない。

ミ「あれルン、あのリモコンを使えばきっと止まるルン!」

 

冷静で的確に見抜くミルキー!

ス「OK、わたしにまかせて!」


ブ「プルンス」
プ「えっ?」

 

いきなり振られるプルンス。


ド「ウッ…」

 

二人に迫られるドラムス!

ブ「悪いけど、まかせられないわ。しんじられるの自分だけなんで」

 

共闘するのかと思ったら、違った。


ブ「さぁ、リモコンをわたしなさい。それで終わりよ!」
カ「いや、始まってもいないな。やはり、わたしは強運と見える。プリンセスの力をさがしにきたらプリキュアに会えるのだからな」」

 

今日は来ないのかと思ったら背後から…!

ド「何だ? お前らはどうやってここに来た!」
カ「造作もない。空から来ただけのことだ」

 

宝物庫、窓から直接入れた!

無防備(笑)

カ「わが刃よ! とくとすえ!」

 

そしてかっこいいバンク。

カ「ゆがんだイマジネーション!」

 

中一週でまた被害に遭うドラムス。

過去に何度も怪物にされた人はいるけど、こんな短期間で被害受けるのは初だな。

相変わらず格好良すぎて笑う。

今回は怪物にされるわけではないんだよな。

いずれテンジョウの被害にも遭ってコンプリートしそうな予感。

ブ「リモコン!」

 

落っことしたリモコンをブルーキャットが奪取。

意外とでかい。

カ「いくぞプリキュア! まとめてかたづけてやる!」

 

今回は三節棍の様子。

カッパードは武芸百般だな。

当たったらヤバそう。


セ「あなたたちは…」
ミ「わたしたちが相手ルン!」

 

かっこいい。

このまま次回に続きそうな絵だ。

二人「うわ!」

 

直撃食らう二人。

カ「あそこか。プリンセススターペン、もらった」

そこに謎のキャッツカードが!

カ「なっ!」

 

顔面に思いっきり食らうカッパード!

そしてぐるぐる、

昇竜拳!

なんかすごい絵面(笑)

最初に見たときはカッパードを殴ったのかと思ったけど、よく見たら殴ったのは棍のほうだった。

それでペンをゲット!

かわいい。


ソ「プリキュア! おとめ座!」

 

Ω!

ソ「ソレイユシュート!」

おとめ座要素がまったくわからない!

カ「クッ…うぬぅ…」

 

耐えた。

代わりに弾かれた球がノットレイを襲う!

それでサザンクロスショット!

三節棍退職!


カ「今日は、武器がいまいちだった」

 

三節棍はお気に召さなかった様子。

ド「うぅ…助けてもらった礼をする。いくらだ?」
ひ「お金はいいんで代わりっていったらなんだけどプリンセスの力、くれない?」


ド「あっ、あぁ、いいとも。というか、むしろ持っていってくれ。そいつがあるとまたあんなのが来るんだろ? 真っ平ごめんだ」

 

ちゃんと恩は返すあたり、やっぱりいい人だな。

ひ「ねぇ、それから、ほかの宝物なんだけど…」
ド「君たちの勝ちだ、すきにしたまえ」

ひ「ありがとう!」

 

こうしてみるとドラムスでかいな。


ひ「よかったね、ブルーキャット」

ブ「……」

ブ「まぁ、当然ね」

 

なかなかデレない。

それで復活の儀式。


フ「おとめ座フワ〜!」

 

ひれ伏せ!

フ「星の輝き〜! もどるフワ〜!」

おとめ座復活。

やっぱり乙女だけあって正統派にかわいい。

あと5時間…。

終盤の三つが連続して復活してないのが気になる。

まとめて復活したりして。

乙女「皆さん、ありがとう」

今回も言葉のキャッチボールはなし。

例によって雑修理。


兵「整列! ようこそ、わがドラゴン兵団に」

一同「えっ?」
ひ「キラやば〜っ」

 

徴兵されてる(笑)

え「ど…どういうこと?

ド「聞いてないのか? ブルーキャットにオークションの時にぬすんだ宝は返せと言ったら『宝のかわりにプリキュアをドラゴン兵団に入れてもいいわよ〜』」

 

売られた…!


え「ごめんね、あたしたち帰らないと」
ま「学校もありますし」
ド「そんな…!」

 

がに股(笑)


ブ「今回はとれなかったけど、いずれ…最後にわらうのは、わたしよ」

 

まだ企んでいる。

ブ「ウフフフフ…」

 

目は赤いんだ。

灼眼のなんとか…!

 

そして次回。


ひ「お母さんの漫画が掲載されるんだ〜!」

 

ようやくひかるの家族回!

なんかスレイヤーズっぽい絵ですが、母親漫画家だったのか。

ひまりの前世みたいだな。

一瞬ブロガーじゃなかったっけ? とか思ってしまったが、それはここたまだった。

苦悩している。

え「みんなでお手つだいしよう」
ま「精一杯がんばります」

 

えれなかっけぇ。

ネタのためにコスプレさせられるってパターンかな。

医者のコスプレって事は、ブラックジャック的な漫画でも描いてるんだろうか。

それとも唐沢なをきのホスピタルみたいな…(オイ

ラ「ルン! ところでマンガって何ルン…?」

 

ララ、マンガ知らなかった。

八月頃に有明に行けばララのマンガたくさんあると思うから案内してあげればいいと思う。

これから新連載なんだな。

まいんの母親みたいに売れっ子というわけではない様子。

ともかく家族ネタたのしみだ…。


そして今週は、おひつじ座、いて座、しし座の三人。

しし座といて座、兄弟で強いな。

 

コメント
なぜかえれながよく持ってるレーダーに名前はないんでしょうかね。
ゼニー星は惑星サマーンや惑星レインボーとは違って惑星とは呼ばれてないので、惑星ではない、つまり恒星の周りを回ってはいないのではないでしょうか?
だから常に夜であると。
ブルーキャットの目の色は意外でしたね。
目が33ほどではないですけど。
  • 二白桃
  • 2019/05/28 9:12 PM
あのレーダーはスターカラーペンダントじゃないですかね。
そういえばゼニー星って惑星って言われてないですね。
ラスベガスみたいに不毛の星を改造したとかだったりするかも知れないですねえ。
マオの目がブルーキャットも緑だったんで緑かと思ったら違いましたね。眼鏡外したら33になって欲しいですね(笑)

  • じゅうや
  • 2019/05/29 12:11 AM
今さら気づいたけど日本語おかしいですね(汗
「マオの目が緑だったんでブルーキャットの目も〜」でした。
  • じゅうや
  • 2019/05/29 9:03 PM
私も見返すと変な日本語使ってる時あるんで気にしないでください。
そういえばあれはスターカラーペンダントですね。
私はプリキュアの装備品や技の名前はあまり覚えられないんです・・・
既に緑キュアと紫キュアがいるので追加戦士が青キュアだとすこし地味になる気がします。
テンジョウが光堕ちするか香久矢満佳が光に戻るかして赤キュアになった方が良いんじゃないかと思います。
  • 二白桃
  • 2019/05/30 12:06 AM
私もアイテムの名前とか全然覚えてませんね。。。
スターカラーペンダントも公式見て思い出しましたし(笑)
追加戦士で青ってなにげに初ですね。
青って初期メンバーの印象が強いので、追加で青だとどうも地味な印象になっちゃいますね。
むしろアイワーンが光堕ちして初の単眼プリキュアに…。
  • じゅうや
  • 2019/05/30 12:34 AM
宇宙ケルベロスの頭部の目はアイワーン同様に単眼なのにさほど怖さとか気持ち悪さを感じにくいんですよね。これは「ノットレイダーのメンバーでない」とか「知的生物でない」からでしょうか!?

ついでにテンジョウがドラムスを超ノットレイに出来るかどうかは疑問です。ノットレイ軍団は人間型エイリアンしか存在しないので、竜人のドラムスに着せられる戦闘服があるとは思えません。ちなみに来週の予告にテンジョウが登場していたので、ひかるの母親が超ノットレイにされるのが予想できます。
  • スマハピ苦手
  • 2019/06/01 7:10 AM
ケルペロスもなんだかんだで可愛らしく描かれてますからね。もともとそんな凶暴な動物じゃないのかも知れませんねえ。

まあ、太ってるノットレイもいますし、ドラムスやるとしたら特注でスーツも作るんじゃないでしょうか。
次回の被害者はやっぱりひかるの母でしょうね。母親がスーツ着て攻撃してくるって、なんかエグいですねえ。
  • じゅうや
  • 2019/06/01 9:50 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
やめて…ゼニー星に行かないで!上坂が出ちゃうからぁ!! アイワーン信者涙目。 ブルーキャットの腋やミニスカ絶対領域にばかり目がいって集中できないんだよ! とりあえず今回は、ヤ●オクのドラ息子からプリンセススターカラーペンを奪うために共闘するプリキュアチ
  • 新四十路男の失敗日記
  • 2019/05/28 7:16 PM
おとめ座のプリンセススターカラーペンを求めて、再びゼニー星へ。 早くもキラヤバ全開のひかるちゃんにワロタwww で、行き着いた先がドラムス邸。いかにも大富豪の屋敷って感じ^^; 待っていたのはブルーキャット、ドラムスは勝負を提案。 キミたちが勝ったらお宝
  • のらりんすけっち
  • 2019/05/29 9:38 AM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM