騎士竜戦隊リュウソウジャー 第19話 「進撃のティラミーゴ」

  • 2019.07.30 Tuesday
  • 00:45

こんばんは。

今日は騎士竜戦隊リュウソウジャーの感想ですっ!

今週は、メルトとティラミーゴがケンカする話ですな。

なんだかティラミーゴすごいなぁ。

初期の頃はなんかかわいいくらいだった印象だったけど、回を重ねるごとにどんどん人格者ぶりが増していく。

もはや完全に「出来た大人」になっていないか(笑)

 

ともかくそんな人格者にも嫌いな人間がいて、青にだけは邪険な態度をとり続けているという…。

青の無神経な様子が気に入らなかったようですが、ずっとまともに名前呼ばないのはネタでやってるのかと思ったら、結構根が深かったんだな。

なんやかんやあってティラがちゃんと名前呼んだところはよかったですな。

呼んだのは美佐子さんに名前を伝えるという形だし、まだ面と向かって読んだわけではないですが、その辺ティラミーゴのテレがうかがえてなかなか和む。

次に名前呼ぶのはいつになるのかちょっと楽しみです。

 

そんなリュウソウジャー。

マウントに立つ肉食獣。

そういえば最近プリキュアって野球やんなくなっちゃったな。

ハピプリが最後かな。

どどどどん、どどどどん。

審判「ホームラーン!」

 

そっちかよ(笑)

というかデッドボールじゃないのか。


ティ「我が輩は騎士竜。名はティラミーゴ。訳あって今は、この街に住んでいる」

 

贈る言葉が流れてきそうな土手を歩くティラミーゴ。

ドラえもんばりに町に馴染んでるな。


ティ「我が輩は、この街が好きだ」

ティ「助け合いながら生きているこの街の人間が好きだ」

 

達観しとるのう。


ティ「ソルト」
青「メルトだ。ちょうどよかった荷物を持ってくれ」

ティ「我が輩は、この街が好きだ…こいつ以外は」

 

いい話かと思ったら、なんかひどい(笑)

尚「ガーン!! なぬ〜!? なぬ!? なぬ!? なぬ!? これ、な〜ぬ〜!?」

 

散らかりまくる仕事部屋。

尚「えっ…ガ〜ム〜!!」

 

ひでぇ。

なんでいきなりこんなになったのかと思ったら、尚久さん旅行行ってたのかな。


コ「ど〜も〜…」
尚「冷蔵庫、開けっぱなしにしない」

桃「今日も暑いですねえ…」
尚「うん、アイス食べる時は溶ける前になめる」

 

すっかり怠惰な文明生活に染まっているのう。

青「扇風機と扇風機を結ぶ直線上に俺が位置することによって、風を最大限に生かせる。だから、ここに、とどまり続ける」
尚「わかったから! そういう、訳のわかんないへりくつは、いいからちょっと、そこ、どいて!」

 

スーツケース投げた! 尚久さん怖い。


尚「はい、みんな、これ見て〜! はい、読んで! ルール、決めたよね?」

 

ここまででっかく注意書き書くって、これまでも相当やらかしてそうだな。


桃「あっ…」
尚「あっ、やっちゃった」

尚「さっき言ったばっかりだよね? アイス。そういうのが一番嫌いなんだよな。はい、みんな、出てって〜」

 

 

怒りがガチだ。

追い出される正義の味方。

赤とピンクはともかく、青は真面目っぽいのに片付けようとしなかったのかな。

ひなた小学校。

ティ「気がつくといつも、ここへ来てしまう」

 

不審恐竜。

ティ「子供の声は、いい。心が癒やされる。未来の声だ」

 

じゃれつく児童。

よく見たら一人女子がいた。男子に混じって何やってるんだ。

先生「夏休みだからってダラダラしないで体育教室で体を動かしましょうね!」

 

サワさん!?

物理法則を超えた力で小学校の先生に転生していたのか。

飯村美佐子さんという名で生活しているらしい。

児童「あっ、ティラミーゴだ!」
美「みんな、廊下は走らない! これから授業ですよ!」」

 

もしやこの子達は難波チルドレン…!

というか夏休みなのに授業があるのか? 登校日?

プールならわかるけど。


美「はあ…もう…どうしたら、みんな、ちゃんとルールを守ってくれるの?」

注意書きだらけ。

スマホ禁止はないのかな。

たばこ吸うなとか、窓ガラス割るなとか、盗んだバイクで走り出すなとか。

ク「ホント! ルール守んないとろくな大人になんないっすよねえ〜」
ク「ねえ、ワイズルー様!」

ワ「ねえ、クレオン。この星の未来が、心配オブ心配」

 

給食食ってる(笑)

クレオン楽しそうで何より。

美「何? そのふざけた格好は! 学校は仮装禁…」
ク「エイヤッ」

 

なんか食わされた!

美「にっが…! でも、ちょっと…フルーティー…」
ク「でしょ? 好きだと思ったんだよね!」

 

フルーティなんだ(笑)


カ「不穏なエネルギーを感じた?」
モ「ああ」

 

勝手に学校のプールで泳ぐ不審者。

カ「宇宙からのものか?」
モ「…かもしれん。潮も荒れてきている。時にカナロ。嫁の候補は見つかったのか?」

痛いところを突かれる金。

美「キャーッ!
金「あっ、女性の悲鳴!」
モ「おいおいおい…先が思いやられる」

 

心配する保護者。

なんかエフェクトとともに走ってくる美佐子さん。

真っ先に左手を確認。

金「惜しい!」

金「もう少し早く出会えていれば…!」

 

先週から学んでる(笑)


美「子供たちを見てませんか!?」
カ「えっ?」
美「みんながいないんです!」

 

いつの間にか子供が消えていた。

たしかに誰もいない。

まあ、夏休みだしな。

金「やはり、マイナソー…」
ア「ルールルルルル…」

 

代わりにマイナソーがいた。

この人は、アラクネマイナソーというらしい。

毒蜘蛛座(タランチュラ)のアラクネって聖闘士星矢のアニメでいたっけな。

毒蜘蛛座なんてないのに…!

紙が舞い散る中で戦う二人。

ここスローモーションになってて格好良かった。

ドドドドドとマシンガンを撃つけど、

ク「ルール違反です!」

 

ブー!ってBGMと共に消滅!


ク「ヒヒヒヒ…図書室では、お静かに」

 

騒いだから消された様子。

ク「さあ、ワイズルーなしでもできるってとこを、見せてやりまショータイム」

 

なんかかっこいい。

緑「よしよし、かわいい〜」
女「よかったね〜」
緑「名前、なんていうんですか?
女「黒いほうがビーで、茶色いほうがペルです」
緑「ペルっていうのか、ん?」

 

子犬と戯れる緑。

まえに捨て犬保護の話があったけど、緑は犬好きなのか。

男「わーっ!!」

 

そうこうしているうちにも人間が消されまくってる。

!?

緑が駆けつけたら上から黒まで降ってきた!

最近飛び降りアクションが熱いなぁ。

これってやっぱり合成なのかな。

緑「あれ? このマイナソー、弱くない?」
黒「油断するな」

 

戦ってみたら予想外に弱かった。

ク「ちょっ、ちょっと…タイム!」

 

駆けつける保護者。

ク「お前、弱いんだから立ち向かっちゃダメだろ!」

 

ほんとに弱かった。

緑と黒はちゃんとタイムに応じてくれたのか。

なんだこの上空通路。かっこいい。

この学校の児童はこれで行き来してるんだろうか。

ア「ルールルルルル…」
黒「ルールルルル…?」
緑「ここにキタキツネは、いないぞ! 覚悟しろよ」

 

緑、北の国から見てたのか。

戦闘開始するも、廊下は走らないが光る!

ク「ルール違反です!」

 

消えてしまった。

ク「見てますか? タンクジョウ様! クレオンはこんなにも成長しました! ドゥワーッハッ! 何ポイントくれますか〜?」
タ「ハッハッハッハ…」

 

タンクジョウ慕われてるなぁ。

生きてたときは笑うなとか言われてふて腐れてたのに。

青「あー…」
赤「あちー」

 

道ばたにたむろするダメ人間達。

屋外なのに扇風機動くのか?

赤「あっ、ティラミーゴ、どこ行ってたの?
ティ「散歩してた」
青「のんきだな」
ティ「チルドには言われたくない!」
赤「誰が冷蔵庫だ!」

 

冷蔵庫(笑)

ティラミーゴはボキャブラリー豊かだなぁ。


桃「あっ、ねえ、これ見て!」
ク「どうも、クレオンで〜す!! 今日は、ひなた小学校の子供達を消してみた!」

 

プリチャンの配信始まった。

赤「子供たちを消した!?」

ティ「ティラー!」

 

怒りに震えるティラミーゴ!


ティ「ここ、いつも、子供たちと遊ぶ所ティラ!
青「キケソウル」

 

キケソウルで音を探る青。

児童「誰か助けて…! 助けて…! 助けて…!」

 

この部屋から児童の声がするけど開かない。

赤「だったら!」

 

蹴り破った!

魔力で封じられてるとかじゃなくて、単に開きづらいだけだっだのか(笑)

桃「えっ!?」

 

カセットテープのおとりだった!


ク「あ〜あ、完全に壊したね!」

ク「ルール違反です!」

 

消される赤とピンク。

赤達が扉蹴り破ることを見越しての罠だったのか。

クレオンすごい策士だ。


ク「カモーン! リュウソウジャー! カモーン! はい!」

 

ダンディ(笑)

青「これは罠だ…!」

 

ソースの二度掛け禁止(笑)

恋愛禁止なんてのもあるな。ブルーかと。

どこかの教室の中に飛ばされる二人。

恐怖に肩を寄せ合う児童。

いらつくサラリーマン。

「水着で登校しない」って、中に着てきたらダメって事だろうか。いけないのか?

「寝言は寝てから」(笑)

「焼肉禁止」ってなんだ。

赤「どうなってる…?」

 

「バナナはおやつに含まれる」って厳しいな。

「いじめかっこわるい」って、ずいぶんなつかしい(笑)

「私語禁止」なんてのもあるけど、こんなのがあったらしゃべった瞬間にアウトなんじゃないか。

「仮装禁止」ってのもリュウソウジャーには致命的だな。


黒「ルールだ。ルールを破った者はここへ閉じ込められる」

 

「牛乳飲んでる人を笑わせない」っていいルールだ。

時間割は全部反省。

「ゲームは1日一時間」「テクノカット禁止」(笑)

「ここを野営地にする」ってまったく意味わからないんだが、ググってみたら水曜どうでしょうの「ここをキャンプ地とする」ってのが出てきたけどそれが元ネタかな?

「合体禁止」って意味深だな。

桃「あっ…ルールルルはルールってこと?「変身禁止」ってこんな小さな文字で…」
黒「ああ、罠だ。だが、変身はできない」

児童「怖いよ…帰りたいよ…」

緑「泣き虫だとみんなに笑われるぞ。大丈夫、俺たちがなんとかしてみせるから」

 

北斗壊骨拳。

笑いながら被害者を殺そうとしてた緑も丸くなったのう。

男「だったら、早くしろや! こっちは仕事があるんだよ! 空き缶捨てたぐらいでなんで閉じ込められなきゃなんねえんだ!」

 

不自然に怒り出すサラリーマン。


金「ポイ捨てはエコじゃない」
男「なんだと!」

 

そういえば金はエコの人だった。

ク「ルール違反です!」

 

ルールに引っかかってしまう二人。

だからそれ以前に「私語禁止」の時点で…!

緑「テンジョウが…!」
黒「2回目の違反をしたからか…」
金「すまん!」

 

ルール違反すると天井が降りてくる様子。

天井が最初にテンジョウって変換される人はプリキュアの人。


青「走るなよ」

ティ「あっ、タルト、いい手がある」
青「メルトだ、なんだ?」

 

べつに普通に歩いてもルール違反ではない気はするけど、ゆっくり歩く二人。

ここにもテクノカット禁止があるな。

クレオン、テクノカットに何か恨みでも…!

ティ「急いで歩こう」

 

名案らしい。

ティ「シュシュシュ、シュシュシュ、シュシュシュ、シュシュシュ、シュシュシュ…」

 

競歩を始める二人。

ティ「あっ! 美佐子先生!」

 

死にかけのサワさん。

 

ティ「先生からマイナソーが!」
青「この先にマイナソーがいる。だが学校の中はルールが多すぎる。どう戦えば…」

 

「先生からマイナソーが」って、このエネルギー体もマイナソーっていうのか。


ティ「マイナソーを外に出せばいいのか?」
青「えっ…?」
ティ「任せろ!」

 

作戦がある様子のティラミーゴ。

かっこいいなぁ。

ティ「コンコン。ティラミーゴ、入ります!」
謎「おっ、入れ!」

 

礼儀正しいティラミーゴ。

ちゃんとルール把握している。

ク「なんだ? どうした〜? ん?」

 

先生(笑)

ティ「失礼します!」

 

噛んだ!

ティ「あっ、おい! 力技かよ!」

 

まさかの力業。逆に読めない(笑)

ク「…お前ら! やっちまえ!」

 

レギオンが離させようとするものの、噛みついたまま離れない。

こっちはプリキュアばりに伝統の持ち上げ!

桃「あ、あぶない!」

 

崩れる椅子から児童を身をていして守るピンク!

痛いっ!


児童「おねえちゃん!」
桃「おねえちゃん、力持ちだから!」

 

ピンクかっこいい…。

緑「このままじゃ持たないよ!」


赤「諦めてたまるかーっ!!」

 

なんかキン肉マン思い出すな。

アシュラマンが犠牲になるしかないな。


黒「一か八か!」

 

一か八か寝っ転がる黒!

どしゃーん! 全滅!!!

一方こっちはまだ噛みついていた。


ル「ルールルルル…」

 

放り投げられるルールルル。

青「よくやってくれた! ここなら、思う存分、戦える!」

レギオン相手に単身立ち向かう青!

青「は!」

 

かっけぇ。

オモソウルで、

ぶん殴る!


青「あっ…物を壊した? ルールを破って苦しんでいる!」

 

ボールをパンクさせてしまい、罪の意識に苛まれるマイナソー。

いいやつじゃないか。


黒「ヤワラカソウルで天井をやわらかくした」

 

こっちも生きてた。黒、機転がきくなぁ。

カルソウルで天井軽くしてもよかったかも知れないな。

FF4のパロムとポロムみたいにカタソウルで身体硬くして耐えるとか。

それで全員復活。

なんか意味深な子供。


赤「ええっ! ええっ、ええーっ!! メルト! ティラミーゴ!」
桃「やっぱりなんとかしてくれると思ってた!」

 

みんな合流。


青「子供たちを…この星の未来を脅かすのが、一番のルール違反だーっ! ティラー!」

 

怒りとともに巨大化するティラミーゴ!


ク「お前ら!」

美「やめなさ〜い!」
 

嫌がらせをされてすごい勢いで魂を吸い取られる美佐子先生!

おかげでこっちも巨大化。

最初っからこうやってとっととでかくしちゃえばいいんじゃないかとか思ったり思わなかったり。


赤「ディメボルケーノ!」
金「モサレックス!」

 

かっこいい。

ギガントキシリュウオーになって戦うけど、敵は相変わらず弱い。

ク「騒音だ、騒音! マイナソー退場させろ! 退場だ!」

 

ヤジを飛ばすクレオン。

!?

クラックシュー!


二人「ギガントダブルバイト!

凍らしてから、

熱して、

撃破!

この両手ならメドローア撃てるんじゃないか。

びしゃーん! って水が飛び散るのが格好良かった。

しかしアラクネマイナソー、なんか奥の手あるのかと思ったら本当に弱かったな(笑)


ク「ワイズルー様、よかった、ご無事で!」

 

さっきの意味深な少年ワイズルーだった…!

ワ「危うく、潰されるところだった。ふう…」

ク「教室で高笑いするくらいいいじゃないっすか! ねえ!」

ワ「ハッハッハッハッ! ショータイム!」

ク「えっ…えっ!? 早っ! えっ、ウソ…!? あら!? ここ、どこ!?

 

幹部も消せるとかすげえ。

ワ「あら、ここどこ?」

ワ「ふふふ」

 

こんな顛末が(笑)


ワ「変なマイナソーを生み出しおって! めっ!」
ク「痛ーい!」
ワ「ぷんすかぷんぷん!」

 

かわいい。


美「私のせいで子供たちが危険な目に…」
青「ルールを教えることは大切なことだ」
ティ「でも、子供たちのために、どうしてそれがいけないことなのか、教えてあげてくれ」

 

先生を教え諭すティラミーゴ。

なんて教養のある恐竜なんだ。


一同「先生、さようなら! ティラミーゴもバイバイ!」

 

相変わらず男子に一人混じって遊ぶ女子。

しずかちゃんかと。


美「ありがとう、ティラちゃん」

美「えっと…?」
青「あっ…」
ティ「メルトだ」

 

ついに名前を…!

美「メルトさん、ありがとうございました」

 

うれしそうな青。

いい展開だのう。

青「助かった。ありがとう、ティラミーゴ」
ティ「別にティラー!」

 

友情だ。

掃除にいそしむ居候達。


尚「うわ〜…なんか、きれいになりすぎ。ここまでやってくれとは言ってないですけどね」
桃「凝りだしたら止まらないんです。リュウソウ族は」

 

尚久さんの機嫌も直ってきた。


青「ティラミーゴ、ファンを掃除するから、背中、貸してくれ」
ティ「ティラミーゴははしごではない!」
青「ちょっと乗るくらいいいだろう?」
ティ「嫌い! アルト!」
青「誰がリコーダーだ!」

 

ティラミーゴがなんで青を嫌ってるのかよくわからないまま見てたんだけど、冒頭でも荷物持たせようとしてたし、無神経に使おうとするところがイラッとさせてたのね。

なんか地味にリアリティのある話だな(笑)

青「背中に乗るくらい、いいだろ。減るもんじゃないし」
ティ「減る!」
青「何が!」
ティ「心だ!!」

青「あっ…」

 

うまいこというのう。

ティ「フンッ! ハートだ!」
三人「あ〜あ…また怒らせちゃった!」
ティ「美佐子先生、会いたい!」

 

また険悪になったところで終了!

熱い話だった。

 

そして次回。

緑が人殺しの目つきに…!


青「トワ、教育してやる」
緑「偉そうにするな!」

 

次回も青が目立ちそうですが。

トワが黒の元を離れる話なのか。

ガ「力に頼るな、生かせ」

 

久しぶりにガイソーグも出てくる。

この人なかなかガッツリ絡みませんなぁ。

緑「さあ、反撃開始だ!」

 

最近緑影うすかったからな。

いい感じにやさぐれそうでたのしみだ。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
「進撃のティラミーゴ」 ティラミーゴは草野球に参加したり、住み始めたこの街が好きになっていた。 メルト以外・・・ 暑さのあまり龍井家ではコウ、メルト、アスナがすっかりだらけてしまいお父さんは部屋はきれいに使うことと激怒し家から追い出します。 ティラミ
  • 地下室で手記
  • 2019/07/30 6:41 AM
第19話「進撃のティラミーゴ」 JUGEMテーマ:エンターテイメント
  • Happy☆Lucky
  • 2019/07/30 8:32 AM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ヒーリングっど♥プリキュア 第13話「辞める?辞めない?迷えるひなた!」
    じゅうや (06/29)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第13話「辞める?辞めない?迷えるひなた!」
    プリキュア好き (06/29)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード11「時がクルリと」
    じゅうや (06/27)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード11「時がクルリと」
    百日紅 (06/27)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード11「時がクルリと」
    じゅうや (06/23)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード11「時がクルリと」
    二白桃 (06/23)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード 「ガルザとクランチュラのジャメンタル研究所」
    じゅうや (06/18)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード 「ガルザとクランチュラのジャメンタル研究所」
    百日紅 (06/18)
  • 仮面ライダーゼロワン「超お仕事大戦 バトル2」
    じゅうや (06/15)
  • 仮面ライダーゼロワン「超お仕事大戦 バトル2」
    二白桃 (06/15)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM