仮面ライダーシノビ FIRST忍POW! 「ハッタリの恋はイッポウ通行の巻」

  • 2020.05.21 Thursday
  • 01:09

こんばんは。

今日は仮面ライダーシノビを見たのです。

ジオウに出てきたシノビを主人公にしたスピンオフ作品です。

前から気になっていたのだがすっかり見るの忘れていたのでゴースト返しに行ったついでに借りてきた。

シリアスな話かと思ったら予想外にゆるくって驚きましたが、さりげなくニンニンジャーネタも入ってたし、いろいろネタ要素満載で楽しかった。

ほとんどが森の中での撮影だったり、見るからに低予算な感じだったけどその辺も含めて面白かったです(笑)

 

これって元々は東映ファンクラブで週替わりで放送してたものなんですな。

全部で四十分ちょっとの話ですが、それがさらに三話構成に別れていて次回予告とかOPも入ってて結構凝っていた。

シノビが黒幕を倒すまでの話かと思ったら、長い話の中のワンエピソードを切り取った感じなんですね。

だから主人公はいきなりシノビになってるし、黒幕も倒さないし、最後の最後で新キャラ出てくるし、だいぶ中途半端な感じで終わってしまった。

親友の父親が黒幕っぽかったり、シノビ達以外にも忍者ライダーがいるっぽかったり、いろいろ気になる映画の予告編みたいな話であった。

なにかの間違いで全部作ってくんないかな!

 

それにしてもシノビ格好良かったな。

ジオウでも格好良かったけど、やっぱりあの忍者な造形はとてもいい。構えがいちいち様になる。

でもこれがテレビでレギュラー化されたりすると、毎週のように新フォームが出てごてごてしていくんだろうなぁとか思ってしまう。

 

そんなわけでまず一話!

時は2022年。

シェフ「忍法、火遁の術!」

ナレ「環境破壊が続く地球。未来への希望は、自然エネルギーを操る忍者に託された」

ナレ「そこで政府は、忍者法を公布」

ナレ「全国民に忍術の修行が義務づけられ」

ナレ「世の中は忍者社会となった」

 

いいなぁ、この大雑把な世界観(笑)

ナレ「だが、それらは全ては闇の忍者軍団、虹の蛇の陰謀であった。世界を掌握しようと暗躍する虹蛇(にじのへび)に、敢然と立ち上がったのは、仮面ライダーシノビであった」

 

かっこいい。

シノビなれどもパーリナーイ!

ヒロイン兼妹の華村あすかさんかわいい。

はったり(笑)

OPの歌、格好良かったな。

タイトルに微妙にジオウ要素。

紅「はあ、はあ、はあ」

 

はあはあする紅芭。

蓮「この神蔵蓮太郎を追い詰めるとはなかなかやるな。だが、次は本気で行くぞ」

 

地味になったスターニンジャー。

蓮「忍法、火遁の術!」

 

!?

蓮「あれ?」

 

ニンタリティが…。

紅「忍法、火遁の術返し!」

蓮「うわー!」

 

焼かれる蓮太郎。

司会「勝負あり。勝者、神楽紅芭! 10ポイント獲得」

 

紅芭と書いて「いろは」と呼ぶらしい。

場面が切り替わって、

元の場所に。

エグゼイドばりにステージセレクトができる様子。

紅「悪いねお兄ちゃん。優勝は私がいただくよ」

 

息がめちゃくちゃ白い。

第五回忍術選手権大会。

蓮「居合い入ってるなぁ、紅芭」

紅「だって優勝したら、今生カンパニーに就職できるかも知れないんだよ」

 

就職活動だった。

紅「高給取りになって、貧乏暮らしとはおさらばするんだ」

蓮「ああ、俺が安月給なばっかりに」

 

みんなマスクしまくってるな。

忍者だからしてるだけだけど、このご時世タイムリーすぎるぜ。

紅「いいの、お兄ちゃんには期待してないから。うちが忍者一のエリートになってみせる」

 

廉太郎の優しい眼差し。

最強の忍者になるためにはまず全裸にならないといけないな。

蓮「虹蛇の忍者が、姫君の行方をさがしてる!? 紅芭が、虹蛇の姫君だと知られたという事ですか!」

 

絵に向かって話をする蓮太郎。気が狂っ(ry

蓮「ガマの師匠! どういうことですか!」

ガ「ちょっとまって、いたいいたいいたいよもう!」

 

絵がしゃべっとる。

ガ「紅芭が虹蛇の姫君だとは、虹蛇の奴らも気づいておらん。当の本人もな」

 

紅芭はやんごとなき立場の人であった。

ラテ様みたいだな。

ガ「だが、虹蛇の暗殺部隊である闇の忍者が動き始めた。姫の行方を探り始めたのかもしれん」

蓮「では、今日の大会の参加も見合わせましょう。虹蛇の配下の今生カンパニーが主催している大会ですし。紅芭に何かあったら危険です」

ガ「いや、紅芭を箱入り娘にしてはならん。実践のある忍術大会は、むしろ修行に最適だ。それに大会の優勝賞品は、我々の命に関わる代物。何としても手に入れてみせねば」

 

大会の優勝賞品はとてつもなく大事なものらしい。

しかし虹蛇の配下って、そんな物騒なところに紅芭は勤めようとしてるのか。

優しく見守ってる場合じゃない気がしなくもない。

蓮「それなら俺も、修行の一環として優勝を狙います」

ガ「ああ、それはかまわんが。活躍しすぎて、お前が仮面ライダーシノビであることは、悟られるなよ」

 

弱かったのはわざとだったっぽい様子。

紅「お兄ちゃんまた電気代払い忘れたね。電気止められちゃったよ!」

蓮「ああ、ごめん! 滞納してたの忘れてた〜」

紅「ポンコツなのは忍術だけにしてよね!」

 

いい家にすんでるのに金はない。

一応蓮太郎は仕事はしてるみたいだけど、電気代払えないくらいに安月給なのか。

それとも仕事サボりまくっているのか。

蓮「ポンコツとは何だ。よし! 俺の真の姿を見せてやる。今日の忍術大会でな!」

即堕ち2コマ。

敗北!

金「ヒーハー!」

 

スターニンジャーじゃないですか(笑)

紅「ほう、あれがお兄ちゃんの真の姿か」

 

明子姉さん…!

司会「予選通過者が発表されました。選手の方は確認して下さい」

 

妹は通過。

さりげなくキンジが通ってるし(笑)

さっきのスターニンジャーっぽい人だろうか。

蓮「ない、ない、ない! 俺、予選敗退?」

 

兄は落ちた。

キンジを闇討ちして入れ替われ。

そうこうしているうちに、人だかりが発生。

謎のさわやか男。

蓮「なんだイッチーか。超絶なスターが来たかと思った」

イ「蓮太郎、いやーまいったよ。今生カンパニーの御曹司ってだけなのに、この人気」

 

金持ってるから人気なのか?

紅「なんだ、イッチーか。シノビ様がいると思って化粧直ししてきたのに」

 

露骨にテンションの下がる紅芭。

イ「シノビ? シノビって、仮面ライダーシノビのことですか?」

紅「そう、突如現れた謎の最強忍者。仮面ライダーシノビ様」

紅「かっこい〜」

紅「危険なことが起こるたびに、ウチを助けてくれるんだ」

 

たしかにかっこいい。惚れる。

紅「伝説の仮面ライダー。一体誰なんだろう」

 

見当もつかないな。

蓮「そうかそうか。それを聞いてお兄ちゃんは満足した。今日は何でも好きなもの買ってやるぞ」

紅「なんでお兄ちゃんが満足しているの」

紅「ってか、これからでも会社に行って。このままだと、ご飯抜きだからね」

蓮「いや、紅芭の付きとして最後まで付き合うぞ」

紅「もう17歳だよ。子供じゃないんだから!」

 

土日にやってるわけじゃないんだな。

紅芭は学校行かなくていいのか?

蓮「仕方がない。俺はおとなしく紅芭の応援にまわろ」

 

あくまでも会社には行かない。

覗く蓮太郎。

蓮「忍耐術競技か」

 

SASUKEだ。

紅「はあああ!」

 

次々と障害物を越えていく紅芭。

紅「あっ!?」

ビー玉!?

こけた。

蓮「なぜあんな所にビー玉が」

 

ちびっ子が落としたんだろ。

紅「はっ!」

 

次は手裏剣に挑戦。

蓮(百発百中の紅芭が全て外すとは。おかしい)

蓮「手裏剣が曲げられてる…。コントロールが狂うはずだ」

 

紅芭も持ったときに気づかないものかな。

蓮「はっ!」

 

その時謎の気配が!

蓮「逃したか」

しかし血痕が残っていた。

これでDNA検査だ。

血痕をたどっていくと会場にたどりつく。

怪しい男が…。

蓮「この手裏剣を曲げたのはお前だな」

謎「気づかれたのなら仕方がない」

 

ふざけてるとしか言いようのないマスク(笑)

蓮「ゴールドヒョウタン!」

!?

謎「変身!?」

ナレ「ふんだり、けったり、はったり!」

ナレ「仮面ライダーはったーり!」

 

一体誰が名付けたんだ。

ハッタり「お前を片腕五秒で倒す」

 

召喚した。

ハ「ハッタリじゃなくて、マジでな!」

蓮「大口を叩いておいて、多勢に無勢とは」

は「かかれ!」

 

多勢に無勢も気にしないハッタり。

ハ「あれ、どこ行った。探せ!」

 

煙幕であっさり視界を遮られるハッタり。

蓮「お前の相手はこの俺がしてやる!」

ハ「まぶしい、顔が見えない! だれだ」

 

フェイスフラッシュばりに顔が光ってるな。

ドブ川がきれいになってしまう。

とくとくとくとく

蓮「はあああ!」

蓮「変身!」

ナレ「だれじゃ! おれじゃ! にんじゃ!」

ナレ「シノービー! 見参!」

シ「はっ!」

シ「忍と書いて、刃の心。仮面ライダーシノビ!」

 

かっけぇ。

心に刃じゃなくて刃の心なんだな。

どっちでもいいけども。

ハ「でたな。お前を倒して俺様が一番だと証明してやる!」

腹パンしまくるシノビ!

ハ「なに?」

 

忍者全滅して若干びびるハッタり。

さっき召喚してたし、この忍者達は幻覚?

ハッタり苦戦!

シ「忍法、火遁の術!」

 

蓮太郎、ちゃんと火遁の術も使えた。

ハ「忍法、氷遁の術!」

 

逆に凍らされるシノビ!

ハッタり、名前のわりに意外と強い。

ハ「はっはっは。俺様の氷は絶対零度の氷点下。手も足も出まい」

 

絶対零度の氷使えるとか、ハッタりはセブンセンシズに目覚めてるな。

シ「身体が凍り付く前に炎で鎧を作っていたのだ」

ハ「まさか、一瞬の判断でそんな忍術を?」

 

なんて冷静で的確な判断力!

シ「そろそろ幕引きといこうか。いざ、参らん!」

 

ベルトが回り出した!

シ「はっ!」

シ「はっ!」

シ「はあああ!」

シ「はっ!」

ハ「うわあああ!」

 

かっけぇ。

シ「あ、どうしてイッチーが!」

 

イッチーは悪者だった。

シ「うわぁ!」

 

そうこうしているうちにいきなり手裏剣の襲撃が来たところで終了!

熱い引きだ。

 

そして次回。

ナレ「しっポウ! だした闇人間! めっポウ! 強くてむてっポウ!」

ナレ「しゃっポウ! 脱いだらもうダメポウ!」

ナレ「くらうよ紅芭のひじでっポウ!」

ナレ「ネクスト忍ポウ! 闇忍の暗殺殺ポウ!」

ナレ「シノビと書いて刃の心。ハットりと書いてやばいぞこの頃!」

 

どんな話だかさっぱりわからんが、とにかく熱い予告だ。

この予告、一年分全部みたい。

というわけで2話は明日!

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    じゅうや (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    ルイージ&クリボー (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    じゅうや (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    二白桃 (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    じゅうや (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    ひなたファン (10/22)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    じゅうや (10/19)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第29話 「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」
    プリキュア好き (10/19)
  • 仮面ライダーセイバー 第6章 「疾風の如く、見参」
    じゅうや (10/18)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 第28話 「苦しみの再来!?ダルイゼン、あなたは」
    じゅうや (10/18)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM