仮面ライダージオウ EP45 「2019:エターナル・パーティ」

  • 2019.08.01 Thursday
  • 00:31

こんばんは。
今日は水曜日なので仮面ライダージオウの感想ですぉ!
今週は、ウールきゅんが…………………………………
裕子といいウールきゅんといい、オーラにお気に入りのキャラが次々殺されていくぜ。
順一郎さんは殺すなよ…!

 

それにしても、ウールきゅんの不遇っぷりはなんなんだろうなー。
この一年まったく見せ場がなかった気がする
ことあるごとにいじめられてあげく殺されるって、一体どんなキャラなんじゃ。
殺すにしても、せめて見せ場は作ってやれよー!

 

オーラはオーラで、一人で業を背負っていってる感じですねえ。
人のほとんど死なないジオウで、一人でふたりも殺してるってなんだかすごい。
おかげでスウォルツ氏よりよっぽど悪人に見える(笑)
いっそカテジナさんばりに悪女の道を突き進んで、最後まで生き残って欲しい。

 

ウールきゅんが殺された直後の「何がおかしいー!」ってソウゴがキレるところは真に迫っていて、ちょっとジンときてしまった。
ウールきゅんが死んで悲しんだのはソウゴだけだ。。。いいやつだ。。。
これでソウゴがスーパーサイヤ人ばりに覚醒して負けまくりだったグランドジオウが真の力を発揮するとかだったら、ウールきゅんの死にも少しは意味が出るというものですが、果たしてどうなることか。
というか本当にウールきゅん死んだんだろか。

東映公式にもオールアップの写真出てないし、次回普通にベッドで寝てるとかありそうな気がしてならない…!

 

ゲイツは例によってケンカ別れですが、次回予告見ると来週はもうソウゴの元に帰ってきそうな雰囲気ですな。
ぶっちゃけた話、同じ事繰り返しすぎてもはやこの辺真面目に語る気になれぬ。。。

 

そんなジオウ。

二人「うわああああ!」

 

映画ライダーにボコボコにされたところから始まる今週のジオウ。

ここで戦ってた映画ライダーは以降出てこなかったな。


ウォ「スウォルツは自らアナザーディケイドとなり常磐ソウゴの前に立ちはだかった」

 

戦いを眺めながらあらすじ解説するウォズ。

レポーターみたいだな。

例の便利布で退却!

ウォ「そして、未来から現れた仮面ライダーアクア、湊ミハルはツクヨミとゲイツを連れ戻しにやってきたと告げる。彼らとの別れの時が近づいていた」

 

今日は真面目だ。

ソ「あんなライダーたちを呼び出せるなんて…。あれがスウォルツの…アナザーディケイドの力…」

 

妙な距離感の四人パーティ。


ゲ「貴様、やはり俺たちをだましていたな。アナザードライブの正体はオーラだった」
ウ「僕も知らなかった!」

ゲ「今さら、そんな言い逃れ信じると思うか!」

 

いじめられるウールきゅん。

ゲ「立ち去れ。俺が、お前を倒さないうちにな」

 

ほんと問答無用だな。

やたら怯えてるウールきゅんの気持ちなんて考えようともしない。

ソ「ゲイツ。ウールも、本当に知らなかったんじゃないかな?」

ゲ「今まで、罪なき人間を利用してきたようなやつだぞ」
ソ「そうだけど…」
ゲ「ウールも変わったって思わない?」

 

いなくなってからウールきゅんをかばい出すソウゴ。

なんかここ、ちょっとイラッとしてしまった。かばうならいるときにかばえって。

 

ゲ「いいか、人は、そんなに簡単には変わらない。やつは、やつ。どこまでいっても敵は敵なんだよ」
ソ「じゃあ、ゲイツはなんのために、ここに来たんだよ」
ゲ「何?」
ソ「どこまでも人が変わらないならより良い未来なんかつくれるわけない!」

ゲ「ハッ…その未来を、お前が壊した。お前がオーマジオウになってお前が最低最悪の未来をつくったんだろ!」

 

蒸し返すゲイツ。

ソ「俺には未来だ。未来ならこれから変えられるだろ」
ゲ「お前に何がわかる。その時代を生きた俺たちの気持ちがお前に、わかってたまるか!」

 

手を出すゲイツ。


ゲ「…そうだね。わからない」

 

またケンカしちゃったよ。

めんどくせーって感じで眺める視聴者。

オ「何しょげてんのよ」

 

びびるウールきゅん。


オ「何よ」

ウ「オーラ、お前アナザーライダーだったのかよ?
オ「は? 何、言ってんの?」

ウ「あのアナザーライダー、お前に化けてるのかも」
オ「私に化ける? なんで?」


ウ「オーラの顔で僕を油断させる作戦かもしれない。スウォルツが僕を消すために放った刺客だから…」
オ「ウール、あんた神経過敏になりすぎ」
ウ「近づくな! お前がアナザーライダーかもしれない」

 

すっかり疑心暗鬼になってしまった。

オ「ウール…」

 

心配そう。

ボスターが気になる。一番右の「汗」ってなんだ。

ポスターと言えば、最近近所歩くとよく鬼太郎の熱中症のポスターが貼ってあるのだが、あれほしい。

小「おっ、常磐、久しぶりだな」
ソ「えっ…小和田!」

 

ソウゴのかつての友と遭遇。

ヘッドホン首にぶら下げて、二コさんみたいな装い。


ソ「えっ、今、何やってるの?」

小「聞いて驚けよ。ゲームの国際大会に出場したんだけどさ、今日、勝てば日本の代表になれるんだよ」
ソ「すげえ…えっ、すげえじゃん!」

 

日本の代表って、二コさんにも勝ったのか?

というか小和田邪魔。

「汗」のポスターが見えないからもうちょっと右によって!

ソ「あっ…でも、今日か。いや、応援しに行きたいけどちょっと、今、気分じゃなくて…」
小「らしくねえな。いいから来いよ!」

 

小和田グイグイ来るな。

気分じゃないって断り方もすごいけど(笑)


ウ「本物か? それとも…」

 

機械か? 人間か?


オ「あなたにちょっとだけ悪い知らせがあるの。あなたは今日…ここで死ぬ」

 

たしかにちょっと悪い知らせだ。

ナレ「ドライブ!」

 

この一瞬腰を落とすところがドライブっぽくてかっこいいな。

ウールきゅんやばい!

ウ「ハッ!」

 

時間停止しようとするけど、重加速で弾かれる!

アナザードライブすごい。

やばい!

やばい!

やばい!


オ「ウール!」

ド「やっと会えた、私」

 

そこにオーラが駆けつけてくる!

オ「はあ!」

 

頑張って力だそうとするけど、煙も出ない。

オ「あっ…なんなのよ? あんた…」

 

オーラもやばい。


パ「私はパラドックスロイミュードという機械生命体」

 

お、映画の人だ。

でも見たことないので108番って事しか知らない。

オ「もうすぐ、あなたは消えて私が本物になる。めちゃくちゃいい知らせよね。力を失ったあなたにはもう、なんの存在価値もないんだから」

 

決めゼリフの使い方が熱いなぁ。

ウ「オーラ!」

 

ウールきゅん本気で心配している。

ウォ「は!」

ウ「ウォズ!」

 

いいところに来てくれた!

なんかもうみんなトラブルだらけで、ウォズだけが平常運転って感じがする。


ゲ「ツクヨミ、戻ってたか」
ツ「湊ミハルって人に会った。私たちが、この時代にいることがソウゴや未来のためにならないって…」

 

黄昏れる二人。

ゲ「湊ミハルは正しい。俺たちはここに来るべきじゃなかった。俺たちは逃げたんだ。自分たちの時代から…ツクヨミ、帰ろう。俺たちの時代に」

 

あと一ヶ月なのに…。

そして鉄拳。

エグゼイドの時も鉄拳だったなぁ。

ソウゴの周りでもワンダースワンは大ヒットしてたんだろうか。


司会「日本代表はじょうたろう選手! じょうたろう選手に大きな拍手を!」

 

スタンド使いそうな人が勝ってしまった。


肩を落とす小和田…。

ソ「小和田…」

 

ただでさえ気分が乗らないのに、さらに凹むものを見てしまった。

普通に鉄拳7の名前が出てる。まあスポンサーのゲームだからな。

どうせスポンサーのゲーム使うなら、ミスタードリラーで対戦すればいいのに!

ソ「小野田…」

小「あー、うるさい!」

 

キレる小野田。

勢い余って通りすがりの人に激突!


ス「俺が、お前の世界をつくろう」
小「やめ…やっ…あっ…うっ!」

 

捕まる小野田。

ス「スウォルツ! 小和田に何をした!」


ス「お前にはお前にふさわしいゲームがある」

 

小野田が格好良くなって戻ってきた。

謎「またか…いい加減、きちんと死ねたと思ったんだがな」
ソ「誰?」

 

たしかに誰。

克「フッ…死神の名前か。地獄に行ったらこの名を告げろ。大道克己」

ナレ「エターナル!」

 

渋い。

克「変身」

 

マントかっけぇ。

克己「さあ、地獄を楽しみな!」

 

地獄地獄って、地獄兄弟と気があいそうですな。

ぶつかり合う拳!

克「はあー!」

 

マントたなびかせてかっけぇ。


ゲ「行くぞ、ツクヨミ。俺と一緒に帰るんだ」
ツ「ゲイツ!」
湊「君たちは一緒には帰れない。ツクヨミと君は時間軸が違うんだ。だから、帰るところが違うんだよ」

 

そういえばツクヨミはまた別の時間からゲイツの所に飛ばされてたんだな。

ツクヨミ、元の時間に戻ってもまたスウォルツ氏に飛ばされるか殺されるかするだけなんじゃないか。

ゲ「そうだったな」

湊「なんか、悪者になった気分…」
ツ「あなたは、言うべきことを言ってるだけ」

 

一人で帰ってしまうゲイツ。


ツ「ミハル、もう少し時間をくれない? 私も、あなたが言ってることが正しいと思う。でも、私たちはソウゴに出会って初めて未来に希望を持ったから…」
湊「でも、その未来は常磐ソウゴたちのものなんだよ」

凹むツクヨミ。

湊「…わかった。スウォルツから君の力を取り戻そう。そうすれば、君は帰れる。俺も手伝うからさ」
ツ「うん……」

 

ツクヨミのご機嫌を取ろうと必死なミハル。

パ「ハッ!」

 

こっちでは早速重加速!

ウォ「重加速か。だが、無限の宇宙は無重力。このギンガファイナリーには通用しない」

 

よくわからんけどすげぇ。

パ「だったら、こういうのはどう?」

スライディングタックルには弱い。

ナレ「疾風!」

 

今度はゲイツが救援にやってくる!

質量のある残像で戦う疾風VSドライブ。

熱い。

ウ「ゲイツ、助けてくれるのか?」
ゲ「お前に助けられっぱなしもしゃくなんでな」

 

ゲイツなんだかんだでいいヤツだ。ツンデレだし。

その頃、ソウゴはエターナルに苦戦。


士「俺の力を使うとそんな芸当もできるのか?」

 

そこに通りすがる男が!


ス「門矢士」

 

熱いポーズを決める士さん。

ス「お前の力は、俺が奪った。手出しはできんぞ」
士「そうか? あいにく、俺の力ってのは俺の存在そのものなんだけどな」

完全に力奪い尽くされてはいなかった。

かっこいいのう。

ソ「何? ここ…」
士「スウォルツがつくった世界らしいな」

 

ソウゴと共に、小和田の夢のなかに。


小「常磐、見ててくれたか? ほら、俺、勝ったぞ。これで世界大会に行ける!」
ソ「何、言ってんだよ…小和田、お前、負けたんだよ」

 

なんかテンション上がっている小和田。

小「俺は勝ったんだよ。世界王者になるんだ!」
ソ「違う…違うんだ、小和田。これは幻想――

小「やったー! 常磐、見ててくれたか? ほら、俺、勝ったぞ。これで世界大会に…」

 

また時間が戻ってしまう。

士「そういうことか」
ソ「どういうこと?」
士「ここは、あり得なかった世界だ。失われた可能性の世界と言ってもいい。さしずめ、アナザーワールドといったところか」

 

アナザーワールドって税金のない世界か。

士「お前の友人には勝つ可能性があった。スウォルツは、それを利用し、この世界をつくった」
ソ「なんのために?」
士「ダークライダーをよみがえらせるために…かもな」

 

ダークライダー…また目新しい単語が。

ソ「お前が、さっき戦った仮面ライダーエターナル。あいつは、昔、Wによって倒された。が…このアナザーワールドでは勝ったことになってるらしい」

 

エターナルって敵とは思えないようなデザインだな。

名前も敵っぽくないし、主人公って言っても通用しそう。


エ「ん?」
湊「約束したんだ。みんなの明日を守るって」

 

そこに現れる柄パン持った男。

士「帰るぞ。からくりはわかった。ここがゴールなはずはない。この先に何かあるはずだ」
ソ「ちょっと待って。小和田を助けないと」
士「それは無理だな。ここは、あいつの世界。この世界を破壊しない限りあいつは救えない」

 

同じ言葉何度も繰り返して、世界で一番のドクターになっての人のようだ。

アナザードライブはゲイツとウォズの二人に苦戦中。

まさかのトライドロン!

車までアナザー化しとるんか。

暴走する車に苦戦する二人!

オ「大丈夫?」
ウ「ちょっと、やばかったかも…」
オ「じゃあ…楽にしてあげる」

 

楽にしてくれるオーラ。

なんかやばい!

かっ!

にや。

写真二つ連続すると怖いな。

シャイニングフィンガーソード…!


ウ「なんで…?」
オ「悪く思わないでよね。スウォルツから逃げて私たち2人とも生き延びるなんて無理」

 

頭のひもみたいの頭のとられた…!


オ「生き残るのは…私」

 

わっるいなぁ。。。

これも何かの演技だったらすごいけど。

頭のひもみたいなのがウールきゅんの本体で後で生き返らせるとか。


ソ「ウール! ウール! ウール!」

 

ウールきゅん死す・・・。

マジかよ。


パ「さすが私、私以上に私! ハッハッハッハッハッ!」

 

笑うパラドックス。

この人もサイコだなぁ。

ソ「何、笑ってんだよ!」

ソウゴ怒る。

ソ「ウアアアーーッ!」

 

切ない。。。

エターナルVSアクアも継続中。

エ「フンッ、踊りな。死神のパーティータイムだ!」

 

かっけぇ。

この人の出てる映画アマゾンプライムで見られるのでちょっと見てみたいけど、いきなり映画だけ見るってのもなぁ。

ア「俺が、君を相手にしてると思ってた? ハッ!」

 

相手にされてなかった死神。

ア「はっ!」

 

拘束されるスウォルツ氏!

さらに背後からツクヨミが謎ポーズ。

ス「これを狙っていたのか?」

 

力を吸い取られるスウォルツ氏!

ツ「ここで終止符を打つ!」

 

ツクヨミ泣きそう。


エ「パーティーに水を差してくれたな!」

 

アクアだけに。

水中用ライダーをわざわざ海に引きずり込むエターナル!

水を得た魚のように動き回るアクア!

ア「俺は未来から来た。君なんか、過去の亡霊だ」

エ「フンッ、結局、未来も過去になるんだ!」

 

うまい切り返し!

エ「あっ! ああっ、あああっ…!」

 

スービエばりのメイルシュトローム!

地上へ吹っ飛ばされるアクア。

水中用が水中で負けるなよ(笑)

スウォルツ氏も本気!

こっちも吹っ飛ばされる!


ス「フフフフフ…」

 

やばい。


ベ「スタート・ユア・エンジン!」

 

ソウゴはドライブ召喚。

ドライブ大丈夫なのか。また操られたらどうする。

ゲイツは途中退場。

トライドロンがアナザートライドロンをぶっ壊す!

さらにふたりがかりでパラドックスをボコボコに!

ソ「はああああ!」

パ「うわああーっ…!」

ぽん!

この数字壊れる演出懐かしいな。

ソ「ウール…」

ウールきゅん目を覚まさない…。

見守るウォズ。

ス「ふははははは」

 

スウォルツ氏の魔の手がツクヨミに迫る!

ゲ「はあ!」

 

そこにゲイツ乱入!


ス「やはり来たな、ゲイツ。思ったとおりだ」

ゲ「何?」

 

罠だった。

ス「俺が、お前の世界をつくろう」

ゲ「うわああああ!」

 

ソウゴの同級生と同じ命運をたどるゲイツ!

謎「ハハハハ…!」
ツ「まさか…」

まさかの白ウォズが湧いて出る!

白「久しぶりだね、ツクヨミくん」
ツ「白ウォズ…!」

 

変なグラサンつけてさらにうさんくさくなってる…!

どや顔白ウォズで終了!

先が読めねえ。。。

 

そして次回。

白「ウォズ対ウォズといこうじゃないか」

 

宿命の対決。

克「死神のパーティータイムだ」

 

エターナルもまだ頑張る。

どう考えてもメインストーリーにはあんま関係ない気がするんだけど、まあかっこいいからいいか。

ゲ「お前と一緒に、新しい未来をつくっていきたいんだよ!」

 

ゲイツもう心変わり。

ゲイツ元に戻るって事は、白ウォズはすぐに退場なのかな。

黒ウォズと一体化してパワーアップしたら熱いのだが。

ソ「世界を良くするのが王だ」
ゲ「そのための力だ!」

 

オペレーション・ウォズ。かっこいいサブタイトル。

とにかく白ウォズがたのしみだ。

 

コメント
士のあの力は完全に奪われてなかったと言うより、士の固有能力だと友達が言ってました。
ゼロワンの2号ライダーはバルカン、3号ライダーはバルキリー、主人公は社長で副社長がアンジャッシュ児嶋さんだそうです。女性ライダーは刃唯阿(やいばゆあ)という名前でした。ヒロインはイズという名前で、ヒューマギアというAI?で社長秘書みたいですね。女優さんが私と同い年でした。幼稚園の頃から仮面ライダー見てましたが、その時はお姉さんのような存在だったヒロインが同年代...私も年を取りました(笑)
最後の白ウォズの近未来的な眼鏡に笑いました(笑)
そして今度映画見て来ます!めっちゃ楽しみっす。
  • クリオネf。t
  • 2019/08/01 5:28 PM
アクアと戦うエターナルってすごく敵っぽいと私は思います。
  • 二白桃
  • 2019/08/01 9:16 PM
>>クリオネf。tさん

士さんも存在そのものって言ってましたね。なんだかギンガを思い出します。
バルカンとかバルキリーとか神話からとってるのかな。かっこいいですね。
小嶋さんが副社長って、なんか予想外のキャスティング(笑)
刃唯阿ってググってみたら、見た目はパトレン三号みたいな雰囲気ですね。
イズって子もかわいいですね。同い年ですか〜。まだまだ若いじゃないですか(笑)
あの白ウォズのメガネ笑いますよね。
もう映画公開中なんですよね。私も見に行きたいです。
  • じゅうや
  • 2019/08/02 12:28 AM
>>二白桃さん

私は白いとどうもいいやつに見えてしまいますねえ。
黒マントはたしかに悪役っぽいですが。
  • じゅうや
  • 2019/08/02 12:29 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
「2019: エターナル・パーティ」 アナザーディケイドとなったスウォルツが召還したG4の攻撃でピンチに追い詰められたソウゴとゲイツをウォズは救出。 圧倒的な戦力差を見せつけられ、ソウゴはアナザーディケイドの力に呆然。 ゲイツはアナザードライブの招待がオー
  • 地下室で手記
  • 2019/08/01 8:18 AM
EP45「2019:エターナル・パーティ」 JUGEMテーマ:エンターテイメント
  • Happy☆Lucky
  • 2019/08/01 8:40 AM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ヒーリングっど♥プリキュア 第13話「辞める?辞めない?迷えるひなた!」
    じゅうや (06/29)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第13話「辞める?辞めない?迷えるひなた!」
    プリキュア好き (06/29)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード11「時がクルリと」
    じゅうや (06/27)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード11「時がクルリと」
    百日紅 (06/27)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード11「時がクルリと」
    じゅうや (06/23)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード11「時がクルリと」
    二白桃 (06/23)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード 「ガルザとクランチュラのジャメンタル研究所」
    じゅうや (06/18)
  • 魔進戦隊キラメイジャー エピソード 「ガルザとクランチュラのジャメンタル研究所」
    百日紅 (06/18)
  • 仮面ライダーゼロワン「超お仕事大戦 バトル2」
    じゅうや (06/15)
  • 仮面ライダーゼロワン「超お仕事大戦 バトル2」
    二白桃 (06/15)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM