騎士竜戦隊リュウソウジャー 第20話 「志高の芸術家」

  • 2019.08.06 Tuesday
  • 00:52

こんばんは。

今日は騎士竜戦隊リュウソウジャーの感想です!

今週は、緑が一人で戦う話ですな。

速さばっかりに頼って頭を使ってこなかった緑が、青に指摘されて頭を使うようになっていく緑の成長物語。

でもこれまでの話見ていると、緑も結構賢い描写が多くて、個人的にはむしろ青より賢いような印象だったんだけどな(笑)

 

ともかく仲間が次々とワイズルーに捕らえられていく中、一人だけ生き残ってしまう緑。

誰にも頼れずに追い詰められていく感じは、危機感あってたのしかったな。

それからの逆転劇も展開読めなくて面白かったし、ワイズルーもテンション高くて素敵だったし、相変わらず話が熱い。

 

ガイソーグもひさしぶりに出てきましたな。

来週はあの謎の人も出てくるしで、そろそろ話が動きだしそうな感じですな。

とりあえず長老をまだ出して欲しいんですが、まだケバブ売ってるんだろうか(笑)

長老もレギュラーかと思ってたんだけど、思いのほか出番少ないなぁ。。。

 

そんなリュウソウジャー。

男「うっ! あっ、ああっ…」

 

いきなり襲われるメガネの男。

ク「マイナソー誕生…えっ、あれ? えっ…ええっ? いや、こういうさ…この…えっ、ええ〜…」

 

なぜか途惑っているクレオン。

一方リュウソウジャーは、狭いところで訓練中。

青だけがえらそうに眺めている。

かわしまくる緑。

ピンクキレて投げる!


桃「アハハ! やったー!」

 

赤に当たった。

青「ストーーーーップ!!」

緑「なんだよ! いいとこだったのに」

 

無理やり訓練終了。

青「3人とも、感覚で戦いすぎだ。特に、トワ。速いだけではこの先、通用しなくなるぞ」

 

攻撃力がないと堅い敵には無力だからな。

それにみんなハヤソウル使えば速くなるし。

緑「はあ? 意味わかんない。俺、勝ってたじゃん」

青「そうか…なら、わからせてやる」
緑「偉そうにするな」

 

空気が怖い。。。

先週も思ったけど、青って言い方が悪いよなぁ。

師匠でもないのになぜか上から目線だし。

緑「どうしたの? ついてこられてないね!」

 

素早さで圧倒する緑。


緑「謝るなら…あっ…!」


青「追い詰められたのはお前のほうだ」

 

いつの間にか追い詰められていた。

青「トワ、お前は速いだけだ。速さを奪われたらお前は何もできない。もう少し、頭を使え」

 

緑って青達よりはるかに戦闘経験あるはずだし実力も上かと思ってたけど、いつの間にかすっかり同レベルになってしまっているのう。


ワ「これがマイナソー?」
ク「ああ…はい! そうでございますです!」

 

大分コンパクトなマイナソーである。

ク「いやあ…あの、すいません! 失敗です! すぐ次の…」
ワ「いい」


ク「おお…」

 

いきなり燭台が湧いてきた。

ワ「アッハッハッハッハ! こいつがあれば、私は無敵! チューしてあげようか」
ク「近っ…あっ、あざーっす…」

 

チューしてくれるなんて優しい。

黒「あいつらとの特訓はどうした?
緑「やめた。メルトが偉そうなんだもん」

 

ふて腐れる緑。

青って色んな人に嫌われてるな。

少年「お兄ちゃん! お兄ちゃん、どこ? お兄ちゃん…お兄ちゃん? お兄ちゃん? お兄ちゃん…」
緑「どうしたの?」

 

そこに兄を探す謎の少年に遭遇。

今回の出会いは比較的自然だ。

少年の持つキャンバスには謎の粘液が。

黒「ちょっといいか」

 

こわい。

ビビる少年。


黒「クレオンがマイナソーを生む時に使うものだ」

緑「じゃあ、マイナソーが…」

 

キャンバスに付いていたのは、クレオンの体液であった。

黒「クンクンソウル。近いな…行くぞ」

 

行ってしまった…。

黒って家族との絆にはやたら食いつくキャラだったはずなのに、兄探してる少年はシカトかよ(笑)

 

緑「兄ちゃんの名前は?」

少年「生太郎…」

 

さすがに心配になったのか、緑の方が気を使う。いいやつだ。

正太郎だったら心配する必要なかったんだけどな。28号があるし。

緑「大丈夫、生太郎くんは俺たちが必ず見つける」

 

北斗壊骨拳。

黒「絵と同じにおい…この中だ」

 

わかりやすく警備兵がいた。

黒「ここはまかせろ!

緑「わかった! ハヤソウル!」

 

ビュンビューンビュビュンビューン!

緑「は!」

 

かっこいい。

剣がめちゃくちゃしなってる。


緑「ほ〜ら! やっぱり、俺の速さは最強じゃん!」

 

調子に乗る緑。


緑「んっ? 生太郎くん? よかった、君の弟が捜して…」

 

生太郎くんゲット。

緑「うわっ! なんだ? 今の音…兄さん、大丈夫!?」

 

しかしいきなり轟音が。

さらに生太郎君も檻に入れられてどっかに行ってしまう!


桃「たこパ! たこパ! た、こ、パ♪」

どん!

リズム感(笑)


桃「たこパ〜!」

 

たこパしかしゃべれなくなってしまったピンク。

う「うん…できた! 私、たこ焼き屋さん向いてるかも!」

 

たこパってなんのことかと思ったらたこ焼きパーティのことだったのね。

う「あっ! つまみ食い禁止!」
尚「ふーん…うううっ! アッツ! アーッツ! あああ…! 熱いよ〜、これ!」

 

吐く尚久さん。


桃「コウ!」
赤「みんな!」

ク「1名様、ご来店です! いらっしゃいませ〜!」

 

捕まるところを端折られる主人公と青。

赤「クレオン! ここから出せ!」
ク「お待ち合わせですか〜? ハハッ! ざまあ! ワイズルー様の作戦どおり! ハハハハッ! おめえらなんか、群れなきゃ大したことねえんだよ! バーカ!」

 

群れなきゃ大したことないって、それはいっちゃだめだ!

ナレ「めざめよ熱きソウル! 騎士竜戦隊リュウソウジャーが、リポビタンDキッズに登場!」

 

今年も売るんだ(笑)

つい最近までルパパトの普通に売ってたけど、なかなか今年のが出なかったのは金が追加されるのを待ってたのかな。

赤「ファイトー!」

児童「いっぱーつ!」

ナレ「カルシウム配合でノンカフェイン、5歳から飲める!」

 

5才からってのはわかるんだけど、なんで上限があるんだろうな。

15才以降がのんだらやばいのか?

赤「よし! いいぞ!」

最近ソーセージのCMやらなくなってしまったので、これからはリポビタンDの時代だな。

ナレ「ミエソウル」

緑「いない…みんな、どこ行ったんだ?」

 

屋上で目を光らせる緑。

しかし仲間は見つからない。

緑「ハッ!」

 

落ちてくるのを素早くかわす緑。

回避率すごいな。スパロボのビルバインみたいだ。

ワ「オーサム! ハハハ…二度もよけるとはなかなか、やるじゃないか」
緑「あの檻は、お前らの仕業か!」

 

ワイズルーの仕業であった。


緑「兄さんたちをどこにやった!?

ワ「お前も、おとなしく捕まれ。そうすれば会えるぞ!」

 

執拗に檻を落っことしてくるワイズルー。


ワ「チッ! ちょこまかと…」

 

またかわした。

もっとでかいの作ればいいんじゃないか。屋上全部覆うくらいのヤツ。

ワ「お前は後回しだ」

緑(兄さんとコウたちもあの檻に…次の狙いは…)

 

帰ってしまうワイズルー。意外とこらえ性がない。


緑「あっ! カナロか!」
金「ハハハハ…!」

 

笑う金。

金「そんなに見つめないでくれよ」

 

トッキュウジャーの10円銭湯のまえでたむろする金。

ここまだ続いていたのか。よかった。

金「そんなに見つめない――」

女「仕事ですから」

 

仕事(笑)

金「もったいない、君のまなざしを他の男に渡すなんて」
女「動かないで」

金「・・・・・・」

 

絶句する金。

今回の被害者ってわけでもないのにやけにキャラの立った似顔絵師だな。

緑「カナロ!」
金「帰れ。俺は今、夏美と取り込み中…」

 

よくこんな所にいるのを見つけられたな。

ワ「フッフッフッフッ…案内、ご苦労、ハハ…」

 

ワイズルーも来た。

緑を見逃したとみせかけて、仲間のところに行かせてたのか。

策士だ…。


緑「カナロ、檻に気をつけて。兄さんたちは、それに捕まった」
金「檻? マイナソーの力か?」
緑「多分…マイナソーも近くにいるはずだ」
ワ「アッハッハッハッハ! 近くどころか、目の前にいるぞ」

ワ「えっ…何? そのリアクション…」

 

反応の悪い二人。

ワ「これがマイナソーだ!」
緑「あっ…スケッチブックが!?」
ワ「手の内をさらすとはなめられたもんだな」

 

お気に入りのものは見せないと気が済まないワイズルー。

エンターティナーだのう。

ワ「スペシャルサービス! こいつの力もお見せしよう! サラサラ、サラサラ…」

 

達筆。

まさかの夏美の上に檻が!


金「夏美ー!!」

 

なんかロマンチックなBGMと共に走る金!

決死のダイビング!

金「夏美を狙うとは――」

 

全部言わせない(笑)

ワ「あとは、お前だけ」

緑「・・・・・・」

 

絶体絶命の緑。


緑「…ハヤソウル!」

ワ「まあ、いい。ハエが1匹、逃げただけだ。プ〜ン」

 

夏美を連れて逃げる緑。

引き際を心得ているな。

夏「ありがとうございました」

 

夏美、金以外にはちゃんとしてるな。

緑「俺一人で、どうすれば…」

 

しかし緑はなすすべがない。

緑「誰だ!?」

ガ「ガイソーグ」
緑「ガイソーグ…?」

 

緑ってガイソーグに会ったことなかったんだっけ。

2月の特番でも戦ってたのにあれはなかったことになってるのかな。

それともあれはもっと後の話なのか?

ガ「なんだ、バンバから何も聞かされてないのか」
緑「兄さんを知ってるのか?」
ガ「ああ、トワ…お前のこともな」
緑「えっ…?」

 

このガイソーグはよくしゃべるな。すごい違和感あるんだが(笑)

まあ、今中に入ってるのはスネ夫だしな。


緑「お前は、一体、何者だ!?」

 

いきなり襲いかかってくるガイソーグ!


緑「ハヤソウル…ああっ!」
ガ「力に頼るな」

 

ハヤソウルを使おうとするものの落っことされてしまう緑。

力と言うより道具に頼ってるな。


ガ「一つ、助言をやろう。力は頼るものではない。生かせ」
緑「えっ…」

 

このガイソーグはいい人だ。

緑「なんで…!? あっ…なんで、あいつが…」

 

消えるガイソーグ。途惑う緑。

黒「マスターの言葉を教えてやる。力に頼るな、生かせ」

 

北斗壊骨拳。

緑「マスターと同じ言葉を…」

 

あの中に緑と黒のマスターが入ってるのかな。

生「お願い…絵を描かせて…」
 

早く描かないとコミケに間に合わないよ! 今週末からなんだよ!

ク「うんうん、描きたいでちゅねえ! でも、描くものないでちゅね〜!」

生「絵ーーーっ…!」

 

絵ー!って(笑)

ものすごい勢いで魂抜けていくな。どんだけ描きたいんだ。

もうそんなに描きたいなら、人差し指食いちぎって血で床に描け!


ク「ハハハハッ! バッハハーイ!」

 

クレオン液体化した!

こんな芸当出来たのか。

青「まずいぞ! このままではあの子の命が危ない!」
桃「もう! どうしたらいいの!?」

 

赤無力…!

ワ「さあ、クライマックスだ〜! この広大なキャンバスに描くのはこの世で最も偉大な存在! そう! 私〜!」

 

なんかシュールレアリズムな絵面だ。


ワ「サラ、サラ、サラサラサラ〜!」

 

ワイズルー絵がうまい。

小「最高だ」
大「いや、お前こそ最高だ」
小「本当に最高よ、間違いない」

 

お互い褒め合うワイズルー。

緑「檻だけじゃない。描いたものが本物になるのか…。でも、ダメだ…俺一人じゃ…」

 

半べその緑。

なんでも描いたものが本物になるのに、わざわざ檻なんて描いて回りくどく捕まえてたのか。

もっといいものかけばよかったのに!

少年「お兄ちゃん! お兄ちゃん! お兄ちゃん! お兄ちゃん、どこ? お兄ちゃん! お兄ちゃん…お兄ちゃん…お兄ちゃん、どこ…?」

 

兄を探してさまよう少年。

なんかこの少年見てるとマジック・ツリーハウスのジャックを思い出すな。

昨日NHK教育でやってたけど。

緑「俺がやらなきゃ、誰がやる…!」

 

キャシャーンが…。

緑「考えろ…考えろ! 何かヒントがあるはずだ! あいつの言動、マイナソーの力…!」

 

こういうときは、逆立ちして「はっちゃけ〜はっちゃけ〜」って(古

緑「そうか!」

 

記憶の断片をたぐりながら、何かをひらめく緑!


小「では、そろそろ行こうか、私。地球を終わらせに」
大「そうだな、私」

 

地球終わらせたいなら地球破壊爆弾でも描けばよい。

緑「そこまでだ! みんなを返してもらうぞ」
ワ「フッ…ハエ1匹で何ができる?」

 

立ちはだかる緑。


緑「ハヤソウル! ハッ!」

 

でかいのと生身で戦う緑!

すげぇ。

緑「ハアァ…!」

 

キャンパスに飛びつくけど、

吹っ飛ばされてしまう。


緑「降参するよ…捕まえてくれ…」

 

緑敗北。。。


桃「ウソ! トワまで!?」

 

送られてくる緑。

青「トワ! お前、何やって…!」

 

青キレ気味。

赤「えっ! 鍵!?」

緑「マイナソーの力を利用したんだ」

 

しかし緑は鍵を持ってきていた。

キャンバスに飛びかかったとき鍵を描いていた。

桃「あっ…出られた!」

 

鍵を使って脱出成功。


緑「もう大丈夫。頭を使うってこういうことだろ?」


青「ああ…助かった」

 

今回は青も認める。

青は戦闘のことで言ったつもりだったんだろうけど、結果オーライ。

ワ「ん…? 貴様ら…!」

 

立ち向かう一同。

かっこいい。


一同「正義に仕える気高き魂! 騎士竜戦隊リュウソウジャー!」

 

変身して戦闘開始!

赤「はあ!」

 

かっこいい。

緑「メルト!」


青「ハアァァ…!」

 

おお、緑と青が連携してる!

パジャマパーティでもしたのか。

金の重装備かっこいいな。

赤「いくぞ! 竜装合体だ!」

一同「キシリュウオウファイブナイツ!」

 

合体全部端折った!

金「キシリュウネプチューン!」

 

こっちも端折る!

赤「一気に決めてやる!」

 

ふたりがかりで一気に攻める!

ワ「ぐあ!」

 

この紙を切りながらの演出、牙神幻十郎の「ひとつ!ふたつ!みっつ!猪鹿蝶!」を思い出すのう。

一同「ハアアァァ…ハアッ!」

 

さらに浮かせて空中コンボ!


一同「ファイブナイツドロップストライク!」

大「すまないねえ、私…!」

小「わーたーしーっ!!」

 

ワイズルー悲愴。

大ワイズルー死す。。。


ク「ドンマイ」
ワ「燃え尽きた…真っ白に…」

 

仲いいな。


一同「いっただっきまーす!」
う「ちょっと待ったー! 1個だけ激辛、入っておりまーす!」

 

それで、たこパ開始!

青(笑)

ほんと毎回のようにひどい目に遭ってるなぁ。

黒「ガイソーグだと?」

緑「兄さんは知ってるの? あいつは兄さんのことを知ってた。それに、マスターの言葉も」

 

たこパに参加せずに真剣な話をする兄弟。


黒「そんなはずは…ない」

緑「兄さん! あいつは一体…!」

黒「・・・・・・」

緑「・・・・・・」

 

緑が怖い顔になったところで終了。

なんだこの闇落ちしそうな空気は…!

 

そして次回。

桃「マスター!」

ク「タンクジョウ様!」

 

次回は再生怪人回か。

そういえば、そろそろ地球はお盆だしな。ビアス様もよみがえるな。


セ「光と闇、その、はざまの住人。私の名は、セトー」

 

このひと、えらい久しぶりだなぁ。2話以来か。

そういえば、やっぱりこの人は追加戦士じゃなかったな。

まあ、これから売り出そうって役者を、顔だけ隠して最初から出てましたなんてことは、冷静に考えればないよな(笑)

黒と緑の師匠でもなさそうだし、特に因縁のない追加キャラだろうか。

ともかく話が動きそうで楽しみである。

 

コメント
二回続けて一人残して捕まって云々ってちょっとどうなのとか思っちゃったよ
脚本家違うんだうけど、そこらへんはなんとかなったんじゃないかなと

セトーさんの声は吹越さんの声にしか聞こえないんだけど(笑)
ベテラン枠のひといても話にガッツリ絡む人ほぼ皆無だけど、今回はちょっと怪しげな雰囲気出してるからもしかしたら絡んでくるんですかね
  • 百日紅
  • 2019/08/10 9:56 PM
あ、そういえば先週も一人残してって話でしたね。
まあ…雑ですね(笑)

セトーの声聞き直してみたら、ほんと思いっきり吹越さんですね!
尚久さんはOPでも意味深ですし、セトーに乗り移られてるって感じかも知れないですね。
  • じゅうや
  • 2019/08/10 10:10 PM
1話前に出てきた犬はピンクのアクターやってる下園さんの犬みたいですよ
本人Twitterいてそういってました(笑)
  • 百日紅
  • 2019/08/11 8:16 AM
あの犬話に全然関係ないと思ったら、アクターさんの犬だったんですか!(笑)
かわいかったですよね。
  • じゅうや
  • 2019/08/11 9:34 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
「至高の芸術家」 クレオンはマイナソーを作り出すも予想と違いすぎて混乱。 コウ、アスナ、トワで特訓。 メルトは稽古を止め3人とも感覚に頼りすぎ、特にトワには速いだけではこの先通用しなくなると厳しめの評。 勝っていたと考えたトワはメルトの言葉にキレ気味
  • 地下室で手記
  • 2019/08/06 6:12 AM
第20話「至高の芸術家」 JUGEMテーマ:エンターテイメント
  • Happy☆Lucky
  • 2019/08/06 8:30 AM

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    じゅうや (08/08)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    スマハピ苦手 (08/08)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    じゅうや (08/08)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    ルイージ&クリボー (08/07)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    じゅうや (08/03)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    二白桃 (08/03)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    じゅうや (08/03)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」
    プリキュア好き (08/03)
  • 魔進戦隊キラメイジャー 第16話「マシュマロワイアル」
    じゅうや (08/01)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第17話「最高のおもてなし!?ちゆのおかみ修行」
    じゅうや (08/01)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM